純粋とは矛盾色-Necronomicon rule book-

夢と希望をお届けする『エムシー販売店』経営者が描く腐敗の物語。 皆さまの秘めた『グレイヴ』が目覚めますことを心待ちにしております。

タグ:れず

「朝比奈先生……」

      f9aaf179.jpg


 久美子が教室のドアで立ちつくしている朝比奈明音―あさひなあかね―先生に気付く。朝比奈先生は今年配属となった新人の先生である。二十代前半の若い年齢でありながらその内気の性格と運動音痴から、講義が体育だとは最初思えなかった。服装も気にしないのか、運動着を着ている姿しか印象になく今日は珍しくタイトスカートを穿いた保健の授業スタイルの格好をしていた。その格好は麻生ですら一度しか見たことがなかったのだが、きっと印象に残っていたのだろう。

「久美子……なにしてるの……?」

 朝比奈先生が飯塚久美子を呼び捨てで言う。先生と生徒という関係である以上、上下関係があるのが普通だ。久美子は先生に見つかったことでばつが悪そうに乱れた衣服で身体を隠す。

「あ、あのですね……これは……」

 助けを求めるかのように准(蓮)を見る。そして朝比奈先生も同じ人物を瞳に映していた。

 ――驚愕した表情で、一瞬言葉を失ってしまっていた。
 朝比奈先生が見るもう一人の生徒は――

「あ、あなた――!!?」
「先生、どうしたんですか?」

 准(蓮)が素早く言葉を遮る。すっと立ち上がり、満面の笑顔を朝比奈先生に向けた。

「私達がどうして教室に残っているか不思議な表情してますね?」
「・・・ちがう――」
「でも、それを言ったら先生だってどうしてこんな場所にいるんですか?授業始まっちゃいますよ?クラスメイト達が待ってますよ」
「わ、わたしは先生じゃな――!」

 タイミング良く鐘の音が鳴り響いた。朝比奈先生の声が再びかき消された。

「あ、・・・た……レ!?なんでわた――――!!」

 朝比奈先生の怒声よりも鐘の音が大きく聞こえる。鳴り響くその音に耳を傾け、鳴り終わるまでには心をすっかり落ち着かせてしまった。
 それは、一つの方向性を決めたこと。
 鐘が鳴り終わった時には、准(蓮)はすべてを悟ったのだ。

(――こいつ、朝比奈先生じゃないな)

      770aef94.jpg

 窓からのぞいたグラウンドには、ちょうど鐘の音と供に黄色い運動着を身に付けた朝比奈先生が現れたのだ。授業が始まり、生徒たちと一緒に体操を始めるだろう。
 つまりこの朝比奈先生は偽物。おそらく麻生に渡した『鏡』で朝比奈先生に変身したのだろう。
 そんな必要があるのは、学校の中でたった一人だけだ。

(――准本人か)

 久美子を心配で教室に戻ってきたというところか。しかし、先に麻生と出会ったことで変身させられたのだろう。
 ……本人は気付いていないのだろうか。背丈も緑色の髪の毛も服装も違うのに、別人に『変身』させられたなんて普通は信じられないだろう。
 つまり准にとって朝比奈先生と言われていることが理解できないだろう。しかも准の姿をした人物が目の前にいるのだ。混乱しないはずがない。
 そこで准(蓮)はさらに悪戯を思いつく。准本人に対して悪戯を決行するのだった。


続きを読む

「いや・・・いやあ!!」

 蕗子が私を押し倒す。とても乱暴で、とても横暴に私の制服を脱がしにかかる。

「一緒になろうよ、孝子。みんな一緒だから」
「いやよ!!初女も、梓颯先輩も、蕗子も、全部あなたのせいでおかしくなったのよ!」
「ええ、そうよ。そして、あなたもそれを一度受け入れた」
「――っ!?」

 梓颯先輩とヤったのも、先輩に無理やり押し倒されたから。
 先輩が望んでいると、そう思ったから。

「私が悪いんじゃない!全部あなたが悪いのよ!」
「・・・強情だねぇ。ニヒヒ、その方が虐め甲斐があるけどね」

 蕗子が私に唇を重ねようとしてくる。蕗子の口から出てきた『スライム』を思い出すと、私はとっさにキスを拒絶した。

「あれれ?どうしてキスを拒むのかな?先輩とはレズしたのに?」
「やりたくてしたわけじゃない!」
「親友同士なら、キスぐらいしてもおかしくないんじゃない?」
「誰がっ!!あなたなんか親友じゃない!」
「・・・ぐすっ・・・ひどい、孝子」
「えっ・・あっ、・・・蕗子なの?」
「そうだよ。私、孝子のこと、親友だと思っていたのに・・・」
「そうじゃなくて、ち、ちがくて・・・あっ、あああっ―――!!!」

 うわああああああああああぁぁぁ――――――!!!

 心の底から出る不安と恐怖。
 信頼や絆を全て溶かして不幸のどん底へ叩き落とされる。
 何を信じていいの?何を疑えばいいの?
 相手のことを傷つければいいの?自分のことを守ればいいの?
 本当に、本当に大事にしなければいけないモノは――――

「孝子・・・」

 目を伏せて絶望していた私の手をどける。そこに蕗子の顔が覗きこむ。

「蕗子・・・」
「もう安心して。一人にしないから」

 ・・・その言葉を信じていいの?一人で戦うことをやめてもいいの?

「・・・みんなが待っているから」

 蕗子からの愛が欲しい。すべてが欲しい。
 蕗子の言葉がとても気持ちよくて、考えることをやめてしまってもいいと思えてくる。

「ひぅっ!」

 蕗子の手が私のスカートの中へ忍びこむ。そして、私の大事なところを優しくなぞり上げてくるのだ。
 足を閉じても蕗子の手が私の秘部を弄ってる。その手付きのイヤらしさに、私は顔を真っ赤にしてしまう。

「やだ、だめ・・・だめだって・・・」
「やめていいの?ほんとうに・・・?」
「っ!」

 息を飲んで蕗子を見る。
 私の気持ちを全て分かっているように、ニコッと笑って私を受け入れている。

「私、思うんだ。性行為は親友同士が一番キモチイイと思うんだ。同性だから秘部の弄り方をよくわかってるし、強弱の付け方だってよくしってるよ?」
「ひぃうぅぅっ!」

 ショーツの上からクリ〇リスをなぞられて、ゾクゾクと身体が震える。私よりも蕗子の方が上手、それとも、誰かにしてもらうから気持ちよく思えるのかな・・・?

「・・・ね?もっと気持ち良くなりたいでしょう?」
「はぁ・・・はぁ・・・」
「私がシテあげるよ。孝子の親友の私が」
「・・・ゴクッ。・・・はぁ・・・蕗子が・・・」

 蕗子と親友よりもさらに進んだ関係になれる。
 今の私にとって、誰よりも失ったら寂しいのは蕗子だから。
 安心できる存在は、彼女だけ。
 そうか。だから私は――――あの時、泣いたんだ。

続きを読む

 桃花の身体を手に入れた牧は、鏡の前で着ていたTシャツを脱ぎだし、穢れのない全裸を見せつけていた。
 女子高生ながらにぷっくり膨らんだ乳房がののかと違い強調されてきている。長い髪の毛もまた子供から大人っぱさを漂わせるように変化を見せている。
 そんな桃花の身体に生えた男性の逸物が、美しい女性の身体に唯一の汚点として目立ってしまっている。しかし、桃花(牧)はソレを大事にいたわる様にしなやかな手先で撫であげる。
 ゾクゾクと、全身を駆け巡る快感が即座に伝わってきた。

「ウヒ。なんだこれ・・・。女性に触ってもらうって、こんな感じなのかな?ン・・・男性の手先じゃ表せない、スベスベの肌触りだよ、はぁはぁ・・」

 桃花の表情が高揚し、鏡に映る桃花が薄暗くした部屋のなかで赤く染まる。牧にとって、普段している自慰行為が、まるで桃花にやらせているかのような錯覚でマスターベーションしているのだ。
 自分の感じるところを桃花の手が弄ってくれる。言葉じゃ伝えにくい自分の感じるところを、絶妙な手使いと力加減で触ってくれるのだ。

「う・・はぁ、はぁ・・・んん・・・いい・・。あ、あぁんっ」

 自分の声もまた桃花の甘い女性の声で変換し喘いでくれる。まるで、本当に自分が宮藤桃花になった感覚に陥る。自分の身体のように好き放題に乳房を弄り始め、女性の感覚すら求め始めた。

「いい・・・ち、乳房も感じる・・あんっ!」

 男性にはなかった胸の弾力。小盛りに膨らんだ乳肉の形を変えながら、てっぺんに突起する乳首を摘まむ。

「ひぅんっ!」

 びくんと乳首を摘まむと逸物が震えた。男性では味わったことのない、乳首からの鋭い刺激に思わず背中を丸めて腰をひっこめた。

「あぁ・・あぶないところだった。痛いくらい刺激がビリビリ痺れたよ。・・でも、もっと触りたくなる・・・」

 指の肉で挟みこんで押し潰すようにしながら乳首を弄る。加えて口から唾液を垂らして乳首に塗りつける。濡れた乳首がイヤらしく光りながら突起する。片手で乳首を弄りながらもう片方の手が必死で逸物を扱いていた。

「はぁ・・はぁ・・・い、いやらしすぎる・・・なんだよ、これ・・・俺がしてるのか・・?はぁん・・た、たまらないよっ!」

 いますぐにでもイってしまいそうだった。桃花の身体で精液を吐き出す前に、背後からののかに抱きつかれて思わずびくっと身体を震わせた。

「たまんないだろ?女のカラダって」

 ののか(美濃)が桃花(牧)に問いかける。桃花(牧)は何もいわず、ただ首をコクンと頷いただけだった。

      
336d0a04.jpg

「いいなあ、その身体。俺より全然良いもの持ってるんだもん。そっちにくっつけばよかった」

 美濃の興味は既にののかから桃花に移動していた。ロリコンであり、ののかに一目惚れしていた美濃にとって既に飽きてしまったのか。欲望を手に入れればさらに高みを欲しくなるのか、牧にとって美濃の発言は信じられないものであったが、今は桃花の身体を渡すつもりはなかった。

「ウヒヒ・・。いいよ、だったら俺はののかちゃんの身体で楽しむから」

 そう言ってののか(美濃)は桃花(牧)の目の前で逸物を扱き始める。シュッシュッとリズミカルな動きですぐに逸物は勃起し、桃花(牧)と同じくらいの太さになった。
 勃起した逸物を生やした姉妹を両親がみたら気絶してしまうだろう。

「じゃあ、せっかくだから姉妹でしようよ、お姉ちゃん」

 ののか(美濃)が桃花(牧)にふたなり姉妹プレイを促す。身を寄せる様に近づく、男性の性器を持った妹。
 可愛い顔したののかが鼻の下を伸ばして表情を歪ませているのをみて、桃花(牧)も同じ表情を浮かべてののか(美濃)を受け入れた。


続きを読む

↑このページのトップヘ