純粋とは矛盾色-Necronomicon rule book-

夢と希望をお届けする『エムシー販売店』経営者が描く腐敗の物語。 皆さまの秘めた『グレイヴ』が目覚めますことを心待ちにしております。

カテゴリ:グノーグレイヴ > 原作設定

      ば、番外なのに・・・可愛い

電撃戦人ニンフ

HP70MP50、攻撃50、防御45、魔攻50、魔防30、速さ70

age 0 sex 女性 voice 伊澤詩織


 拓也により新たに作られた『アンドロイド』。握出と正義の使者―デモンツールズ―の動きを止めることだけを命令されており、デモンツールズのように心を持って生まれてはいなかった。
 電流を司ることができ、スカイツリーの電流を全て落としてエレベーターさえ使えなくした。
 相手がニンフに触る、もしくはニンフが相手に触ることができれば筋肉を操ることもでき、また、快感と言う電流も送り込むことができる。

 ニンフと供に『氷結の魔女―マサラ―』と『灼熱奏者―アルタ―』が生産されている。

 マサラはジャッジメンテスとの戦いにとっておき、
 アルタは三姉妹の真実に登場する予定だったのだが、作品の都合上ニンフのみとなった。

      27f21bb1.jpg
      
握出紋

HP0、MP0、攻撃0、防御0、魔攻0、魔防0、速さ0

職業:営業(旧世界も同様。営業部長)

age  43 sex 男 voice 千葉 繁




グノーグレイヴ:『現在に住まう上級悪魔―マスター・オブ・ベルダンディ―』

 千村拓也に理想郷から弾かれた握出が、現在という時間軸に取り憑いて具現化した仮初めの姿。
 過去を振りむけば握出紋は死亡しており、未来を見つめれば握出紋の名前はどこにもない。ただし、現在にだけは永遠に生き続けることができるようになった。
 特に力を得たわけでもないが、現在にだったら誰でも呼び出すことができるようになり、その力は精霊にすら語りかける。そして、精霊やお化けが現在の扉を開けたものなら、呼び鈴を鳴らして知らせることができる。
 現在―いえ―に呼び寄せた者を温かく歓迎することで、握出の求めていた理想、『エムシースクウェア』は規模が大幅に小さくなったが成就するにいたった。

 オカルトな力を手に入れたことを握出は喜んでおり、飲み会の持ちネタにしようと考えているという。
 死亡しても握出である。場を愉しませることに関してだけを考えているのであった。

      孤独なラスボス・・・

千村拓也

HP100、MP∞、攻撃∞、防御∞、魔攻∞、魔防∞、速さ50

職業:監督(旧世界も営業)

age  23  sex 男 voice 日野 聡

 新世界トラディスカンティアを生みだし、『アンドロイド』たちを作り出し、真の平和を模索した少年の果て。上のいる社会など消し去り、若者による自由な世界を作り出すために、血ヘドを吐く思いで精進した結果、理想郷を具現化することに成功した。
 そこには大人は誰もいない。若者による、若者のための社会が生まれ始め、喧嘩やいがみ合い、嫉妬、恨みがない平和な世界が築けるはずだった。
 若者のために最後まで闘い、姿勢は正義ではなく、騙されても信じる心があってこそだ。その心に世界―デルトエルド―は答えたのだ。
 だが、いつしかグノーグレイヴに取り込まれ、新世界が崩壊し始めて三年という時間は、拓也を誤った方向へと加速する。


グノーグレイヴ:『無限の理想郷―アンリミテッド・トラディスカンティア―』


 拓也が生みだした新世界の果て。理想郷へと進化した世界は秩序や常識が未だなく、若者によって作られるはずだった。拓也はその姿を見つめ、大人による介入があった場合、『自然具現剣』という十一種の自然による破壊を任される。自然を操るということは人間を操るということ。
 特に十一種を合わせた剣、『無想剣―ラグナロク―』は一振りで拓也に勝利を呼び込む威力を持つ。
 抑止力となった拓也に勝てるものは誰もいなく、また拓也という存在すらやがてはなくなり世界と一体化する。それこそが拓也の理想だった。
 正義と名乗る資格はなく、グノーグレイヴに頼った裏切り者と言う張り紙のついた拓也にはもう、理想郷に住む資格は持っていなかったのだ……。

      bf002d65.jpg

絶対の王ガストラドゥーラ

HP20、MP20、攻撃20、防御20、魔攻20、魔防20、速さ20、可能性∞

職業:なし(子供だから――)

age 2  sex 女 voice こおろぎさとみ

 ブリュンヒルドと握出の間に生まれた新世界で唯一の子供。
 新世界と共存したブリュンヒルドの血を受け継ぎ、拓也以外に世界と共有することができる。そしてその無邪気さから世界と会話することができ、既に時を止められるほどの力を持つ。

 さらに握出の血を受け継いでいるため悪知恵と支配力は強く、特にブリュンヒルドも合わさり、他者を動かす能力は人一倍強い。だが、ガストラドゥーラには操るという概念はなく、その愛jくるしさから可愛がられて喜んでいるだけにとどまっている。

 世界の力を借りて作る『自然具現晶』で遊び、能力の弱さを全く感じさせない威圧感を持つガストラドゥーラの命令に拒否することはできない。
 グノーグレイヴも子供であるガストラドゥーラには反映することができなかった。
 無邪気さ故にガストラドゥーラに悪意を向ける者には、世界の抑止力が働く。


      bb2fdc19.jpg
      

白神楽の姫―ノルン―

HP75、MP60、攻撃35、防御70、魔攻55、魔防70、速さ40


職業:姫君(旧世界では存在しない)

age 21  sex 女 voice 柚木 涼香


 グノーグレイヴによりジャッジメンテスが進化した姿。白夜に住む国の姫でなり、国民たちを守る力を持っている。その力は数で襲ってくる国に対してさらに上回る数で押し返し、反魂の力すら持つといわれている。

 もともとリーダーシップを持つ彼女を慕う国民は多く、多ければ多いほど彼女は強くなる。
 御恩と奉公の関係を崩さず、一撃放たれる『ラド』は正義と言う強制すら吹き飛ばす力がある。
 姫に心から忠誠を誓う四人の悪魔は、本当に悪魔と言えるのだろうか・・・。

 拓也との最終決戦の末に一度だけ姿を変えて戦うが、名前を名乗ることなく過去の遺物となって消えていった。


グノーグレイヴ:『誰かの願いがかなう場所―ラド―』


 『Legend And Destiny Obsoleteの頭文字』。ノルンが住む、白夜の国の名前そのものが力となる。

 過去の栄光も名誉も教科書の中にしか存在しないが、その上を歩く現代を生きるもの達へ送る一撃。その人が生きた軌跡を繋ぎ、紡ぎ、受け継がれる世界は今もなお根強く生き続ける。
 それがしつこいと足蹴りされるのかは今を生きる者たちの受け取り方一つである。
 正義と取るか悪と取るかで、ノルンは魔女にでも姫にでもなれる。
 

      戦女神モード

採魂の女神ブリュンヒルド

HP70、MP70、攻撃70、防御70、魔攻70、魔防70、速さ70、

職業:女神(旧世界では大学生だった)

age 21  sex
女 voice 水樹奈々

『ただの線を描く画家レプリカント・ツアー・コンダクター』によって新世界に現れた正義の使者。だが、ブリュンヒルドは旧世界で拓也の目の前で握出に消された『アンドロイド』を新世界に連れてきているため、拓也にとって思い出深い『アンドロイド』である。そのためか、その姿は拓也の恋人である高橋由香を模範しており、拓也への愛情まで受け継がれているのはそのせいである。
 
 採魂の炎により世界と共存し、新世界に住む全人類の母親という存在を担う。よって、全人類はブリュンヒルドの子供であり、『洗脳』と『先導』をすることができ、また子供が暴れないよう『躾』までこなすことができる。だが、高橋由香の性格上、自由に育てることをさせがち。
 子供には子供の生き方があるので、強く言うことができない。そのせいか隣に寄り添うセンリに対して強い母性愛を与えていた。
 だが、拓也の力を回復させるため、そして握出との決断のために、覚悟をもって自分の身体を使ってでも時間稼ぎをするという方法を取った。
 勝負ではない。説得交渉こそブリュンヒルドの戦い方である。

 『母』とは正義で子供を育てるものではない為、正義の死者の中で誰よりも正義について弱い考え方をもつ。やらなければならない強制を受け、子供を死なせてはならない母の後ろ姿が、誰よりも『神』に近い正義の称号を授かった証である。

 採魂とは再婚のかけ言葉である。



グノーグレイヴ:『採魂の炎―トゥハート―』


 新世界とブリュヒルドを繋ぐ炎。
 母と子どもを繋ぐ炎。
 愛があるから守ろうとして、
 愛があるから強くなれる。
 新世界の治安と平和を守るため、洗脳、強化、補助全てを担う魔法の『力』。
 だが、その実、大鎌『アポカリプス』を封印する炎とも言われており、解放すると世界は悪に支配される。


      e8349dec.jpg

時の振子―デルトエルド―

グノーグレイヴ:『時を管理するメトロノーム―トップ・オブ・ザ・ワールド―』

age 0  sex 女 voice 丹下 桜

 千村拓也が作りだした新世界―トラディスカンティア―の生命ともいえる時の管理者。世界そのものでありその擬人体。その力はグノー商品『時計』よりも影響は強く、新世界の時を自由に操ることが出来る。
 早めたり、遅くしたり、止めたり、動かしたりも自由。デルトエルドと供に動く者に時の負荷は一切受け付けない。

 拓也と供に新世界にあるはずの『他が為にありし新世界』を探している。
 そこにはグノーグレイヴより生まれた『根底の渦』があり、新世界に住む人を一斉に管理することが出来ると言う。


 だがそれは新世界の再編を意味しており、デルトエルドの寿命も大幅に削る行為である。デルトエルドは拓也に告げておらず、黙って今も地平線の向こう側を探している。

      550c707d.jpg
天邪鬼―カンナビ―

HP90、MP15、攻撃85、防御15、魔攻85、魔防15、速さ80

職業:暗黒剣士(旧世界では存在しない)

グノーグレイヴ: 『開幕せし大歓声の舞台―ダンサー・イン・ザ・エンドレス・ワルツ―』
         『TS・AM―トランス・アム―』

age 18  sex 女 voice 田村 ゆかり

 ポリスリオンがカンナビと向きあった本当の姿。反発していた心がなくなり、一途に愛を求める鬼となってしまった。
 握出を喜ばすためなら手段を選ばず何でもやってしまう。

 剣を扱うことをやめ、拳によって襲い掛かる。だが、闇雲に襲うのではなく、握出からみると踊っているのだと言う。そして、一度踊りだせば止まることはない。
 『開幕せし大歓声の舞台―ダンサー・イン・ザ・エンドレス・ワルツ―』中のカンナビは例えHPが0になっても踊り続け、相手が敗北を認めても「引き分け」に持っていく。
 追うのでもなく、逃がすのでもない。『逃げ場なき断崖絶壁の場―クォド・エラト・デーモンストランドゥム―』へも到達させず、ただ相手を追いつめることだけを快感としている。

 カンナビの本当の恐ろしさは、カンナビの攻撃を受けると、絶頂に逝くことが出来なくなる。感じることが出来なくなった身体は、拳で殴られると純粋に痛みだけを脳に与え、普段の殴りなんかよりも十倍近い激痛を伴わせる。

 ポリスリオンの『粘土』を取ると目覚める。心がなくなるため、握出以外に誰も押さえつけることが出来なくなる。

 握出が目指したポリスリオンの最終形。

14e7becf.jpg千の弓使いメタモルフォーゼ
HP75、MP60、攻撃40、防御40、魔攻45、魔防45、速さ80
(『メタモルフォーゼが身体を手に入れた後の能力。以前は相手の能力に+5ずつ』)


職業:声優(旧世界では俳優だった)

age 16  sex
女 voice 藤田咲


『ただの線を描く画家レプリカント・ツアー・コンダクター』によって新世界に現れた正義の使者。しかし、自分の身体を持たない正義の使者でも未完成のまま産み落とされた。
 道化として生き、偽物という言葉に劣等感を持ち、常に本物に対して執着している。
 千の弓―かお―という異名を持ち、自分を矢にすることで相手を貫くと、相手と全く同じ姿になることが出来る。
 自己を相手と同調することで存在することが出来た使者であり、しかし尤も難しい部分で産み落とされた使者であった故に未完成である。
『変幻自在の俳優―アンリミテッド・メタモルフォーゼ―』は未完成の力であり、メタモルフォーゼが本物を理解した時に、本当の力を開花させる。
 ポリスリオンに敗れてからはグノー商品開発室で品質向上の道具として扱われている。



グノーグレイヴ:『変幻自在の俳優―アンリミテッド・メタモルフォーゼ―』


 メタモルフォーゼに貫かれた人物に変身する能力。そしてその人物の持つ潜在能力をメタモルフォーゼが引き出し、メタモルフォーゼの力に変えてしまう力。
 故に貫かれた人物はメタモルフォーゼに勝つことはできない。出来たとして引き分けまでである。


グノーグレイヴ:『臨機応変の声優―アンリミテッド・ドリーム・ファクトリー―』


 メタモルフォーゼが手に入れた本物の力。相手の声に同調する力。しかし、その声は相手の心に直接訴えかけ、メタモルフォーゼが相手の心としてすり替えてしまう能力。その間メタモルフォーゼの身体は思念体であり、攻撃を一切受け付けない。声を吹き替えられたキャラクターとして相手を操り、キャラクターが倒されたとしても心は次のキャラクター―仕事―へと流れていき、メタモルフォーゼを倒すことは永久に不可能となる。
 人との繋がり、人との同調により手に入れた正義の使者の最終形。
 その力は悪魔と成った快楽の女王―リリス―の『たゆたう快楽の睡眠薬―ジ・エンド・オブ・ホワイト・アルバム―』と匹敵する力がある。


      快楽の女王―リリス―

快楽の女王リリス

HP65、MP60、攻撃45、防御45、魔攻55、魔防55、速さ60

職業:暗黒魔道士(旧世界では存在しない)

グノーグレイヴ: 『たゆたう快楽の睡眠薬―ジ・エンド・オブ・ホワイト・アルバム―』
         『溺れる快楽の歓楽街 ―ナイトメアシティー―』
age 18  sex 女 voice 鈴宮 理恵


 グノーグレイヴによりツキヒメが進化した姿。子供の面影は一切なくなり、快楽を求めて襲い掛かる悪魔になってしまった。
 鋭利な爪で攻撃し、常に『たゆたう快楽の睡眠薬―ジ・エンド・オブ・ホワイト・アルバム―』が身体中をめぐっている為、引っ掛かれば毒を受けるように眠気が襲ってくる。
 そして眠った相手には快楽の夢を見せ、三日三晩起きることはない。
 相手が見ている夢はリリスの栄養分となり、相手が目を覚ました後には虚無感と陰鬱さだけが残る。
 また、レムとノンレムという衝撃波で眠気を誘い、催眠術をかけて加速したように錯覚させることもある。
 力を眠らせることが出来、グノーグレイヴに頼るものには絶対に負けることはない。

 ただし、リリスになる時間は限られており、せいぜい十分程度。過ぎれば再びツキヒメとなってしまう。
 握出を目指したツキヒメの最終形。


 

↑このページのトップヘ