「きいてくれよ、麻生!」

 俺に対して望月蓮―もちづきれん―が嬉しそうに駆けつける。高校生でありながら一人部屋の学生寮に過ごしているせいか、蓮はなにかと俺の部屋に上がり込んでくる。

「どうしたの?今日も授業サボりに来たの?」
「バカ言え!俺とおまえの仲じゃないか!」
「……俺のプライベートの空間はないの?」

 珍しく舞いあがっている蓮の話を聞くよりも、蓮の手に持つモノに目が惹かれてしまった。

「なにもってるの?」
「いや、ばれちまった?おっかしいな~ちゃんと隠したつもりだったんだけどな~」

 どうやら蓮が俺の部屋に来たのは、これを見せたかったらしい。もったいつけながらも「ジャーン!」と、効果音を自分で発しながら見せる。

 『鏡』だった。女性が化粧の際に使いそうな、二つ折りになったコンパクトサイズの『鏡』であった。

「来たんだよ!遂に『商品』が届いたんだよ!」
「『商品』ってそれ?……アマゾン?」
「違うよ!エムシー販売店だよ。入荷半年待ちの商品だぞ!」
「なに、そのどっかの個人経営的なお店の名前……」

 聞いたことのない店名が作った『商品』(とはいえ鏡だ。百円ショップにでも販売してそうな陳腐な安物にも見える、鏡だ!)を自慢気に語られても困る。いったいその鏡がなんだというのか、俺には分からなかった。

「で、その鏡がどうしたの?」

 俺が話を進めると、待ってましたと言わんばかりに蓮が「ニヤリ」と不敵に笑う。親友とはいえ、うすら寒い笑みであった。

「麻生。おまえ、准のこと好きだったよな?」
「と、突然なに言うんだよ!」

 蓮が言ったのは永森准―ながもりじゅん―という、クラスメイトの女の子だ。蓮の幼馴染であり、俺とは高校生で同じクラスになって、一目で惚れてしまった女性である。
 可愛くて気が強く、クラスの中心でみんなを引っ張っていく姿がそそられる。蓮とは性格も正反対であり、まじめな准に好意を寄せるクラスメイトは俺だけではない。

「言っちゃえって、気にするな!俺とおまえの仲じゃないか~!」
「い、イヤだよ、恥ずかしい。蓮に言ったら准に筒抜けになりそうだもの」

 信用していないわけじゃないが、蓮と准は幼馴染であり、よく会話をしている場面を目撃している。ぽろっと俺が呟いた発言で蓮は何かと准と俺をくっつけたいと思っているらしく、恋愛の話になるとすぐに准の名前をだす。しかし実際、蓮と准の関係がどういうものなのか分からない。幼馴染で長くいたせいで恋愛に発展しない典型なのだろうか。それともすでに二人は付き合っていて、俺をからかっているだけなのではないかとも疑ってしまう。
 だから俺は必死に蓮に准への想いを打ち明けられずにいた。

「ふ~ん。……もし、准とやらしてやるって言ってもか?」
「・・・・・・え?」

 素っ頓狂な声をあげてしまった自分が恥ずかしい。でも、すぐさま蓮を振り向かずにはいられなかった。

「ヤラシテクレルノ……?」

      0cb8674c.jpg

 若さ故の過ちに落ちてでも欲求に素直な自分を俺だけは褒め称えようと思う。今までの抵抗を全て翻して心揺さ振られる俺に、蓮は高笑いをみせていた。

「これから質問していくからな。十個の質問全てに答えたら、やらしてやるよ」
「ソレダケデイイノ……?」

 まじでそれだけでヤらしてくれるの?
 准だよ?クラスメイトで蓮の幼馴染の永森准だよ?
 ウソじゃないよね?

「おう!じゃあ、いっくぞ~!」

 心の準備が間に合わないまま、蓮が質問を始める。

(よっしゃああ~!バッチこ~いいぃぃ!!!)

 キャラでもなく、心の中でファンファーレが鳴り響いているのを聞いていた。

続きを読む