純粋とは矛盾色-Necronomicon rule book-

夢と希望をお届けする『エムシー販売店』経営者が描く腐敗の物語。 皆さまの秘めた『グレイヴ』が目覚めますことを心待ちにしております。

カテゴリ:グノーグレイヴ『常識改変』 > 錠剤『非常識な成分』

 今回のオチというか、後日談――。

      呼び出し

「内山君。あなたってどうしようもなく屑ね」

 俺は松村先生から普段の素行の悪さを怒られていた。

「授業の態度、出席日数、テストの点数は毎回赤点。こんなんじゃ先が思いやられるわ。あなたは将来をどのように考えているのか、先生分からないわ」

 呆れる先生を見て落第生という烙印を押されたのだと、秀才な生徒たちが加担して俺を嘲笑う。
 学生というテストの結果が優劣の順序を決める社会だ。頭の良し悪しでしか語れない奴らを横目で見ながら、村松先生の話も流していく。

「いいです。放課後先生と残って補習授業です。わかりましたね」
「はい!」
「返事だけはすごく良いんだから・・・」

 授業が終わり、解放される放課後の楽しみを削られる苦痛を強いられる。補習授業は受けたくないだろう。――常識的に考えて。
 しかし、逆に俺はここぞとばかりに高らかに返事をした。


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 放課後になり、松村先生の指定した場所に足を運ぶ。
 そこは女子更衣室だった。普通、補習をやる場所とは思えない場所で、しかも誰が来るか分からない場所で俺は扉を叩いて相手に知らせた。
 「どうぞ」という松村先生の声が聞こえてきたので、俺は足軽に女子更衣室の中に入っていった。

「よく来たわね、内山君」
「そりゃあ来ますよ。補習ですからね」

 ニヤリと、同じ表情を浮かべて嗤い合う。
 先生は、ここで着替えたであろう、バニー姿で俺を待っていた。
 そう、これが先生が俺のために開いた補習授業だ。
 と言うより、杏(俺)が将平のために開いた小芝居だったわけだ。『錠剤』によって村松先生が俺の分身だと言う事を知ってから、さらに俺は悪行に拍車がかかっていた。
 先生の立場を使えば点数操作もお手の物だ。適当に学園生活を過ごしていれば先生から推薦状だって貰う事が出来る。苦労なく大学受験を乗り越えることが決まっている俺を、秀才を自称している生徒が知った時の依怙贔屓と阿鼻叫喚に騒ぎ立てる姿が容易に想像できるのが待ち遠しい。
 だから、後はこの適当な高校生活を如何に遊び尽すかだけを楽しめばいい。せっかく先生がいるのだから、考えることは一つだった。

      うーん、デカい

「勉強なんかよりも将来大切なことがあるでしょう?内山君が何人もの女の子を食えるよう、底無しのスーパーチ〇ポになるまで、これから毎日徹底的に鍛えてあげるから覚悟するのよ❤」
「うへぇ、勘弁してくれよっ」

 女子更衣室だけあり、扉には鍵が付いており、鍵を閉めれば中にいる俺と先生以外誰も入ってくることはない。先生のバニー姿で目を潤いながら、女子更衣室の特有のにおいと供に興奮を昂ぶっていった。

「さあ、はやくチ〇ポを出しなさい。先生の口ま〇こで溜まったチンカスを掃除してあげるわ!裏筋から尿道までくまなく舌フェラしてあげるから覚悟しなさい!」
「はいはい」

 そこにあった椅子に座り、ズボンから逸物を取り出すと、松村先生が床に膝をついて逸物の正面に顔を持って行った。皮を剥いて亀頭を曝させて、ところどころに付いてるチンカスを見て村松先生(俺)は恍惚とした表情を浮かべていた。

「まったく、チンカスを随分とためて・・・においも臭くて酷いモノね・・・。まったく、ちゃんと洗っているのかしら?」

 愚痴を言いながら口を開け、先生の口内にぱくりと逸物を咥えられる。

「ちゅぶ、ちゅぶ・・・・・・レロレロ・・・んっ、んふ・・・ちゅぱ・・・ちゅぱ、れろろろ~」

 松村先生が早速イヤらしい音を響かせながら俺の逸物をしゃぶり始めた。

「うはっ、きたこれ・・・ねっとりと、温かくて、ざらざらとした舌の感触が絡みついてきて・・・いいっ」

 うっとりした顔で亀頭をペロペロ舐め、裏スジに回って肉竿を伝っていきながら、唾液を塗していく。上目遣いでチラチラ見ながら、俺の顔をのぞいてくる。

「それにしても、酷い味ね。皮の中に、たっぷりのチンカスがびっしりこびり付いてる・・・じゅぽ、じゅぽ・・・・・・だが、こうして舐めとっていくと、不思議と体が熱くなって・・・・・・悪い気分ではないわ・・・・・・じゅる、じゅる・・・じゅぼぼぼぉぉぉ!!!」

 松村先生の口の中で丹念にチンカスがこそぎ落とされて綺麗にされていくのが分かる。先生の舌が様々な角度から絡みついて締め付けてくるので、それだけで射精感が跳ねあがっていく。

「流石です、先生。先生ほどフェラがうまい人はこの学園にいませんよ」
「当然よ。私は皆の模範となる風紀委員の先生なのよ」

 そうでした。先生は風紀委員でした。学園の風紀の乱れを正している、風紀委員の先生が淫らに俺のチ〇ポを咥えている姿を見るだけで、射精の準備が整っていくのだった。

「せんせぃ・・・お、おれ、そろそろ射精そうだ・・・」
「ギュッポギュッポ・・・・・・ひょう?んふぅ・・・それにゃら・・・ひいわよ・・・わらひの・・・くちま〇こ・・・
だひなしゃい!ヂュポヂュポ・・・ヂュッパヂュッパヂュパヂュパぢュブブブ!!!」

 先生も一度射精させようと躍起になっていた。だらしない音を響かせて、顔が前後に振りながらチ〇ポを喉奥に自ら挿し込んでくる。喉の奥の膜に亀頭が触れて思わず腰が震えてしまう。

「おほぉぉ~~ほッ!で、射精る~っ!濃いのいっぱい射精しちゃうよぉ~

 どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ~~~!!!!


 俺はたまらず射精を暴発してしまう。たちまち、先生の口の中が俺の精液に溢れかえっていった。

「くふぅっ・・・ドロドロの塊が・・・私の口へ送り込まれてくる・・・・・・えほっ、えほっ・・・」

 先生が咽ながらも口の中に精液を溜めこんでいく。頬を膨らませている先生の口の切れ端からも白い液が滴り落ちていた。
 やばいおぉぉぉお~❤小便する感覚で先生にザーメン排泄しちゃったよぉぉ~

「うっ・・・濃厚なオタマジャクシが・・・口内でウジャウジャと泳ぎまくってる・・・・・・なんて・・・・・・おぞましい量よ。喉にへばりついて・・・・・・はぁぁん。・・・ん・・・・・・クチャクチャクチャ・・・もにゅ❤もちゅもちゅ・・・くちゅ❤くちゅくちゅ・・・・・・」

 口の中でじっくり丁寧に味わいながら、噛みきりながら呑み干しているようだ。頬張りながらも、口の中を濯‐ゆす‐いでいる音が聞こえるのがさらに興奮する。

「ごきゅ・・・ごくっ・・・ごくっ・・・んあ~~

 先生の喉が動き、喉に落としていく。そして、息を荒くしながら先生は俺の精液を飲み干したように口を開けて中を見せつけていた。

「俺のザーメンミルクの味はどうだった?」
「まだまだ若いわね。熱くて、薄くて、くさい・・・とても美味しいと言える味ではないわ。・・・ゲェェップ」
「うへぇ・・・ザーメンゲップやめてくれよ」

 上品な先生の匂いがくさい。それはそれで、俺の興奮を滾る発火剤になっていた。先生の表情もいい感じに高揚している。

「はぁ・・・はぁ・・・ま、まだ一回だけで満足させないわよ。次行くわよ」

 先生はバニーのカップをペロッと捲り、その豊満な乳房を見せつけてきたのだった。俺の思っていることを当ててくる先生。阿吽の呼吸で俺と松村先生は思うことが一緒だった。
 
「じゃあ次は、先生の下品な乳をたっぷり使わせてもらうよ」


続きを読む

 朝6時30分。身体は昨夜の疲れで動くことは出来なかったが、慣れない環境変化に脳はたまたま起きてしまっていた。

「ふわあぁぁ~。もう朝か・・・」

 まったく、平日の朝はやる気が出来ない。もう少し寝ていたいという気持ちが優先して二度寝の危険を高めていた。毎日日曜日だったらどんなに楽なことか。
 それよりも先生のベッドの高級羽毛布団が身体を包んで放さない。俺の精神では抜け出すことができないくらい、柔らかくて軽くて心地よかった。普段の布団と全然違って体力の回復も捗る一品だった。
 仕方ない。先生の成分を強めていき、朝の支度だけでもやってもらうとしよう。俺の意識が沈むとともに、松村先生の意識が表に出てくる。パチッと目を開けて時間を確認すると、先生は布団から飛び出したのだ。

「いっけない!寝過ごしちゃった。このままじゃ遅刻しちゃうわ」

 先生からすれば俺が起きる時間では遅すぎるらしい。寝ぼけている俺とは違い、朝からテキパキと支度を始めていた。

「今日から挨拶週間なのに、水橋さんに怒られちゃうわ」
「(ああ、そういうことか・・・)」

 先生が慌てているのは風紀委員の仕事が今週はあったからか。俺には関係なかったことだが、先生はそう言うわけにはいかない。風紀委員としての仕事を生徒だけに任せるのではなく、先生自身も顔を出さなければいけない立場がある。
 軽くシャワーを浴びて来た松村先生はもう眠気はなくなっており、爽やかな顔をしている。化粧を決めていつもの白いスーツに身を包むと、学校へと向かっていった。
 ハイヒールで歩くと踝‐くるぶし‐に違和感を覚えるが、先生は既に慣れているだけあり、足早に歩いていた。
 学校に到着した時にはまだ生徒の姿はなく、水橋哀がいただけだった。

      怖い風紀委員長の笑顔

「おはようございます、先生」
「おはよう。朝からご苦労さま」
「挨拶は風紀の基本です。風紀委員として当然のことです」
「そうね。うふふ。水橋さんがいてくれて助かるわ」

 風紀委員としての使命を果たすために躍起になる委員長。その横で風紀のことなど考えていない俺が眺めているわけだ。
 ポツポツと風紀委員たちが混ざり、まばらにやってくる生徒たちに挨拶を交わしていく。風紀委員に混ざりながら、
そろそろ、調子をあげてきた俺は成分を増やして意識を切り替えていった。

「・・・?先生、どうしました?」
「ううん。なんでもないわ、うふふ・・・」

 途端に爽やかな表情からニヤけた顔つきになった松村先生に哀はなにか思ったかもしれないが、それ以上突っ込むことはなく、挨拶週間としての委員長の責務を果たしていった。

「(早く俺がやってこないかな~。・・・あああ、たまんねえぜ)」

 松村先生としてその景色を見守りながら、内山将平‐おれ‐自身が早くやってくることを待ち侘びていた。風紀委員がそろえば俺がいる必要もないわけで、トイレでも済ませて暇を持て余すのもいい。待ち侘びると言っておきながら、だいたい俺がやってくる時間は習慣的に8時を過ぎたくらいになることを知っている。それまでに帰ってくればいいのだから、20分近くは時間的に余裕がある。

「ちょっと、先生抜けるわね。あとよろしくね」

 風紀委員に声をかけて抜けると、俺はトイレに閉じ籠って松村先生の身体でオナニーを始めていた。
 その後、ようやくやってきた将平を発見して――いまに至る。


続きを読む

「おはようございます!」
『おはようございます』
「皆さん。声が小さいわよ。おはようございます!」
『おはようございます!!』

 風紀委員長の水橋哀‐みずはしあい‐を筆頭に、校門の前で風紀委員が挨拶週間の時期に合わせて登校してきた生徒に対して全員で挨拶をしていく。
 寝ぼけ眼でだるそうな生徒たちも、あまりにも威圧的な挨拶に思わず「おはようございます」と挨拶を返して校舎へ入っていく。それでも、

「おはよう・・・」

 一定数、空気を読まずに哀に対して気だるげな様子で欠伸を噛んで返事をする生徒もいる。脳に空気が届かず状況を理解せずに返事をする男子生徒の挑戦的にも挑発的にも取れる態度に、哀は眉間に皺を寄せていた。

「・・・なんですか?今の挨拶は!声が小さい。やり直し!」
「うへ・・・委員長は手厳しいなぁ」
「もう一度。おはようございます!」
「ごきげんよう!」
「ふざけないで!あっ、こらぁ~!」

 麗しくも高貴な威厳を持つ哀をからかう生徒を見ながら、俺、内山将平‐うちやましょうへい‐も適当に校舎の中に入ろうとする。

「おはようございます」
「ういーっす」
「はぁ~。これだから男子って・・・。どうして挨拶の一つくらいまともに出来ないの?」

 哀は頭を抱えながらも、嫌気が差したように校舎へ入るよう促した。
 しかし、校舎に入ってからも風紀委員の生徒たちが出張っており、普段誰とも挨拶をしない俺に向かって「おはようございます」と挨拶をしてきたのだ。その度に適当に返事を返しながらも、挨拶はやっぱりいいものだという感慨に耽るのだった。

「おはよう、内山君」

      再登場です

 そう言って声をかけてきたのは、風紀委員会をまとめる指導員で担任の松村杏‐まつむらあん‐だった。

「おはようございます」

 俺は風紀委員と同じ挨拶ではいけないと、ちゃんと先生に対しては真面目に挨拶をしたつもりだった。しかし、松村先生は怪訝な顔を見せていた。

「私との挨拶はそうじゃないでしょう?」
「・・・へっ?」

 すっ呆ける俺にあきれて先生は手をつかんで人気のいない教室へと入っていく。
 誰もいないことを綿密に見極めて、先生は俺の目の前で
手を器用に使いタイトスカートに忍ばせ、ショーツに隠れている秘部を撫で始めた。

「あっ、ああんっ・・・い、いいわね・・・このくらい濡れていれば・・・・・・」
「せ、先生!?」

 驚愕する俺の前で先生は象徴する白いタイトスカートを捲りあげて、ストッキングと供にショーツを下ろしていった。
 そして、教壇に腰を着き、自らの濡れている女性器を覗かせてきたのだ。

「さあ・・・今日も私のおま〇こに内山君のチ〇ポを入れるのよ」

 はっきりと松村先生はそう言った。真面目な先生が言うには明らかにキャラが崩壊していることに、俺は戦慄を覚えると同時に寝ぼけていた脳が活性化すると一緒に本能が目覚めていくのを感じていた。


続きを読む

↑このページのトップヘ