純粋とは矛盾色-Necronomicon rule book-

夢と希望をお届けする『エムシー販売店』経営者が描く腐敗の物語。 皆さまの秘めた『グレイヴ』が目覚めますことを心待ちにしております。

タグ:口内射精

 今回のオチというか、後日談――。

      呼び出し

「内山君。あなたってどうしようもなく屑ね」

 俺は松村先生から普段の素行の悪さを怒られていた。

「授業の態度、出席日数、テストの点数は毎回赤点。こんなんじゃ先が思いやられるわ。あなたは将来をどのように考えているのか、先生分からないわ」

 呆れる先生を見て落第生という烙印を押されたのだと、秀才な生徒たちが加担して俺を嘲笑う。
 学生というテストの結果が優劣の順序を決める社会だ。頭の良し悪しでしか語れない奴らを横目で見ながら、村松先生の話も流していく。

「いいです。放課後先生と残って補習授業です。わかりましたね」
「はい!」
「返事だけはすごく良いんだから・・・」

 授業が終わり、解放される放課後の楽しみを削られる苦痛を強いられる。補習授業は受けたくないだろう。――常識的に考えて。
 しかし、逆に俺はここぞとばかりに高らかに返事をした。


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 放課後になり、松村先生の指定した場所に足を運ぶ。
 そこは女子更衣室だった。普通、補習をやる場所とは思えない場所で、しかも誰が来るか分からない場所で俺は扉を叩いて相手に知らせた。
 「どうぞ」という松村先生の声が聞こえてきたので、俺は足軽に女子更衣室の中に入っていった。

「よく来たわね、内山君」
「そりゃあ来ますよ。補習ですからね」

 ニヤリと、同じ表情を浮かべて嗤い合う。
 先生は、ここで着替えたであろう、バニー姿で俺を待っていた。
 そう、これが先生が俺のために開いた補習授業だ。
 と言うより、杏(俺)が将平のために開いた小芝居だったわけだ。『錠剤』によって村松先生が俺の分身だと言う事を知ってから、さらに俺は悪行に拍車がかかっていた。
 先生の立場を使えば点数操作もお手の物だ。適当に学園生活を過ごしていれば先生から推薦状だって貰う事が出来る。苦労なく大学受験を乗り越えることが決まっている俺を、秀才を自称している生徒が知った時の依怙贔屓と阿鼻叫喚に騒ぎ立てる姿が容易に想像できるのが待ち遠しい。
 だから、後はこの適当な高校生活を如何に遊び尽すかだけを楽しめばいい。せっかく先生がいるのだから、考えることは一つだった。

      うーん、デカい

「勉強なんかよりも将来大切なことがあるでしょう?内山君が何人もの女の子を食えるよう、底無しのスーパーチ〇ポになるまで、これから毎日徹底的に鍛えてあげるから覚悟するのよ❤」
「うへぇ、勘弁してくれよっ」

 女子更衣室だけあり、扉には鍵が付いており、鍵を閉めれば中にいる俺と先生以外誰も入ってくることはない。先生のバニー姿で目を潤いながら、女子更衣室の特有のにおいと供に興奮を昂ぶっていった。

「さあ、はやくチ〇ポを出しなさい。先生の口ま〇こで溜まったチンカスを掃除してあげるわ!裏筋から尿道までくまなく舌フェラしてあげるから覚悟しなさい!」
「はいはい」

 そこにあった椅子に座り、ズボンから逸物を取り出すと、松村先生が床に膝をついて逸物の正面に顔を持って行った。皮を剥いて亀頭を曝させて、ところどころに付いてるチンカスを見て村松先生(俺)は恍惚とした表情を浮かべていた。

「まったく、チンカスを随分とためて・・・においも臭くて酷いモノね・・・。まったく、ちゃんと洗っているのかしら?」

 愚痴を言いながら口を開け、先生の口内にぱくりと逸物を咥えられる。

「ちゅぶ、ちゅぶ・・・・・・レロレロ・・・んっ、んふ・・・ちゅぱ・・・ちゅぱ、れろろろ~」

 松村先生が早速イヤらしい音を響かせながら俺の逸物をしゃぶり始めた。

「うはっ、きたこれ・・・ねっとりと、温かくて、ざらざらとした舌の感触が絡みついてきて・・・いいっ」

 うっとりした顔で亀頭をペロペロ舐め、裏スジに回って肉竿を伝っていきながら、唾液を塗していく。上目遣いでチラチラ見ながら、俺の顔をのぞいてくる。

「それにしても、酷い味ね。皮の中に、たっぷりのチンカスがびっしりこびり付いてる・・・じゅぽ、じゅぽ・・・・・・だが、こうして舐めとっていくと、不思議と体が熱くなって・・・・・・悪い気分ではないわ・・・・・・じゅる、じゅる・・・じゅぼぼぼぉぉぉ!!!」

 松村先生の口の中で丹念にチンカスがこそぎ落とされて綺麗にされていくのが分かる。先生の舌が様々な角度から絡みついて締め付けてくるので、それだけで射精感が跳ねあがっていく。

「流石です、先生。先生ほどフェラがうまい人はこの学園にいませんよ」
「当然よ。私は皆の模範となる風紀委員の先生なのよ」

 そうでした。先生は風紀委員でした。学園の風紀の乱れを正している、風紀委員の先生が淫らに俺のチ〇ポを咥えている姿を見るだけで、射精の準備が整っていくのだった。

「せんせぃ・・・お、おれ、そろそろ射精そうだ・・・」
「ギュッポギュッポ・・・・・・ひょう?んふぅ・・・それにゃら・・・ひいわよ・・・わらひの・・・くちま〇こ・・・
だひなしゃい!ヂュポヂュポ・・・ヂュッパヂュッパヂュパヂュパぢュブブブ!!!」

 先生も一度射精させようと躍起になっていた。だらしない音を響かせて、顔が前後に振りながらチ〇ポを喉奥に自ら挿し込んでくる。喉の奥の膜に亀頭が触れて思わず腰が震えてしまう。

「おほぉぉ~~ほッ!で、射精る~っ!濃いのいっぱい射精しちゃうよぉ~

 どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ~~~!!!!


 俺はたまらず射精を暴発してしまう。たちまち、先生の口の中が俺の精液に溢れかえっていった。

「くふぅっ・・・ドロドロの塊が・・・私の口へ送り込まれてくる・・・・・・えほっ、えほっ・・・」

 先生が咽ながらも口の中に精液を溜めこんでいく。頬を膨らませている先生の口の切れ端からも白い液が滴り落ちていた。
 やばいおぉぉぉお~❤小便する感覚で先生にザーメン排泄しちゃったよぉぉ~

「うっ・・・濃厚なオタマジャクシが・・・口内でウジャウジャと泳ぎまくってる・・・・・・なんて・・・・・・おぞましい量よ。喉にへばりついて・・・・・・はぁぁん。・・・ん・・・・・・クチャクチャクチャ・・・もにゅ❤もちゅもちゅ・・・くちゅ❤くちゅくちゅ・・・・・・」

 口の中でじっくり丁寧に味わいながら、噛みきりながら呑み干しているようだ。頬張りながらも、口の中を濯‐ゆす‐いでいる音が聞こえるのがさらに興奮する。

「ごきゅ・・・ごくっ・・・ごくっ・・・んあ~~

 先生の喉が動き、喉に落としていく。そして、息を荒くしながら先生は俺の精液を飲み干したように口を開けて中を見せつけていた。

「俺のザーメンミルクの味はどうだった?」
「まだまだ若いわね。熱くて、薄くて、くさい・・・とても美味しいと言える味ではないわ。・・・ゲェェップ」
「うへぇ・・・ザーメンゲップやめてくれよ」

 上品な先生の匂いがくさい。それはそれで、俺の興奮を滾る発火剤になっていた。先生の表情もいい感じに高揚している。

「はぁ・・・はぁ・・・ま、まだ一回だけで満足させないわよ。次行くわよ」

 先生はバニーのカップをペロッと捲り、その豊満な乳房を見せつけてきたのだった。俺の思っていることを当ててくる先生。阿吽の呼吸で俺と松村先生は思うことが一緒だった。
 
「じゃあ次は、先生の下品な乳をたっぷり使わせてもらうよ」


続きを読む

 『ナノ・スライム』によって、城戸香里、早織姉妹の二人と昼食を共にする増沢豊に、周りが見る視線はたまらなかった。
 嫉妬や憤慨。城戸姉妹と一緒に昼食出来ることに対する男子生徒の羨ましさがヒシヒシと感じることができたのだ。

「むふぅ。中身はともかく、外観だけは香里さんは綺麗だからね。それに比べると早織さんは完璧だぁね」
「なにを独り言つぶやいてるのよ、気持ち悪い」
「はい、増沢さん。一口どうぞ。あーん」
「むあーん!」

 早織からもらうたこさんウインナーを頬張る豊に男性たちの怒りゲージがあがっていく。今日も暑い日が続いていた。

「(さすが、『ナノ・スライム』なんだなぁ。こうしていることがまるで普通のように見えてしまうから面白いんだな)」

 男性たちが嫉妬するように、豊はイケメンではない。キモヲタであり、外観は肉の塊そのものだ。醜悪が滲みでて、匂いさえ腐っているほどの憎悪に誰も近寄らなかった。しかし、『ナノ・スライム』を手に入れてからは女性に気にすることなく近づき、好き放題できるよう洗脳するので、まさに土足で玄関をあがるくらい朝飯前になっていた。
 自分が変わるのではなく、他人を変えさせる不定形の魔道具。豊かの発するオーラは邪悪そのものになっていた。

「どお、早織さん。僕と食事するの楽しい?」

 そう問いかけると、

「はい、楽しいです。増沢さんは作ったお弁当全部たべてくれるから見ていて気持ちいいです」

 汚物の豊が弁当箱を綺麗にするというジョーク。空っぽになった弁当箱は綺麗に舐めとられており、豊の唾液塗れになっていた。
 それを見ながら香里の表情はどこか固まっているように見えた。

「どうしたの、お姉ちゃん?」
「・・・ううん。なにか、違和感があって。なんで私、増沢くんなんかと食事しているのかなって・・・」

 香里が抱く小さな疑問は確かな形として見え始めていた。お弁当まで用意していた香里がいつの間にか弁当をやめてパンのみを買うだけになった。それは明らかに豊に対する拒絶である。本人ですら気づいていない小さな抵抗でありながら、香里が作っていたお弁当を食べたかった豊にとって、それは大きな打撃を意味していた。

「ぷぷぅ?僕と食事することになにか疑問があるのかなかな?」
「だって、普段喋らなかったクラスメイトといきなり昼食なんて・・・それに、なにか、忘れている気がするのよ・・・なにか、大切なこと・・・」
「お姉ちゃん?」

 なるほど、『ナノ・スライム』の浸食は早織の方が早いと見える。遅くしている要因は香里が過ごしてきた日常生活による記憶。普段、豊に抱いていた気持ち悪さや憎悪が、簡単には拭えない。豊が作り出した偽りの昼食時間を拒み始めようとしている香里に、更なる対策を施さなければ後々支障をきたすのは必然だ。

「(ナノ・スライムで人格を変えることも出来るんだけど・・・うぷぷ。でも、せっかくなら一時的に元に戻してこの状況を見てもらった方がより面白くなりそうだぁね)」

 『ナノ・スライム』による拘束を解放し、香里を一時的に元に戻す。「あっ」と小さな驚きを見せた香里が、次の瞬間、大きな悲鳴をあげたのだった。

「増沢・・・あんた、なんでここに居るのよ!?」
「んふぅ?二人が僕を呼んだんじゃない?」
「ウソよ!あんたと一緒に食事するわけないじゃない!」
「ううん、お姉ちゃん。 私が呼んだじゃない。豊さんにお弁当食べさせたいって、意気込んで作っちゃったお弁当、こんなに綺麗に食べてくれたじゃない」
「ひいぃぃぃ!!!?す、捨てて、そんなお弁当箱!もうどこにも使えないじゃない!」
「ひどい、お姉ちゃん・・・なんでいきなりそんなこと言い出すのよ・・・」

 香里の記憶と早織の記憶が混雑して姉妹喧嘩に発展しそうな勢いである。 その張本人である豊はニヤニヤ笑っているだけでその様子を傍観していることに心地よさを覚えていた。

「あんたのせいでしょ・・・早織に何をしたのよ!」

 香里もなんとなく原因が分かっている。たとえ喧嘩しようと、妹の変化にいち早く気づくことが出来た香里は、早織を守るために豊を目の敵にした。当然だ。居てはおかしい人物が同じビニールシートの上で居座っているのだから、豊が早織をそそのかしたと考えて間違いないのだ。

「ぷぷぷ・・・妹ちゃんには僕好みの理想の彼女に洗脳させてもらったよ。だから、妹ちゃんは僕が死ねって言ったら死ぬかもしれないね」
「は・・・・・はぁ!!?」

 洗脳だの、死だの・・・。香里にとって非日常的な言葉が飛び交い反感を買う。なにも関係のない早織に洗脳を施す、そんな道徳も常識もないクラスメイトが身近にいたというだけで恐怖した。

「ふざけないで!早織を元に戻しなさいよ!さもないと、あんたを絶対に許さない!」
「威勢だけはいいね。妹を守りたい姉御肌なんて美しきかな?」
「バカにしてるの?こんなことを言われてタダで済むと思わないで。あんたを学校にこれなくしてやるんだから」
「どうやるのかな?」

 妹に元に戻したいと、正義感ぶる香里に対してニンマリ笑いながら挑発する。香里は豊に殴る覚悟で襲い掛かった。



 
続きを読む

 俺は由紀さんとセックスしようとしている。俺も、きっと由紀さんも相愛なんだと思う。だからこそ、身体を許しているんだ。でも、俺は俺の身体だけど、今の由紀さんの身体は妹の瑠璃の身体だ。
 それって、つまり、他人から見れば近親相姦なんだよな・・・うぅ、やっぱり、心が決意しても抵抗はあるんだな。

「ねえ、早く入れてよ。私、待ってるんだよ」
「まっ、待ってよ。緊張しちゃって・・・」

 だって、心は由紀さんでも、身体は瑠璃なんだ。今まで妹としてしか意識してなかった、瑠璃なんだ。その声も、身体も瑠璃のものだ。由紀さんがいまは使っているだけで、これから返しに行かなくちゃいけないんだ。
 借りたものは綺麗に返さなくちゃいけないのはなんだってそうだよ・・・。

「ふぅん・・。緊張しているのは私だから?それとも、瑠璃ちゃんだから?」
「究極の選択だよ」
「知ってた?瑠璃ちゃん、祐樹くんのこと好きなんだって」
「知ってる。あいつはブラコンだったから」
「愛してたんだよ?」
「え・・・」
「愛したいほどに大好きだったんだよ。セックスしたいほどに」

 瑠璃が俺を愛していた?兄妹なのに、愛してしまったのか。叶わない愛情だと知っているのに、それでも感情が止められなかったのか・・・なんて純愛なんだ。そんな妹を俺は――

「あっ」
「ふぅん・・・そっかそっか。今はやっぱり、瑠璃ちゃんの方が大事よね?」

 瑠璃(由紀)がやっぱりって顔で、ちょっぴり淋しそうに声を明るくしていた。

「大事っていうのは、つまりあいつは妹で・・・俺のただ一人の兄妹だからって意味で――」
「お兄ちゃん!」

 ベッドから瑠璃が起きあがって俺に抱きついてくる。裸同士の俺たちの体温が触れ合ってさらに発熱していた。

      2bdefd42.jpg

「今から瑠璃とセックスしよ。お兄ちゃんの好きに瑠璃のお尻を揉んで、瑠璃のおま〇こにおち〇ぽぶちこめるんだよ!」
「る、流川さん!?ダメだよ、瑠璃の真似したって――」
「おち〇ぽガチガチに勃起して言ったって説得力無いよ。ねぇ~。だから早くラブラブの近親セックスしようよ~!」

 甘い声で絶対瑠璃が言わない言葉で語りかける瑠璃(由紀)。わかっていても、身体は正直に反応してしまうのだ。久し振りに見る瑠璃の身体は当然、昔の頃より成長しており、お尻なんてふくよかに育っている。触って良いって言うなら、ここで揉みしだく。

「あんっ!お兄ちゃん、つよい」

 無意識に力が勝手に入ってしまう。そんなの当然だ。お尻を揉んでいる相手は妹で、裸同士で抱き合っているのは兄妹同士で、二人だけの内緒という空間で、近親相姦を愉しめるとなれば、興奮しないわけがない!

「そんなこと言ったって、お前だって興奮しているんだろ?」
「そうだよ!だって、この方がお兄ちゃんのおち〇ぽおっきくなるんだもん」 

 完全に由紀さんは瑠璃に成りきっている。蕩けた表情、甘い声、潤んだ瞳すべてが初めて見る、瑠璃の顔だ。
 そこにいるのは妹の瑠璃じゃない。一人の俺を愛した、女性の瑠璃だ。

「ねえ、お兄ちゃん!私のおま〇こに種付けマーキングして!おち〇ぽぶちこんで、瑠璃のおま〇こにマーキングしてほしいの~。その方が興奮するよね?」
「マーキングっていうと、俺のモノっていう感じがさらに高まるな。い、いいのか?」
「うん!だって、由紀さんとならこれからいつだって出来るもんね!」
「お、おい///」

 そんなこと言っちゃっていいのか?由紀さんも俺のモノって自負したようなもんじゃないか。
 素直に嬉しいんだけど。
 お尻を揉みながら、おま〇こを広げる瑠璃(由紀)が俺に言う。

「さあ、もう準備できているから・・・近親相姦しよう。お兄ちゃん」

 
続きを読む

 力で奈那子(光梨)を抑えつけ、俺は目の前に自分の逸物を取り出した。

「えっ……真人。スゴい…硬くなってる……」

      
e59ad616.jpg

 奈那子(光梨)も真人の見たことないほどの異常な大きさになっている逸物に目を丸くしている。ビクンビクンと天を仰ぎ、真っ赤な亀頭が膨らんでいるのを目の前で見ていると、まるで凶暴なほどの肉棒に見えてくる。
 思わず逃げようとしている奈那子(光梨)の頭を抑えつけ、乱暴に口に咥えさせる。

「ちょっ、ちょっと、真人っ!まっ――ちゅぶぶっ!!?つばぁ……」

 真人が力で抑えつけ、奈那子の唇に肉棒を飲み込ませる。息苦しく、奈那子(光梨)が暴れる分、口内の唾液は真人の逸物に塗りたくられる。

「ふっ…ちゅぶちゅぶ……っ!ちゅばぁ!ま、さと…やめっ!んんぅ!?」
「もっと咥えてほしいんだよ。奈那子の口でさ。頼むよ、光梨」
「んんぅ……んっ……」

 真人が頼みこむと、ようやく奈那子(光梨)が観念したようだ。
 落ちつきを取り戻し、奈那子の舌で真人の亀頭をペロペロと舐め始めたのだ。

「ふあぁぁ……ソコ、やばい……くぉぉっ!」
「あっくぅ……ちゅぷ…レロレロ…ぴちゃ……じゅるるる…ふぅん……」

 口の中で蠢く姉の舌使い。先程ケーキを舐めた舌で真人の肉棒を愛おしそうに舐めているのだ。甘い吐息、甘い舌、クリームを塗られているかのようなイヤらしい舌使いを堪能しながら、美味しそうに味わう奈那子(光梨)を見て、我慢できるはずがなかった。

「姉ちゃん……ごめ…おれ、出るぅ!」
「んふ…んんんぅぅ!!?」

 奈那子(光梨)が目を見開いた。

続きを読む

↑このページのトップヘ