純粋とは矛盾色-Necronomicon rule book-

夢と希望をお届けする『エムシー販売店』経営者が描く腐敗の物語。 皆さまの秘めた『グレイヴ』が目覚めますことを心待ちにしております。

タグ:逆レイプ

 私はサキュバス。名前はまだない。
 現代-いせかい-に飛ばされた私の活躍はまだ終わらないわよ♪魔界の力を取り戻して今日も元気に男性の精液を搾取していくわよ♪
 さ~て、今日はどの子を標的にしようかな~♪

「クンクン・・・におう。におうわぁ~。濃くてあま~い男性の性欲のにおい~」

 男子が一途に追いかける恋愛のにおい。そこにいた男子生徒、小久保利典-こくぼとしのり-から漂う香ばしい性欲のにおいだ♪
 最近は魔力が高まっているせいで彼の取り巻く環境をにおいで察することが出来るようになっていた。それだけ現代社会は欲望に忠実な世界だということね。
 しかし、その欲望の先が破滅なのかもしれないけどね♪

「ふんふん・・・なるほど、なるほど~。きみはこの子が好きなんだね」

      運動しよう

 私が向く視線の先。それが彼の見ている片想いの相手だった。
 斎藤波奈-さいとうはな-。陸上部の部長であり、学年が上がるたびにメキメキと頭角を現してきた努力家さんね。抜群のプロポーションと人一倍努力をして勝ち取った部長の立場に、顧問の信頼度や部員の好感度はどの部よりも高い。
 彼女の取り巻くファンクラブはもちろんあり、将来彼女を教えたいという有能なコーチまで既に現れているみたい。
 将来のオリンピック選手確実の彼女に対し、ただ好きというだけで魅力が皆無の帰宅部の利典くん。告白したいみたいだけど、玉砕されることが目に見えているわね。
 そんな中で利典くんに声をかける友達、水引将平-みずひきしょうへい-くんと高田望-たかだのぞむ-くんがやってきた。

「利典!待てって!」
「放せ!」
「本当にやるのか?」
「止めたって無駄だぞ!お、おれは・・・もう、これしか残ってないんだ」

 まるでこれが失敗したら後がないみたいなことを言うわね。ふぅ~ん・・・。

「彼女にしておまえらを見返すんだ!」
「待て!早まるな!笑ったのは悪かった!」
「無茶するな利典!行き付く先は地獄だぞ」
「死なばもろとも当たって砕けろ!」
「誰と共倒れするつもりだよ!?」
「おい利典!としのり~!!」

 無理やり引っ張る袖を引き剥がして波奈ちゃんのいる部室へと飛び込んでいく利典くん。
 よく分かんないけど、男の子が女子更衣室に入って大丈夫なのかしら?
 私と同じ顔をしながら残された二人は静かに更衣室の前で固唾を呑んで見守っていた。
 お先に私は二人の横を通り抜けて女子更衣室の扉をすり抜けていく。そこには鼻息を荒くしている利典くんと驚いている波奈ちゃんの二人の姿があった。

「え・・・誰?」

 告白するだなんて思わない波奈ちゃんが突然の訪問者に動揺していた。そんな空気を読まずに利典くんは勢いで口を開いていた。

「さ、さいとーさん!えっと、その・・・ぼ、ぼぼぼ、ぼく、その、はなちゃんのことが・・・しゅき!」
「・・・・・・え?手記?」

 伝えたかった言葉を伝えられず、その場で過呼吸に陥ったように息苦しそうに崩れ落ちていた。

「く、くそ・・・ここまできて限界が・・・」

 どうやら陰キャくんにはここまでが限界みたい。恋バナには弱い私にとって彼のことを応援したくなっちゃった。

「あー。ほんと焦れったいな!男女があったら即パコで十分よ。形や体裁なんて要らないでしょ。結局、好きかどうかなんか関係ないっしょ。ぶっちゃけヤリタイだけでしょう?はやくやりなさいよ!」

 彼の代わりに私が背中を押してあげる。魔力を放出して異空間を作り出し、夢見心地の環境を作り出す。

「うっ」
「うっ」

 二人は同じタイミングで意識を失った。夢に落ちた二人の身体にちょっとした工夫を加える。
 それはサキュバスとしての能力の解放よ。

 私が力を貸してあげるわ。では、よい夢を――


続きを読む

 私はサキュバス。名前はまだない。
 現代-いせかい-に飛ばされた私はちょっと困惑したけど、持ち前の適応力を生かして今日も元気に男性の精液を搾取しているの♪
 この世界は悪魔族にとってとても住みやすい世界だということが分かっちゃったことだし。性欲を持ち合わせていながら童貞の獲物がいっぱいいるみたいだしね。
 さ~て、今日はどの子を標的にしようかな♪

「クンクン・・・におう。におうわぁ~独特の女性の発汗のにおい~」

      ゴールしても地べたに座らない。お尻汚れちゃうでしょ?

 学校の校庭で何周も走ってゴールしていく生徒たち。
 息を切らして汗に塗れた身体で座り込む女性のにおいは私の鼻にくるいい匂いだ。
 体温が上がっているということはそれだけ雌化しやすい状態にあることを人間は知らないみたい。それ以前に、この世界の女性の発育はとても良いわね。私の知っている世界の人間なんかよりも魅力的な体型をしているじゃない。
 私が注目した子、神谷鈴鹿-かみやすずか-は走り切った場所で座り込んでいるが、汗で濡れた体操服の奥から盛り上がっている乳首が二つのボッチを作っているのが見えた。疲労感でたるんだ体型をのぞかせる鈴鹿のまわりには男性の視線が投げられていることに気付いていない様子だった。

「ほんと、羨ましいくらいの豊満ボディであるにも関わらず、無防備に座ってて自覚がないのかしら?男の子の視線に気付かないなんて女の子として失格じゃない。まったく、男の子の気持ちに応えないなんて勿体ないじゃない♪」

 ブツブツ言ったところで私は悪魔。なにを思っても誰も私の存在には気付かない。しかし、前回精液を調達できて魔力を取り戻している。前回のように私が直々手を下さなくても魔力で鈴鹿を小悪魔-サキュバス-化することは可能だった。
 悪魔が人間に手を出すことは稀なのよ。そんなことよりも悪魔的思想を人間の思想に流し込むことで簡単に悪堕ちすることを私は知っているから。人間なんて悪魔族にとって下僕でしかないんだから。

「ん~♪ちょうどお腹も空いてきたことだし、今日はこの子を使って男性の精液をいただくとしましょうか~!」

 私は鈴鹿に憑依魔法を唱える。思想と肉体を奪い、一時的に小悪魔化させる私だけの能力だ。
 私の視界は次の瞬間、グラウンドに座り込む鈴鹿のモノへと変わっていた。


続きを読む

 私はサキュバス。名前はまだない。
 サキュバスというのは種族で名前じゃないことくらい知ってるわ。私は悪魔族の中では中級クラスにいるのよ。高い知力と能力を兼ね揃えているんだからそれくらいのこと分かって当たり前よ。
 だからこそ、困惑しているの。
 生息地は魔界のはずなのに、何故か現代に転生しちゃったみたいなのよ。
 一体なんの因果があったのかわからないけど、好色な顔つきなのに独身の男がいっぱいいるし、そんな男に限って学校から帰ってくればゲームして眠るだけの生活しかしていないのよね。
 それって私にとって『恰好の餌食』なんだけどね♪

「クンクン・・・におう。におうわぁ~特濃の男性の精液のにおい~」

 翼を靡かせて夜空を飛ぶ。そして、においを漂わせる場所めがけて一直線に飛行する、一軒の二階の窓を突き抜けた先に、自分の逸物を扱いている若い男性の前に現れた。

「うおぉぉっ!!?」

 突然『悪魔』が現れたから驚いているのか、

「ば、バケモノ!?」
「カッチーン。私をバケモノ扱いしないでよ。私はこう見えて高貴な悪魔だぞ」
「バケモノじゃないか!?」
「畜生の分際で口は達者だな。下半身丸出しなのも頷ける」
「自慰行為中にお邪魔してきてどっちが失礼だよ!?」
「取り乱すな。アンタがナニをしていたか私はわかってるわ。ずばり、オナニーしていたでしょ?」
「自慰行為してたって言ったばかりだからな!」
「むっ?G行為とはなに?」
「何故通じない?!」

 異世界と現代じゃどうも環境が違うらしい。苛立つと余計に腹が減ってしまう。私、自分のことを良く知っているって言ってるじゃない。当然、自分の好物がなにかなんてよく知ってるわ。
 私の好物が目の前にあるというのにお預けなんてもう我慢できない!男性の精子が大好きなの~!

「まあいいわ。アンタには他の男には持っていない、私の好物を持っているみたいね。最近は食料に有り付いていなくて死にそうだったの。悪いようにはしないから大人しくしなさい」

 そう言って襲い掛かると彼は私の望みとは逆の行動を取って暴れ出す。

「アンタ、男の癖にサキュバス-おんなのこ-に手を挙げるの?サイテーじゃない!」
「さっき悪魔って言っただろ!?悪魔が悪いようにしないなんて信じられるわけがない!」
「疑うのもいいけど、私はサキュバスよ。・・・実はこういう方がよかったりする?」
「うわっ、ちょっ、ちょっと!?」

 私が彼の粗チンに触れると彼は腰を引いて逃げようとする。でも、私の手はしっかりと彼のチ〇ポを掴んで御挨拶に扱いてあげる。それだけで彼は気持ちよさそうな声をあげた。

「あっ、あっ、あっ、あっ」
「そういえば言ってなかったわね。私の好物・・・それは男性の精液よ。アンタが呑ませてくれるというなら特別に私との交わりを許してア・ゲ・ル♡」
「えっ・・・そ、それってつまり、け、契約ってことですか?」
「はあ――。はあ――。こういうのは嫌いじゃないわよね?」

 彼の心がドキっと一段高く脈打っていた。契約という言葉にときめいたのか知らないけど、都合が良かったのでそのままキスを交わそうとしたら、彼は最後の抵抗とばかりに私を引き剥がしにかかった。

「んもぅ~」
「や、やめろっ!お、おれには・・・付き合ってる子がいて・・・あっ!」

 彼がオナニーの時に使っていた写真を滑らせる。そこには制服姿で笑顔で手を振る女性の姿があった。見た目からして同年齢なのかしら?

「へぇ――付き合ってるのね・・・・・・それにしては結構溜めているように見えるけどぉ?」
「結婚するまでの辛抱だし、真剣に付き合ってるからセックスもしないだけで・・・。だからと言って、いま他の子に心変わりするつもりもないし・・・」

 なるほど、彼の心の支えが彼女の存在ということか。純愛らしく学生の付き合いをしているみたいだけど、彼の見た目から本性を隠せるようには見えなかった。
 思わず私は嗤ってしまった。

「だから写真を片手にオナニーとはね!アンタ面白い人ね!」
「・・・なにがおかしいんだよ?」
「ううんっ、そういうことなら良い手があると思ってねー!」
「なっ!?」

 私がダッシュして彼にぶつかってきたことで彼はバランスを崩しベッドに崩れ落ちた。そして、そのまま私と唇を交わした。
 一瞬でもいい。彼の体液、粘液を奪い情報が手に入れば、彼の記憶からこの女に変身することが可能だからだ。


     メタモルフォーゼ

「えっ、ゆ、夢子さん!?」

 突然私が木更津夢子-きさらずゆめこ-に化けたことで彼は動揺していた。

「どうだ?ビックリしたか?」
「えっ、あっ、さ、サキュバスなのか・・・?それとも、これは夢なのか・・・?」
「これでアンタは恋人とセックスできる。私は心おきなく精液-こうぶつ-を味わえるわね。遠慮はしないし、遠慮はしないわよ?」

 そう言い私は改めて彼の粗ちんをしゃぶり始めた。手コキの時よりもさらに膨張し完全に勃起したチ〇ポから先走り汁が零れてくる。

「じゅぼっ♡じゅぼっ♡ぬぽっ♡はぁん・・・こうしてもらいたかったんでしょ~?」
「あっ。すっ、すごい吸い付き・・・あっ!」
「ほらっ?いっぱい出しなさい♡」

 上目遣いでチ〇ポを音を出しながらしゃぶっていく。彼は言葉を失いながらもしっかりと感じ、口の中でチ〇ポを暴れさせていた。先ほどオナニーしていた時から溜めていた射精感は一度起こしてあげると簡単に波立たせてきていた。

「ふあっ」

 びゅるるるるぅ~~~!!!ドピュドピュ、ドピュルルル~~~!!

 彼の亀頭から特濃の精液が噴きあがり、私の口の中に流れ込んでいく。

「おふぅ♡でてる、でてる♡♡」


      悪魔は魔力が回復した

 私はソレをひたすら飲み干していく。

「美味しいぃ~♡」

 彼の精液を吸い取った私は魔力が回復し、体内が熱く火照っていくのを感じていた。



続きを読む

「うぅぅ・・・」
「・・・・・・ぅ・・・ん・・・・・・じ・・・らく・・・・・・」

 意識が微かに蘇る。俺は目をゆっくりと開けて意識を覚醒すると、保健室のベッドの上にいた。
 一体なんでこんなところにいるのだろうと、俺は呆然とした意識で顔を横に向けると、悲しそうな顔をして俺のことを心配している真鈴が傍についていてくれた。
 俺は真鈴の顔を見られてホッとしたのもつかの間――記憶のノイズが入り、一気に意識が覚醒した。

「はっ!!?・・・・・・ここは・・・?」

 その声に真鈴もようやく俺が目覚めたことに気付いたようだ。そして、優しく微笑んで俺に安堵の表情を見せていた。

「藤村君。よかった。目が覚めたんだね」
「ああ・・・・・・なんで俺、気を失って・・・・・・」

 ズキンーーと、また記憶にノイズが入る。まるで、過去のことを思い出すなと脳が過去を振り返ることを拒絶しているようだった。

「いたっ!?」
「どうしたの、藤村君?」

 そっと、俺に気遣い身体に触れようとする真鈴を反射的にかわしてしまった。それは、俺がはじめて真鈴に向けた拒絶だった。

「真鈴・・・・・・おまえ・・・・・・!!?」

 なんでだろう――真鈴の顔を見ると、身体が自然に強張る。まるで優しい顔をしている真鈴が偽物で、正体を俺は知ってしまった――?

「どうしたの?なんか藤村君、怖いよ?」
「真鈴・・・・・・なんともないのか?」
「なんともって・・・なんのことを言ってるの?」

 なんて――そんな意味不明な供述をしているのだった。真鈴の正体ってなんだよ・・・真鈴の正体って須郷真鈴じゃないか!それ以外の何物でもないだろ。

「・・・夢だったのか?」

 過去を拒絶している俺が気を緩んだ瞬間に覗かせる真鈴に似た『悪魔』の女。意味不明なことを言って俺を誑かせて、俺は状況についていけずに気を失ったんだよな。人間、理解不能に陥るとパニックを起こして気を失うのだと初めて知った。
 そんな恥ずかしい過去思い出したくもないわな。誰かに知られたら恥ずかしくて穴があったら入りたくなる。闇に葬りたいクサい過去‐モノ‐は蓋をしよう。これで俺はもう苦しまなくて済む。

「そうだよな?あんな出来事、夢に決まってるよな・・・」

 あまりに状況が馬鹿馬鹿しくて笑ってしまう。
 とにかく、夢と分かったらもう忘れよう。隣にいる真鈴に勉強を教えてもらって一緒に大学へ行こう。
 真鈴と一緒に幸せになるために、こんなところで気を失うのはまだ早い。
 真鈴が保健の先生と何かを話しをした後、先生は職員室へと行ってしまった。残った俺と真鈴も、容態に異常がなければ長居は無用と保健室を後にするのが賢明だ。

「藤村君」

 真鈴が俺を呼ぶ。その表情は俺を安心させるように落ち着いた笑みを浮かべていた。

「ごめん、真鈴。怖い夢を見ていたみたいだ」
「こわい夢?」
「うん。真鈴が悪魔になってさ。俺を襲ってくるんだ。そして、俺をそのまま喰おうとしてさ――」
「・・・・・・・・・」
「ほんと、別人みたいでさ。あまりの怖さに漏らしたかと――――」

 俺は・・・俺は・・・・・・
 俺は、布団の奥で真鈴に見られないように、こっそりと手を移動させてズボンに触れてみた。逸物も縮こまっているのだが、ズボンにははっきりと、一度射精した痕跡を残すようにズボンが一部カビカビに固まっていた。
 それは、俺が意識を失う前に吐き出した射精だった。真鈴と一緒に『シンクロ』して、射精した、紛れもない精液の跡だった。

「藤村君――」

 真っ青な表情を浮かべる俺に気付き、真鈴は俺の上に静かに乗っていた。その体重はあまりに軽く、俺は乗った後しばらく気付くことがなかった。はっとした時には真鈴の顔は俺の目の前にあった。歪な表情を浮かべて『彼女』は嗤う。

      やめてくれよ(トラウマ)

「――それ、夢じゃないゾ?」

続きを読む

 一度軽くイった真宵(尚樹)は準備が整い、再びベッドに舞い戻ってくる。そして、眠っている尚樹のから身ぐるみを剥し全裸にさせた。

「んふっ。お兄ちゃんのペニスまだ勃起してる。ちゃんと私のなかに挿入れてあげるからね。残念、お兄ちゃんに私のスクミズ姿見せたかったのにな・・・そうだっ!私とお兄ちゃんのセックスシーンを録画して記録に残そうよ!そうすればいつでも寂しくないよね、お兄ちゃん?」

 真宵(尚樹)は部屋にしまっていた三脚を用意して、スマホを構えて録画の準備も整えた。
 真宵とセックスしている状況を撮影して収めるためだ。誰にも見せることのない自己満足の世界を構築していった。

「うん。よし。いい感じね」

 新体操部も撮影という手法をよく使っており、扱いになれたように自分が映っているのを確認しながら、モニター部分を反転させた。
 尚樹は全体が映っていなかったが、真宵は全身映るように高さも調整し、録画ボタンを押した。スマホの録画がはじまった。

「お兄ちゃん・・・」

 真宵(尚樹)が甘い声を発しながら、眠っている尚樹の股座に入る。

「お兄ちゃん、私とセックスして。私の処女お兄ちゃんに貰ってほしいから」

 そう言いながら右手でゆっくりとスライドさせ逸物を勃たせて、剥き出しになった亀頭部にキスをした。

「ちゅっ・・・!ちゅぅ・・・!ちゅぱちゅぱ・・・はむぅ・・・・・・」

 逸物を口に含んで初めてフェラをする。真宵のファーストキスが尚樹の亀頭であることに光栄に思いながら、ちゅぱちゅぱと亀頭部分を舌で絡めて唾液を塗っていった。
 口に含むとすぐに亀頭がぷっくりと膨らんでいく。真宵の手と口で刺激を与えると、すぐに逸物は勃起した状態に戻っていた。

「じゅる、じゅる、ちゅぱっ、ぢゅるる・・・・・・ぷはぁ・・・。お兄ちゃん。イきそうだよね?・・・・・・それじゃあ、挿入れちゃうね・・・・・・」

      誘ってる眠ってる
 
 真宵が尚樹の上に乗り、スク水の裾をずらす。すっかり愛液で熟れた真宵のおま〇こを覗かせていた。
 腰を浮かせて亀頭の真上に移動する。真宵(尚樹)が逸物を掴みながら位置を調節して、性器同士がキスをしながら、マンスジに亀頭を宛がっていった。

「んああっっ!お兄ちゃんの入るかな?なんだか怖い・・・おっきいよ・・・・・・でも、やってみるからね。私、お兄ちゃんのこと大好きだからね」

 告白しながら勢いよく膣内に亀頭を挿入していく。

 ――ちゅぷぷぅ・・・にゅるんっ
 
「あっ・・・あっ・・・あああ――っ」

 愛液で濡れた膣内は思ったよりは簡単に尚樹の逸物を呑み込んでいく。しかし、途中から痛みの方が増していき、思わず浮いた状態で身体が止まってしまった。

「あっ、やぁ、やぁん・・・はいっちゃう。お兄ちゃんのペニスはいっちゃう・・・うん。すごい、身体が引き裂かれそう・・・・・・」

 激痛が走り、目に涙を浮かべて懇願する真宵(尚樹)。さすがにまだ時期尚早だったのか、身体が熟していないせいか、本当に奥は狭くて侵入が困難だった。しかし、亀頭が感じる先端はとても感度が良く、ビンビンにさせてもらえるほどだった。

「・・・イケるかな?・・・イかないと・・・せっかくのチャンスだから・・・!」

 余裕はなく、真剣な顔して自分の感じる場所を亀頭で押しこみながら、膣内を解すように逸物を呑み込んでいった。

      ふぎぃぃぃ!?

「う・・・ん・・・・・・き・・・たァ・・・ッ♡」

 少しずつ膣を解して逸物を咥える量を増やして。次第に、真宵の膣肉が逸物に吸い付き、亀頭を敏感に責め立てていた。眠っている尚樹の表情がピクンとくぐもった。

「あっ・・・は・・・っ♡ゴリゴリって押し入ってくるぅ・・・♡ハァ、ハァ・・・♡」

 スマホを意識しながら真宵が言わなそうなことさえ言っていく。自分の身体とのセックスという究極のオナニーだ。真宵(尚樹)はひたすら快感を貪って動いていった。

「ハァ、ハァ・・・お兄ちゃんの、ぜんぶはいっちゃった・・・・・・♡私のなかぁ、お兄ちゃんでパンパンだよぉ~♡」

 苦しいけど満腹感を与えてくれる尚樹の逸物。身体がそこから熱くなり、汗が噴き出しながらもさらに敏感に快感を体内に取り込んでいった。

「お兄ちゃんのペニスと私のおま〇こ・・・相性いいよね・・・すごい、気持ちいいぃぃ♡いくらでも、おま〇こに、びゅるびゅる、だひて、いいからね、んっ!んっ!」

 ジッとすることが出来ないくらい痛みと興奮が真宵の身体を突き動かす。腰を持ち上げて全身で逸物を扱くピストン運動を開始した。

 パン!パン!パン!パン!

 真宵の身体が逸物を呑み込んだり吐き出したりしている。愛液をびちゃびちゃに含ませながら何度も膣内に呑み込まれれいく度に、真宵(尚樹)は気持ちよさそうに喘ぎ声を漏らしていた。

「んっ、はっ、お、おにいちゃん。おっぱい揉んでぇ・・・乳首、好きなだけモミモミしていいからぁ~」

 眠っている尚樹の手を掴んで自分の胸に宛がわせる。乳房を揉ませるように円を描きながら手のひらに乳首をぐいぐい押し当てていった。 

「らめ、わらひ・・・すごい甘えん坊になってる!お兄ちゃんに甘えたくなっちゃってるぅぅ!乳首コリコリしながら、おち〇ち〇ズボズボしちゃらめえ!」

 真宵の性感帯も絶頂のタイミングも全て知り尽くしている。自らも腰を振りながら両手で勃起乳首を摘みあげていった。

「あはぁんっ!ああんっ、あっ、あんっ!」

 あれだけ痛かった逸物もすぐに耐性が付くように痛みが引いて快感だけが残っていった。本当に尚樹と真宵の相性が良いのかもしれないと、この時尚樹は思っていた。
 しかし、セックスは出来ても交際は絶対に出来ないのが残念だ。
 だから、この付き合いは一夜限りしかないと惜しみながら、すべてを叩きこむように子宮の奥に刻印を焼き付けていく。
 時折両手を尚樹の腹の上に乗せて、バランスを取りながら激しく腰を前後に弾ませていった。

「奥・・・っ♡擦りあげられてぇ・・・♡はぁあん!おにいちゃんの固いのが♡・・・ああぁ!皮がヒダと絡み合って、子宮がめくれちゃうぅぅ♡」

 まるで咥えこんだ亀頭に引きずられて子宮が外に出てきそうな感覚に陥っていた。ぞくぞくと身震いする真宵の身体は、もうすぐ絶頂が来ると予兆していた。

「だひてっ!お兄ちゃん!好きなだけ、わらひのなかに、せーし。ビュッビュッしてぇ!!!」

 これまでで一番激しく身体を揺さぶり、真宵の身体を逸物が貫いていく。涎が零れ、涙を濡らし、汗でスク水が透けて愛液と我慢汁が合わさって泡が噴き出していた。

「ぅ・・・・・・っ!」

 ふいに真宵(尚樹)の前で尚樹がたまらず声を荒げた。その瞬間、子宮で咥えた亀頭から大量の精液が噴き出してきた。今までにも数えきれないほどエクスタシーに達したが、自分のペニスの感触と初めてペニスを咥えた真宵の絶頂に興奮度は最高潮に達していた。

「やらぁやらぁ、いっちゃううぅぅ!!初めてなのにイっちゃううぅぅ!!お兄ちゃんにイかされて、ひ、ひゃああぁあぁぁぁん!!!」

      激しい絶頂

 激しいアクメに達した真宵の身体が糸が切れたように突っ伏してきた。真宵の身体が倒れた瞬間、逸物が膣内から抜け出してしまい、勢いが止まらない尚樹の逸物は外に向かって射精を続けていた。

「はぁ・・・はぁ・・・お兄ちゃん。気持ちよかったぁ・・・・・・」

 しばらく身体が動かないくらい痙攣が走っていた真宵。胎内に残る精液を吸い取るまで膣内の違和感が続きそうなほどの快感を引きずっていた。
 これが刻印というものだろうか、未だに膣にはペニスが咥えているかのような感覚に陥っていた。真宵には早かったかのように、傷モノになった身体はしばらく新体操に響くことを予感していた。
 しかし、そんなことは尚樹には関係なかった。真宵とセックスしたという究極のオナニーを終えた尚樹に後悔や罪悪感は微塵もなかった。

「あーあ。こんな快感を知ったら、もう男になんて戻りたくないな・・・」

「イテテ・・・」と、痛む身体を起こしながら、帰る準備をしようとする。録音を止めて、データを保存すると、部屋の後片付けを始めていた。
 その頃には射精も終わり、部屋に飛び散った精液を真宵(尚樹)が片付け始めていく。そして、ティッシュで拭き取った後に身体が冷えないように布団を被せて温かく身体を包んでいった。
 白スクを脱いで制服に着替え、元通りの格好に戻っていった。このまま外に出てしまえば、尚樹と真宵の関係は一切合切なくなってしまうのだ。
 身体が繋がった分だけ寂しさを覚えてしまう。檜森真宵という女性は尚樹にとって特別な存在になろうとしていた。

「・・・でも、どうにもならないか。それじゃあ、帰ろっと・・・」

 もしもこのまま真宵の身体を奪うことが出来ないだろうか――そんな都合のいい話はないだろう。
 どうにもならないことを知り、考えるだけ虚しさが残るのならそれ以上考えないことをした。

続きを読む

 希美より体格的に一回りも大きい裕次郎なら幼い身体を抱きしめ包み込むことは出来るかもしれない。しかし、体内に通過し浸透することは不可能だ――そんな常識すらすり抜けて、希美の身体が裕次郎の中にすべて入ってしまった。
 目を見開き、我が目を疑った裕次郎の身体から感覚というものが希薄になっていく。意識だけを残して裕次郎は身体が動かせなくなってしまった。
 しかしその時、裕次郎の身体がびくんと動いた。それは裕次郎の意志によるものではなかった。

 首を回し、肩を回し、その場に立ち上がり、屈伸をして見せたのだ。

「(なにが起こってるんだ!?俺の身体が勝手に動くだと・・・!?)」

 止まろうと思っても身体が言うことをきかず、勝手に動き出す。さらに驚かされる理由はそれだけではなかった。

「すごーい!男性の視点ってすごくたかーい!」

 裕次郎の意志とは関係なく勝手に喋り始めたのだ。

「でも、この身体すごくおもーい。この体重で踊ったらすぐに息が続かなくなるよー」

 裕次郎の声なのに、幼女の口調で感想を呟いていく。まるでおかまみたいな仕草と相まって、裕次郎は自分が気持ち悪く見えた。

「(な、なんだこれは!?た、助けてくれ、千秋ちゃん!)」

 声にならないのに裕次郎は千秋に助けを求めてしまう。消えてしまった希美と様子があきらかに変わった裕次郎を前にしても千秋は全てを理解しているように屈託のない笑みを向けているのだ。それは彼女が見せた、初めても卑しい笑みだったのかもしれない。

「プロデューサーが言ったことは本当だったんだね。希美ちゃん」
「(希美ちゃん?どこかにいるのか?)」
「うん、そうみたい。千秋ちゃん」

 希美に語りかけた言葉に裕次郎が返事する。実際のところは裕次郎は自分が返事していたのを黙ってみているだけだった。裕次郎の身体に寄生し、同化した相手が千秋に応えて見せたのだ。
 今のやり取りで、裕次郎は察してしまう。希美ちゃんは消えたのではなく、裕次郎に同化し、身体を支配して動かしているのだと。

「鈴木さんも驚いたでしょう?いまお兄さんの身体に希美ちゃんが入って動かしてるんだよ」

 千秋が優しい声で恐ろしいことを言っている。身体の所有権を奪われて、誰かに勝手に使われ動かされて、操り人形にでもなってしまった気分だ。

「鈴木さんはちゃんと聞いてるの?返事がないから分かんないよ」
「大丈夫。意識が沈んで表に出てこれないみたいだけど、ちゃんといるのはわかるから」

 希美とは意識が共有しているのか、裕次郎の立場を談弁するように口が勝手にしゃべりだした。しかし、希美の口調で話しかけている自分を見るのは恥ずかしさを通り越して絶句してしまう。

「千秋ちゃーん!!」

 トテトテと近づいて抱き付こうとする裕次郎(希美)に、千秋は「ひやあああぁぁ!!」と言って悲鳴を上げて逃げ回っていた。

「どうして逃げるのよ。いつもなら私が抱きついても許してくれるのにー」
「だって、下半身露出して襲い掛かってきたから、つい怖かったんだもん」

 変質者の格好そのもので部屋内をグルグル循環する二人。場所が場所だけにそういうプレイに見えなくもない。キャッキャウフフしているアイドルの二人のうち一人でも成人男性に姿が変わってしまうと秘密の楽園が閉ざされてしまう光景を垣間見た。

「そうじゃなくて、私たちはプロデューサーに言われてたでしょう?成長するためにしなくちゃいけないことがあったじゃない」
「そうだったね。成長するためだもんね」

 希美は思い出したように裕次郎の身体で再びベッドに座りこんだ。

「(俺の身体でなにをするつもりなんだ!?)」

 そして今度は千秋が隣に寄り添い、裕次郎(希美)の顔と逸物を見比べていた。

「私たち、男性というのを知らないといけないの。大人になって相手を意識して、国民から愛されるアイドルにならないと。その為には偏った男性層じゃなくて、一般にも広く認知されるアイドルを目指さいないといけないの。一般人が当たり前のようにすることを、アイドルだって知らないといけないの。そのために、鈴木さんの身体を使って男の子の性的事情を教えてもらうの」

 それが瑞姫プロデューサーがアイドルである彼女たちに伝えた指示だった。ファン層を調べ、別のジョブ層にも応え、規模を拡大していく戦略を彼女自身にやらせること。そのためには彼女たちの持ち味すら奪っても構わない。
 歌は出来る、ダンスは出来る、しかし知識がないアイドルに、夢ではなく現実と戦わせることを厭わない。

「(だ、駄目だ、希美ちゃん!そんなことファンは望んでないよ!千秋ちゃんにもやめさせてよ!俺の身体から出ていかないと・・・これ以上は――!!)

 アイドルもファンも望んでいないこと瑞姫は強要する。アイドルはプロデューサーに従うしかない。良いことなのか悪いことなのか、そんなことはプロデューサーが考える。だからこそ、ファンの声が届かない――。


続きを読む

 翌日、ライブハウスでの講演が終わり大盛況で『Gypsophila』が幕に消えていった。
 楽しみにしていた親衛隊も帰っていき、千村貴明、布施義也もライブハウスから帰っていった。
 しかし、親衛隊の中には最後まで残り、『Gypsophila』がライブハウスから出てくるのを待ち続けている男がいた。

 親衛隊No.3 鈴木裕次郎‐すずきゆうじろう‐。緑風千秋を追いかけて毎回ライブハウスに通い、遠征にも付いていってはコンサートのグッズを残ったものを全て買い占める男だ。しかし、その気前の良さとは裏腹に感情の起伏も激しく、野外フェスでは別アイドルのファンと一騒動起こしそうになった危険人物でもある。当然、大きくなったら緑風千秋ちゃんと結婚したいという願望もあり、握手会では100万近いCDを購入してその間千秋を口説き続けている。

「デュフフ・・・おはようからおやすみまで千秋ちゃんの顔を見届けるのはこのボクの務めなのである」

 そして今日もまた一人、ライブハウスから出てきた緑風千秋を電柱の影から見守る簡単なお仕事を始める。

「あぁぁ~千秋ちゃんを瞳に映すだけで、今日一日で目に入った薄汚い毒素の塊がすべて洗い流されていくであります~」

 その至福の時間をいつまでも過ごしていたいと思っていた裕次郎だったが、今日はいつもと様子が違った。

「――――」

 千秋が裕次郎を見たのだ。今まで目に映らないように避けながらライブハウスを出ていた千秋が、明らかに裕次郎を瞳に映し――笑ったのだ。今まで裕次郎に向けなかった微笑みを、初めて千秋が浮かべていたのだ。そんな些細なことに、裕次郎は心の底から救われた気持ちになっていた。

「千秋ちゃん・・・ぼ、ボクに微笑んでくれた・・・今までいっぱいCD買っても喜んでくれなかったきみが、どんな風の吹き回しなのか、ごぽぉ!!?」

 感謝の言葉を述べようとしていると、突然裕次郎の背後から強烈ななにかで殴られた衝撃が襲ってきた。倒れた裕次郎にさらに輪をかけて馬乗りになって動きを封じるように両手を縛ろうとして来る。

「うわなにをする
くぁwせdrftgyふじこlp」

 相手は手際よく手枷をつけ、目隠しをされ、口には猿轡をかまされる。突然のことで何が何だかわからない裕次郎が、自分が誘拐されたと気付くのは後のことだった。
 裕次郎を乗せると、エンジンがかかり、車が走りだす。何時間走ったか分からなくなったときに車から降ろされ、相手に引きずられながら歩かされる。この時にはもう裕次郎は声を上げず、怯えるようにしながら相手の言う事に従うように付いて歩いた。
 相手の腕に絡みつきながら、おどおどした足取りで視界ゼロの状態で歩いていく。
 相手も一切声を上げない。どんな相手に誘拐されたのか分からないが、何故か裕次郎の鼻には甘い香水の匂いと時折腕に当たる柔らかい感触が、ひょっとしたら誘拐したのは女性ではないかと予想をつけていた。
 それでも誘拐をするような相手だ。犯罪者であるには変わらない。碌な人間ではないと踏んでいた。
 やがて、相手は目的の場所に到着したのだろう。裕次郎に腰をつかせるように肩を両手で押さえつけた。腰が沈んだ裕次郎のお尻は、マットの柔らかい感触に驚いてしまった。
 両手の枷を外した相手。両手が自由になれば目隠しも猿轡も自ら取ることが出来そうだ。むしろ、それを相手が望んでいるようだ。

「もう外していいよ」

 裕次郎の耳に入ってきた相手の声は甲高い女性の声だった。女性というには幼い、声変わりする前の声だ。相手は子供・・・しかも、その子供という声の主を、裕次郎は何故か知っている気がした。
 外していいよ――その声で一刻も早く解きたかったはずなのに、一瞬だけ無意識に解くのを躊躇ってしまったくらいだ。
 しかし裕次郎は自分の仮定を確認するために、急いで目隠しを外していった。思っている以上に簡単に解けた目隠しも猿轡。それを身に付けた相手と裕次郎は対面した。
 裕次郎の目に映ったのは、
『Gypsophila』の筑紫希美と緑風千秋の二人がライブハウスの衣装のときと同じ姿で立っていたのである。


続きを読む

 ――後日談というか、今回のオチ。

「琴音」

 授業が終わり、帰宅するために席を立った琴音に愛莉から声をかけられた。

「今日部活休みなんだ。久し振りだし、一緒に帰らない?」

 美味しいガレット屋を見つけたの、と買い食いをしながら楽しく帰宅することを疑っていない愛莉に、琴音は申し訳なさそうに断った。

「ごめん。今日は帰るね・・・」
「えっ・・・どうして・・・・・・?」

 琴音の表情になにかを察する。

「琴音。具合悪かったの?保健室一緒に行こうか?」
「やめて!!」

 身体を触れた瞬間にビクンと震えた琴音の様子はなにかおかしい。しかし、それを愛莉に隠すようにゆっくりと歩を進めていく。
 まるで、ついてこないでと言わんばかりに体調を悪そうにして身体を引きずっていた。

「琴音・・・・・・」

 隠し事をしている琴音に、愛莉は教室で立ち尽くしていた。でも、すぐに我に返って琴音の後を追う。こういう時だからこそ親友が悩みを聞いてあげなくちゃいけないと思ったからだ。

「琴音!!・・・・・・あれ?」

 しかし、驚いたことに琴音の姿は廊下で見ることはなかった。愛莉が目を離した数秒の間に琴音は忽然と姿を消してしまったのだった。


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 琴音が向かった場所は教室から出てすぐの女子トイレだった。
 我慢できなくてうずくまる身体でなんとか個室トイレに入り、鍵をかけることでようやく安心するように一回大きく息を吐きだした。

「はぁぁ~~~立つとすぐに抜け落ちてきそうだよ」

 琴音はスカートの中をまさぐり、ショーツの上から今にも抜け落ちそうになっていたモノをなぞった。ショーツの中で盛り上がっている物体。普通の女子生徒にはない謎の異物が琴音の体内はいっており埋まっているようだった。
 琴音が体調を悪そうにしていた原因はこれだ。琴音は入れ直すために一度ショーツを脱いいく。すると、ソレはひとりでにツルンと抜け落ち、床に落ちて転がってしまった。
 ソレはアナルストッパーだった。アナルを拡張する道具を何故か琴音は自ら仕込んでいたのである。

「ああ・・・腸液でビチョビチョになってる・・・・・・。これが琴音ちゃんの腸液なんだ・・・・・・」

 そんなことを言いながら琴音は恥ずかしく口を塞ぐ。誰かが聞かれてたらマズいと思ったのだろう。急いでアナルストッパーを広い、再び自分のお尻の穴に挿入する。
 幸いなことに大便も出る様子もなく、ローション代わりに濡れている尻穴は簡単に挿入できるまでになっていた。

「ううぅぅん~~。お、お尻にはいってくるぅぅ~~!あ、あはぁ・・・へ、ヘンになる。これ、きもちいい~~」

 その顔はとてもいい笑顔だった。腸の中を押し上げるアナルストッパーに琴音の身体が開拓されていくのを感じた。

「んほおおおおおぉ~っ⁉」

 お尻に太いモノを咥えこまされ、反射的に腰が跳ねた。これ以上自分の手じゃ薦めないと思い、お尻に挿したまま壁にアナルストッパーを当てつけ、腰をさらに押し付けていく。そうすると、アナルストッパーだけがどんどん奥深くまで突き進んでいく。

「おっ、んほっ、おほおぉ・・・・・・んあっ、あっ、あーっ・・・・・・」

 呼吸するのも一苦労のように、天を仰いでお尻に力を込めていた。しかし、おかげでお尻の穴からアナルプラグは顔をのぞかせている。しっかり琴美のお尻の穴に挿入されたのである。
 脚がガクガクと震え、もどかしげにお尻が揺れる。否が応でもお尻の穴を満たす異物感に琴音は悶えていた。アナルストッパーが子宮を押し上げ、お腹が苦しい感覚を再び与えていた。
 お、お尻の穴がいつまでも締まらなくて拡がったままになってる感じを今日一日ずっと一人で感じていた。

「お尻ぃ、おかしくなるぅ・・・・・・!くぅぅ~~~っ!!!」

 油断しているとまた抜け落ちそうになって腸内からゆるゆると出てきてしまう。それを止めようと力を踏み込むと、アナルストッパーはまた腸内へぬるぬると挿入ってくる。その繰り返しが琴音に魅惑的な感覚を与えていた。

「う・・・うんちが出たり入ったりしてる、みたい・・・・・・いやあぁぁん・・・・・・はあぁぁん・・・・・・」

 お腹がゴロゴロなるのもそのせいだ。行き場のなくなった大便が生成されていくのを感じる。しかし、再び挿入してしまった以上抜きたくない想いの方が強く、琴音は急いで帰ろうと家路に向かう。
 しかし、その歩幅は普段より全然遅い。気を付けて歩いているとはいえ一度公園に立ち寄って、ストッパーを入れ直し、ファーストフード店に立ち寄ってお手洗いを借りて、ストッパーを入れ直す。

「らめぇぇ・・・・・・もぅ、あるけにゃい・・・・・・おしりぃぃ・・・・・・ジンジンしゅるぅぅ~~うんちぶりゅぶりゅでちゃいしょう~~~」


 歩き続けた琴音の脚は、自らの腸液と愛液の滴りでびしょびしょになっていた。
 限界を感じる身体のまま、なんとか家まで辿り着くよう踏ん張って帰るのだった。


続きを読む

「はぁ・・・はぁ・・・」

 琴音ちゃんの身体でアクメに達した俺は火照り続ける身体の疼きが未だ抑えきれずにいた。琴音ちゃんには悪いけど、彼女の細い指では満足いくものではなかった。もっと太いバイブを挿入して、本気の絶頂を味わいたかった。
 琴音ちゃんの身体には際限がないのか、イっているはずなのに、どんどんと欲求が膨れ上がっていく。
 とろりと滴る愛液が乾くまで、しばらくは休んでおかないとこのカラダで暴走してしまいそうだった。

 そんな俺を見ながら琴音ちゃんは俺の制服から唯一残っていた形見の『鏡』を取り出していた。俺の『変身』道具であり、誰かに持ちだされるとしたら、例えそれが琴音ちゃんであったとしても許されることじゃない。

「な、なにするんだよ、琴音ちゃん!?」
「いいから、黙ってみてなさい」

 琴音ちゃんが何かを決意して目を閉じる。そして、彼女の身体が眩しい光に包まれる。
 何度も『変身』してきたから分かる。これは――

「琴音ちゃんと『鏡』が共鳴しているっ・・・!?」

 琴音ちゃんが誰かに『変身』しているのだ。『鏡』を使い、他人に『変身』することを琴音ちゃんが厭わない理由が俺には分からない。
 いったい誰に『変身』しているのか――そんな疑問は光が消えるとすぐに導き出された。
 琴音ちゃんが『変身』した姿が誰なのか――そんな答えは誰よりもすぐに分かっていた。

「お、俺だと・・・・・・!?」

 そう、琴音ちゃんは海藤結弦の姿に変身していた。俺たちはお互いの姿を入れ替え、『変身』したのだ。

「そうだよ。この方が海藤くんも興奮するでしょう?」
「それって、どういうことだよ・・・・・・」

 わざとらしく聞いてみる俺に、不敵な笑みを浮かべて近づいてくる結弦(琴音)ちゃんは、興奮冷めやらないとばかりに見せつける勃起チ〇ポを向けて、力任せに俺の上に覆いかぶさった。

「海藤くんのチ〇ポで私を犯してあげるって言ってるの!大人しくしなさい!」
「ひぃぃぃっ!!?まっ、本気なのか!?」
「マジよ。大マジっ!感謝してよね、私の処女をあげるんだから!」

 俺たちはお互いの姿を入れ替えて、セックスしようとしていた。
 自分を犯すことに目を輝かせる結弦(琴音)ちゃんは、今まで見せたことのないくらい生き生きとしていた。



続きを読む

 俺は火照った身体を引きずりながら誰もいなくなった教室へと連れていかれた。
 事の発端は、俺が屋上で「はっくしゅん!」とくしゃみをしたことだった。体温と気温の温度差が違い過ぎたせいで一瞬温度調整ができなくなってしまったのだ。
 室外ではこれ以上は支障がきたすと判断した琴音ちゃんの気遣いだろう。

「ここでやりましょう」
「あ、ありがとう・・・」
「勘違いしないでよね!自分の身体で風邪ひかれたくなかっただけよ」

 照れ隠しのように俺の制服を乱暴に脱がしていく。自分と全く同じ制服。そして、まったく同じ下着を見て琴音はさらに驚いていた。

「・・・・・・この制服ってどうやってできてるの?」
「よくわかんない」
「下着だって同じ素材でできてるじゃない・・・本当に海藤くんが穿いてたわけじゃないのよね?」
「同じサイズはたぶん穿けないと思う・・・」
「それもそうね・・・」

 琴音ちゃんの手で下着とソックスだけにされた俺はドキドキだった。今まで琴音ちゃんに近距離まで接近したことは一度だってなかった。
 姿が変わるだけでここまで気を許してしまえる者なのか、興味本位然り、本能をくすぐる玩具を見つけた子供のような無邪気さを見せながら、俺に警戒心を全く持っていないのが不思議でならない。
 琴音ちゃんは本当に、自分に目がない、

「待って。私も脱ぐわ」
「琴音ちゃんも!?」
「その方が海藤くんも興奮するでしょう?」

 スルリと、制服が肌を擦れる音が耳に響く。そして、琴音ちゃんは自分で制服を床に落として俺と同じように下着姿を教室内で曝していた。

 全く同じ体型をした二人。全く同じ容姿をした琴音ちゃんと琴音(結弦)。
 同じように息を呑み込み、同じように二人感嘆の息を吐きだした。

「綺麗・・・・・・」
「私もそう思う」

 琴音ちゃんも自画自賛の芸術。それはまるで、突如現れた鏡に映し出されたようにお互いが相手の身体を見つめている。俺が舐めるように琴音ちゃんを見るように、琴音ちゃんも舐めるように琴音(結弦)を見ている。
 見られるってこういう気持ちなんだと、視線が刺さってゾクゾク感がたまらなかった。

「まるで鏡ね・・・」

 琴音ちゃんがやっていて俺に身を寄せ合う。そして、何を思ったのか、胸を押しつける仕草をし始める。ブラに宛がい乳首を擦りつけて、何度も乳房を揺らしていく。

「ん・・・はぁ・・・」
「・・・・・・なにやってるの?」
「胸の柔らかさも同じかと思って」
「気になる?俺の身体?」
「それはそうでしょう?光の屈折とか、目の錯覚を利用してるのかなと思って」

 そこまで考えているのか・・・・・・でも、そんな理屈じゃなくて、この現象は『変身』なんだよな。
 俺が一番理解していることだ。説明できないけど、この身体は琴音ちゃんそのものだって理解できる。
 琴音ちゃん本人が確かめようと、俺の勃起チンポはどこにも出てこないはずだ。
 それが分かると琴音ちゃんは身体を放した。
 解放された小動物のように、俺は緊張を解いて身体を楽にした。

「じゃあ、次は四つん這いになって」
「えっ?えええっ!?」

 琴音ちゃんは俺に要求する。言うのは楽かもしれないが、実行するには想像以上に難易度が高かった。

「早くして。別に恥ずかしいことじゃないでしょう。恥ずかしいのは私なんだし」

 そうかな。確かに姿は琴音ちゃんだけど、やる身としては恥ずかしいんだけどな。

続きを読む

↑このページのトップヘ