麻生が遅れて教室に到着する。『鏡』を使って准を朝比奈先生に変身させたとはいえ、二人が鉢合わせするのは非常にマズイと考えていた。出来れば准(蓮)には一刻も早く教室から抜け出していてほしいと思っていた。
 教室をそっと覗くと、准(蓮)が仁王立ちしていたのだ。
 久美子や朝比奈先生(准)がいるのも確認でき、いったいなにを考えているのかと慌てて教室に入ってきた。

「もう、蓮!なにしてるんだよ!早く逃げるんだよ!」

 麻生は准(蓮)を捕まえて必死に教室から引っ張っていく。准(蓮)は麻生の登場に驚きながら、床に転ぶ明音(准)が目の前にいるのに何もせずに教室を出ていこうとしている麻生の腕を振り払おうとしていた。

「待て!まだ俺自身が満足してねえ――!」
「いいから来い!」

 グイグイと、准の力では麻生の腕を振り払うことが出来ないのか、やがて教室から押されるように出て行ってしまった。授業が始まった廊下に准(蓮)の絶叫が響き渡っていた。
 残された久美子は一連の流れが理解できず、一人唖然として残っていた。しかし、准に身ぐるみ剥がされて落ち込んでいる朝比奈先生を思うと、ゆっくりと駆け寄って安否を気遣ったのだ。

「先生……大丈夫ですか?」
「はぁ……はぁ……」

 久美子にも答えられないほど朝比奈先生はそれほど落ち込んでいるのだと思っていた。親友とはいえ、准があんなことするのは久美子でも信じられない。
 でも、久美子自身もまた准に弄られてしまった経緯から言葉を掛けづらいものがあった。女性同士での行為を味わった二人は、これから先どうしたらいいのか困ってしまっていた。

「はぁ……いまの……」
「えっ?」

 朝比奈先生がグッと力を入れた。叫びたい言葉を堪えてゆっくり立ち上がると、まるでゾンビのようにゆらりと廊下へと消えていった。

「………ぜったい、許さないいいいぃぃぃ!!!」

 前言撤回。朝比奈先生の絶叫が廊下から大きくう木霊して久美子は思わずビクンと肩を震わせてしまった。



続きを読む