純粋とは矛盾色-Necronomicon rule book-

夢と希望をお届けする『エムシー販売店』経営者が描く腐敗の物語。 皆さまの秘めた『グレイヴ』が目覚めますことを心待ちにしております。

カテゴリ:グノーグレイヴ『洗脳』 > 宝石『宝石の君』

 時には夢として描かれる思考は、俺の持つ石を通して千歳にも流れ行く。
 思い描く最高の夢。
 朝起きた時、それは現実と化していた。

「んっ、んっ、」

俺の部屋でメイド服を着て千歳がしゃがみ込んでいた。一体どこで調達したのか、そしてなにをしているのか、俺には一瞬頭が働かなかった。

「なにしてるの?」

 千歳は一旦行為を止めて俺に挨拶をする。 

「おはようございます。ご主人さま」

      3c99c2fc.jpg


 思わず噴きだしそうになるのをぐっと堪える。千歳は完全に俺専属のメイドと化していた。

「お目覚めのフェラは如何いたしますか?」

 まるで夢の続き。掌で握る逸物は千歳にしこられているので一定の大きさに保たれていた。

「そうだな……一発、抜いてもらおうかな」
「かしこまりました、ご主人さま」

 俺からゴーサインをもらい行動を再開する。小さな口を大きく開けて千歳は俺の逸物を咥えこむ。
 首を振ってフェラをするメイド千歳は、見ているだけで俺を楽しませる。

「もっと奥まで咥えて」
「ん……かしこまりました、ご主人さま」

「(もっと尽くさなきゃ、もっと頑張らなきゃ)」

 千歳の心の声が『石』から聞こえる。奥に押し込まれる逸物は、千歳の軟らかく潤んだ口内のお肉と相まって、甘美を醸し出す。

「ちゃんと手も使ってしこってるんだぞ」
「ふぁい、ごひゅじんしゃま」

「(言うこと聞かなきゃ、言われたことやらなきゃ)」

 亀頭を舐めるときには逸物を握ってしこり続ける。俺の逸物は見たこともないくらい大きな朝勃ちになっていた。
 千歳が再び口に含んだ瞬間、限界は訪れた。

「ああ、いい……。でる!全部呑みこむんだぞ。おう!」
「ぶほっ!!!」

口内に発射される精子。その勢いについていけず、苦しそうにむせる千歳だが、一定のテンポで呑みこんでいき、零れた分は指で掬って再び口の中へ運んでいく。

「ごきゅ、ごきゅ、ずるずる、ぺちゃ」

 最後はジュースでも飲んでいるかのように最後の一滴まで飲み干して、美味しそうに息を漏らした。

「ごちそうさまでした、ご主人さま」

 俺に向けるその表情は、忠誠を誓った奴隷だった。

 

続きを読む

「千歳。一緒に帰ろうよ」

 放課後、澄子と一緒に帰る約束していた千歳だったが、黙々と鞄に教材を入れ続ける。

「……ごめん、一緒に返る予定だったけど、やっぱり、一人で帰ることにするよ」

 千歳の意見の反転に澄子は驚く。

「えっ?どうして?ベース教えてあげようと思ってたのに」

 やりたいことがあった澄子を無視して千歳は鞄を背負うと後ろのドアを開けた。

「もう私に近づかないで。澄子ちゃんなんて、大っ嫌い」

 信じられないとばかりに、縋る様に澄子が千歳の肩をつかむ。 

「どうしたんだよ、千歳?」
「触らないで、汚い」

 千歳の冷たい言葉に熱心だった千歳がついに折れた。手を放すと静かに千歳から放れていく。

「・・・・・・分かったよ」

 鞄を持つと、前のドアから出ていく澄子。

       8c773938.jpg

「ごめんね、千歳」

 最後に笑みを見せたのを最後に、澄子は千歳の前から姿を消した。
 澄子が見えなくなると、先程までの冷たい表情が一点、我に返って澄子を追いかけ始めた。

「わ、わたし、どうして………澄子ちゃん!澄子ちゃん!!?」

 階段を駆け下り、下駄箱へ飛んでいく。だが、澄子の既に靴はなく、校門を出て千歳の前から姿を消していった

「うええええええええええん!!!!!」

 千歳自身でやったことなのに、
 千歳が裏切ったのに、
 千歳は自分で後悔していた。
 
 家に帰ってから一度も部屋の外に出ていない。
 泣き続けて、着替えることも忘れて下着姿で眠っていたらしく、気付いて起きたのは夜の十時。
 六時間眠っていた。澄子との一件が千歳にはよほどショックだった。


続きを読む

      6c24855b.jpg

 目を開けると空と同じ青い天井が見えた。
 違うのは背中。硬い土の上ではなく、ふかふかのベッドの上だった。

「気が付いたか?」
「澄子、さん!!?」

 目が覚めて身体を起こす。

「ここは?」
「保健室。私が運んだんだ」

 そうだ、私。授業中に倒れて保健室に運ばれたんだ。たまたま一緒のペアになった新田澄子さんが看病してくれている。

「ごめんな、千歳。私が重いせいで。・・・甘いもの控えなくちゃいけないかな」
「ち、違うよ。私が気を失ったんだもん。私のせいだよ、私の――」

 そう、私の足下に忍ばせていたバイブ――そこで違和感に気付く。

「あれ?えっ?」

 下半身からの振動が止まっている。いや、なにかを挿れている感触がない。 バイブが私の身からなくなっていた。

「・・・これだろ?」

 澄子さんがバイブを取り出す。私の顔は真っ赤になった。

「その、見るつもりは更々なかったんだ。下腹部が震えている気がして、その、調べちゃったんだ」

 申し訳なさそうに告げる新田さんは席を外そうとする。

「待って!!」

 私は新田さんに飛びついた。その目には涙もにじんでいた。

「ごめんなさい!誰にも言わないで!!」
「言わないよ」

 違う。そんな悲しい顔で言わないで!

「軽蔑しないで!!そんなつもりじゃなかったの!わたし、わたし……」

 新田さんのシャツを握りしめる。涙で新田さんが見えない中、


「澄子さん、私の憧れだから、軽蔑しないでください…………」


 私は新田さんに告白した。絶対に私は新田さんの様に格好良くなれない。スポーツも出来ないし、ベースも出来ない。
 でも、だからこそ私は澄子さんを愛しています。

「だから、嫌いににゃらないでください!!!」

 涙ながらの告白。言葉がちゃんと言えてるか不安になる。顔があがらない私だったけど、

 すっと新田さんが私の涙を拭ってくれた。
 ようやく私の目に新田さんが映る。その表情は、笑顔で微笑んでいた。

「嬉しいよ」

 私は澄子さんに釣られて心から笑えた。

「ほらっ。私ってさ、こんな性格じゃん?今さら女の子っぽいこと出来なくてさ。……千歳に私の弱い部分を投影していた部分があったんだ」

 澄子さんの告白。決して会話したことが少なかった私と澄子さんだけど、今、保健室と言う二人だけの内緒の時間で思う存分、胸の内から話し合っていた。

「ねえ、あれ言ってよ」
「あれ?」
「さっき教室で可愛いって言われたあれ。私にも見せてよ」

 先程の件、澄子さんも見てたんだ。知らなかった。恥ずかしかったけど、二人だけなので特別だよ。

「ひとりでできるもん!」
「可愛い!」

 澄子さんが笑う。それだけで私は嬉しい。澄子さんが無造作に置かれたバイブを手にして私に手渡した。

「じゃあ次はさ、これ持って。で、前にオナニーを付けて言ってみてよ」

 澄子さんも言ってて恥ずかしくなったのか、顔を赤くした。でも、預かった以上、澄子さんの要求に応えようと思う。

      e83e53e4.jpg

「お、オナニーひとりでできるもん!」
「じゃあ、やってもらおうか?」

 澄子さんがバイブの電源をつけ始めた。うねり始めた。私はバイブをおまんこに挿した。

「ふあ!」

 内部を掻き回す振動。私のおまんこは既に愛液を垂れ流していた。

「ずっと入れてたんでしょう?じゃなきゃこんなにぐちょぐちょにならないよ。よく耐えられてたじゃん」
「もう、無理。外そうと、思ってて、外せなかったの」

 澄子さんが流れた愛液を指で掬って口に入れた。

「んん、甘い……また太っちゃうかな?」

 笑う彼女。私はもう我慢できなかった。
 
「澄子ちゃん!!」

 再び澄子ちゃんを抱き締める。

「お願い。私に澄子ちゃんの裸、見せて」
  

続きを読む

 授業がようやく終わり、急いで教室から飛んでいく千歳。
 行く場所はもちろん、お手洗い。身体に当たっているバイブをこっそり抜くつもりだった。もうショーツも足もびしゃびしゃだった。気持ち悪さと三十分付き合っていた最悪の授業だった。

 全部開いている女子トイレの扉。どこでも良い。一番近い和式トイレで良いのだ。
 でも――

「あっ、次の授業の準備忘れてた……」

 思い出したかのように呟いた千歳。急に不安になってしまい、来た道を逆に戻る。自分の机の上に次の授業の準備をしたら、もう安心だ。

(バカバカバカバカ!!!そんなの後で出来ることじゃん!!どうして今しなきゃいけないのよ!!?今しなきゃいけないことはバイブを抜くことでしょ!!?)

 再びお手洗いに向かう千歳。三度目の全力疾走。その間もバイブは膣を擦り、既にヌルヌルで奥までガバガバ入っていく。
 それを必死に声を殺し、ただトイレに入ることだけを考える。
 再びお手洗いに着き、無心になってる今の自分を思いながら和室トイレに入ろうとする――。


「あっ、シャーペンの芯、入ってるかな……?」

 
 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 結局千歳はバイブを抜くことが出来ず、休憩時間は終わる。千歳が再びバイブに悶える45分間は始まるのだった。

「次の授業……なに?」
「体育だよ?」

 私が一瞬で凍りつく。

「えっ?教科書は?シャーペンは?」

 友達が目を丸くしている。確かに私の机の上には、教科書が並べられている。しかし、よく見ればそれは先程終わった数学の教科書だった。

「そんなの一切使わないでしょう?」
「保健体育やりたいの?」

 友達がさも当たり前のように言う。でも、私にとっては絶望的だった。

 この十分間でなにしていたんだろうって思ってしまう。

 ぼうっとしている私を見て、友達は二人で笑いあった。

「はやく着替えましょう、千歳」
「手伝ってあげようか?」

 我に返ると、二人は私を羽交い絞めにして着替えさせようとしていた。無理やり剥がれて距離を取る。

「い、いいよ。今日は自分一人でやりたいの」
「一人で脱げるの?」
「ひとりでできるもん!」

      c376a16d.jpg

『可愛い!!』

 口を揃えて言う。結局それがやりたいだけなんだ。友達は満足して教室から出ていく。

「じゃあ早く着なよ」
「待ってるからね」

 笑いながら消えていく二人。ひょっとしたら彼女達なりに私を元気づけようとしてくれたのかもしれない。

 でも、一人残った教室でまた私は窮地に立たされる。

(どうしよう、今ブルマなんか着たら、すぐに色が濃くなっちゃう……)

 バイブに濡れたおまんこは既にショーツをぐっしょり濡らしている。替えの下着なんか持ってきているはずがない。つまり、ブルマを穿くとしたら……

(直接穿くしかないけど……そんなのイヤ)

 私の中で結論づいた。今日の体育は体調不良で休むことにしよう。それが一番良い。

(……でも……穿いてみたい……)

 何故だろう?私の頭の中に、ノーパンでブルマを穿くわたしが浮かんで見えた。
 私を魅了するわたし。
 恥ずかしいけど、今は赤いブルマに足を通したくてうずうずしていた。
 昨日スク水の上から穿いたブルマを手に取る。

「……最近の私、変態みたいなことしかしてないな」

思わず本音が出てしまった。
  

 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

「ン・・・はにゃぁ~ん」

      c155bfef.jpg

 先程、嫌と言っていたのが嘘のよう。
 濡れたショーツを脱いで、そのまま赤いブルマを穿く。普段何の違和感もなく穿いていたブルマだ。あっという間に着こんでしまった。
 思った通り、ブルマはおまんこの形にシミを作り、到底人前に出れるような状態ではなかった。
 シミだけではなかったからだ。ブルマも異様な盛り上がりを見せている。

 バイブだ。

 千歳はショーツと供にバイブを抜かなかったのだ。休憩時間で何度も抜き取る予定だったバイブを、結局今回も付けっぱなしにした。
 千歳がブルマを思いっきりあげる。ブルマが食い込み、染みはお尻まで広がっていた。
 ウイウイウイウイウイ……
 垣間見えるバイブと聞こえる機械音。

「スゴイ!なんか私、変態になったみたい!ほんとうに、変態になっちゃうよ!!」

 誰かが戻って見に来るかもしれないのに、既に千歳は一度火照った身体を鎮めるしか方法がなかった。

続きを読む

      95cbae26.jpg

「あ……。私、なんでこんな格好してるんだろう?」

 自分で言ってておかしくなる。私自身がやりたかった行為をやってなんで疑問に思ってるんだろう。

「スクール水着にブルマなんて、変態だよぉ~」

 でも、そんな格好をやりたかった自分。

 変態なのは、私。

 鏡に映る自分に顔が赤くなり、
 鏡に映る自分も顔が赤くなる。

「…………誰も、見てないよね?」

 まわりを気にして誰もいないことを確認する。自ずと右手がブルマを擦り、左手がスクール水着ごと乳房を揉んでいた。

       3ea6dfb6.jpg

「またイク!…………っはぁ!」

 本日五回目。こんなに逝ったことは一度もない。やり始めたら最後、私の意志は、身体が休みたいと言ってもやめさせてくれない。

「ああん!……また!また逝きたいって、思っちゃってる」

 汗のかいた乳首をまさぐり、糸の引いた指でさらにおまんこをかきまわす。私がやりたいと思ったこと。ぜえええんぶ、わたしがしたいこと。

(剥き出しのクリトリスをしこったらどうなるんだろう?)
{しこりたい、しこりたい、}
(しこりたい、しこりたい……しこってみたい!)

 真っ赤に充血したクリトリスに臆することなく直で触った瞬間、神の裁きの様な電撃が身体中を駆け巡り、弓なりに仰け反らせた。 

「ひいいいぃぃぃ、イク、イクイクイク、また、逝っちゃうよおおおお……あああ!!!」


 六回目にもなると身体が馬鹿になった様に堕落する。噴きだした愛液は部屋全体に飛び散る。濡れたベッドの真ん中で、わたしは満足気に微笑んでいた。

「ん……はぁ。良く寝た」

 裸のまま寝ていた天野千歳は起きて草々自分の格好に恥ずかしくなってしまった。さわやかな朝が一転、昨日のことを思い出したら思わず顔から湯気が出そうだ。

「昨日はどうしてあんなにしちゃったんだろう……欲求不満なのかな?」

 「早く着替えなくちゃ」、と昨日のことを忘れようと制服に着替えようとする。濡れたスク水と体操服を洗濯かごに入れ、戻ってきては下着に着替えようとする。

「そうだ。忘れてた」

 ふと、なにかを思い出したかのように、机の中からある物を取り出す。それはバイブだった。男性の逸物をしたものをいつの間に手に入れたのかは定かではないが、千歳は電気が切れていないか確認すると、電源をオンにしたまま、いきなりおまんこに咥え始めたのだ。

「んんっ……!!!」

 バイブはうねりながら、まるでドリルの様にゆっくり確実に奥へ進んでいく。やがて、シリコン部分をすべて咥えた千歳は満足したように大きくため息をついた。

       148b791c.jpg

「これで、やっと、下着が穿ける……」

 なんと。彼女の中ではショーツを穿くにはバイブを突っ込まなくてはいけないのか。しかし、千歳は足を震わせながらショーツを穿き、スカートをつけて制服姿に身を包んだ。

 だが、その時には千歳は既に、本日一回目の絶頂へ到達していた。

続きを読む

↑このページのトップヘ