純粋とは矛盾色-Necronomicon rule book-

夢と希望をお届けする『エムシー販売店』経営者が描く腐敗の物語。 皆さまの秘めた『グレイヴ』が目覚めますことを心待ちにしております。

カテゴリ:悪魔 > 悪魔『早着替えの曲芸師』

 ヤリマン・・・美姫が・・・?
 誰からも好かれているから魔性の女という噂がたっても、噂は所詮噂。証人がいなければ立証もできないことで、彼女の噂を証明することは今まで誰にもできなかった。
 噂と現実の二面性が入り混じる彼女で、清楚で潔癖な純粋無垢な姫を僕を含めた男性たちは信じていた。
 それを・・・こんな形で――彼女の口から真実を聞かされるなど夢にも思わなかった。

「俊哉くん、ごめんね。私は俊哉くんが思っているほどの清楚な女性じゃないんだ。一週間前はサッカー部部長の三宅くんとしたし、一昨日は家庭ゲーム部部長の亀田くんに負けて罰ゲームで挿入れちゃったな」
「・・・・・・やめろ」
「亀田くんったら私の全身を舐めまくって本当に気持ち悪かったわ。んーでもぉ、おちんちんは臼田先生よりも大きかったから超気持ちよかったんだけどね」

 彼女の口から告げられる爆弾発言。自分の知っている生徒、先生たちの名前が次々に暴かれ、顔と名前が一致してしまう僕にはものすごい吐き気が込み上げてくる。

「あ、そう言えば私、この件は誰にも言たことがなかったけど、一回子供だって下ろしたことが――」
「やめろおおおぉぉぉぉ!!!」

 僕は思わず叫びあがってしまう。美姫が告げる真実がリアルすぎて、僕の頭の奥をぐちょぐちょに掻き混ぜていた。口の端から粘り気の強い唾が垂れ落ちていった。

「・・・・・・ね?私って俊哉くんが思っている以上に波乱万丈の人生を送っているんだよ?」

 自分が起こしてしまった事実。本人が隠しておきたかったことを悪魔の力を借りて赤裸々に告白する美姫は清々しいほどの笑みを見せていた。
 僕はもう、美姫の姿が霞むほど涙で前が見えなくなった。

「ぅぁ・・・ぁぁ・・・・・・」
「この歳でやっちゃいけないことってあると思うけど、でも、実際遭遇したらどうしようもなくない?だって、感情に流されてナマで犯してほしいってどうしようもなくなる時が私にはあったんだよ。そしてそれは、今も変わらない。ピルを飲んで避妊はするけど、大好きなセックス依存症はどうしても止められないのよ、私は」
「そんなことない・・・・・・僕は・・・・・・」
「信じてくれないの?私自身が直接教えてあげてるのに?」
「悪魔の声に耳を傾けるなんて・・・・・・」
「優しすぎるね、俊哉くんは。でも、それだと人生損するよ?」
「ふざ、けるな・・・・・・おまえ、なんかに・・・・・・」

 震える拳と供に湧き上がる感情。悟っている表情をする美姫と悪魔の道化師の表情が重なり合う。
 一緒にいた時の想い出も、美しい過去も、彼女の告白ですべてが消えていく。いや、消えるわけではない。美しい想い出が、どす黒く汚れていくのが分かった。

「俊哉くんだって、本当は望んでいるんでしょう?ねえ、素直になろうよ?私を犯したいんでしょう?」
「くっ・・・」
「いいんだよ。私を犯したって。だって、私にとって俊哉くんもただ一人の男の子っていう印象でしかないんだから」
「本じょう・・・・・・美姫っ!」

 いい。分かった。僕の勘違いだ。
 美姫を救おうとした。頑張った。
 でも、ダメだった。彼女はもう、救えない。
 悪魔じゃない、人間として救えない。
 表に出てこない闇を悪魔は露呈させた。むしろ、悪魔の方が正しいことのように思える。
 僕も彼女に騙されていたのだから。
 下手したら僕も一生彼女に騙されて生きていたのかもしれない。
 他の男子生徒、先生たちと同じように魅了されていたのかもしれない。
 それほど彼女は最低の人間だった。
 人を殺しているような人間だった。
 許さない。僕は、本条美姫を許さない――。

「きゃっ!」

 力いっぱい壁に押し付ける。細い華奢な美姫の身体は簡単に動いて僕に引きづられて供に細道の影に隠れていった。そして、力いっぱいに彼女の制服を破りすて、豊満な乳房にしゃぶりついた。
 僕自身ここまで美姫に横暴な行動ができることに驚いた。

「け、ケキャキャ!そうだよ。それでこそ俊哉くんだよ。私なんか気にすることなく、自分のやりたいことをやればいいじゃない。大好きな私を犯したいって思ってたんだよね?」
「はむ。むぐむちゅっ。ちゅぱ・・・ちゅぺ・・・」
「ひぅん、は、はぁん・・・。気持ちいいよ、俊哉くぅん。あはぁん」

 五月蠅い、黙れ。僕の心を決め込むな。
 好きとか、嫌いとか関係ない。
 これは当然の報い。当然の裁き。
 しっぺ返しが来ればいいとか、他人の力を借りるまでもない。
 僕自身が彼女を犯す、ただそれだけのこと。
 大好きなセックスとか言っていた彼女が嫌いになるほど、セックス狂いをさせてやるんだ。

「むぐぅ!むちゅ!ちゅぶぶぶぶ!!?」

 彼女の頭を掴んで強引に喉奥までいきり立った逸物を突っ込ませる。イラマチオだ。

「えほ、えほ、ふぐぅ!?ふごごごぅ!!」
「歯を立てるな。奥まで飲みこめ。唾液を絡ませろ」
「ふご、ふご・・・ぉぇっ・・・ぐふぅ」

 涙目を浮かべながら僕の逸物を指示通りに飲みこむ美姫。彼女を支配している感覚が頭の奥で鋭く刺さった。

「ちゅぶちゅばっ・・・えふっ、えぐぅ・・・ふぅぅ・・・」

 今まででかい態度を取っていた彼女がしおらしく僕に従い身体を差し出す。露出した乳首も突起しており、Mっ気質の高いことが伺える。
 散々男性を誑かしていた彼女を僕が正すんだ。狂った者同士、落ちるとこまで落ちてしまうように最後の仕上げを整える。

「んっ、ぐぅっ・・・んんっ・・・!」

 美姫の片脚を持ち上げ、彼女の口で舐めさせた逸物を突き上げるように挿入する。立位プレイだ。

「き、きつい・・・ん、ふぅ、ふぅ・・・」

 慣れていないプレイのせいか、顔をしかめ、大きく呼吸を整えようとする美姫。僕は腰をゆすった。

 ――じゅぷじゅぷと、卑猥な音と供に愛液が溢れだす。

「あっ、はぁ・・・んっ、んっ、んくっ・・・あ、んんっ」

 息を荒げ、控えめではあるが快感の声をあげる。美姫が声を殺しているのはそれでも世間体を気にしているのもあるのかもしれない。誰が入ってくるか分からない状況で、長くセックスを楽しもうとしているのかもしれない。
 腰を振るたびに揺れる美姫の胸。密着している状況で繋がる僕と美姫の吐息がお互い相手にかかるのだった。

「ひくっ、うあっ・・・ああんっ!」

 挿入する逸物がまっすぐ美姫の膣奥に潜り込み子宮口に当たると美姫は痙攣し、僕の逸物を締め付けていった。

「ふぐぅ!ぅ、んんうぅぅぅん!!」

 一際強く奥まで突き上げると、我慢できない美姫の喘ぎ声が漏れだしていた。一度零れた快感に彼女は流されていくだけだ。世間体も関係なく、次第に人々に聞こえるくらい大きな声を出すようになっていた。

「これぇ、しゅごいのぉぉ!!俊哉くんのおちんちんがぁぁぁ!一気に奥まではいってくりゅのぉぉ!!たまらにゃい!!きもちひぃぃ!!」
「うるさい、だまれ。黙って僕に犯されろ」
「ひぃっ、ひぃぃ!むりぃ・・・こんな気持ちいいセックシュ、我慢できにゃいぃぃ~!」

 泣き、悦び、震え、悲願する。

「お願い、いかせてくらしゃい!ううっ、が、我慢っ・・・が、まん・・・・・・でき、うぅぅうっ、うぐっ、んぐくぅぅううぅぅっ!」

 歯を食いしばり、白目を剥いてまで堪えようとし、そのまま絶頂に達しようとしている。
 その美姫の姿は滑稽で、僕の支配欲を最高に満たしていた。

「らひて・・・・・・おくに・・・・・・俊哉くんのせーえき。ほひいのぉぉぉ!!!」

 欲しかったらくれてやる。これで最後だ。
 これで決別だ。
 大きな塊が逸物の奥から競りあがってきた。そのまま美姫の最奥に、精液を送り込んだ。

 どびゅるるっ!びゅるぅ!びゅぼぶぅぅぅっ!

「ひぅぅぅん!!!あちゅいせーえき。お腹にはいってくりゅううぅぅ・・・・・・」

 美姫が痙攣し、何度もイキ続けるのを押え込みながら、最後の一滴まで彼女の意志関係なく僕の精液を飲み干すように彼女の子宮が動いていた。

「はぁ、はぁ・・・・・・、んっ、ふ、ふふふ・・・・・・」

 僕の精液を啜り取った彼女が笑みを浮かべる。あれだけ横暴な行為をした僕に対して、美姫は何事もなかったように制服を脱いで変わりの体操服へと着替えていった。

「お互い利害が一致したね。あなたは私の身体を。そして私は貴女のカラダを。一時の至福をありがとう」

 彼女にとって僕はただの男子生徒。そして、セックスフレンド。
 ただ、それだけの関係。
 そういうプレイを済ませた彼女は、役目を終えた僕の元から姿を消していった。

続きを読む

 道化師――サーカス等見世物でお客を楽しませる人のことを指す言葉。滑稽な格好と曲芸的な行動、言動が得意とする彼の活躍でお客は日常を脱し、非日常的な世界に連れ出してくれるのだ。
 しかし、そんな彼が本当に日常に現れるとこんなに恐怖するのだろうか。夕焼けに染まる仮面。股の別れたピエロハットと血のように赤い全身コスチューム。
 彼を目撃した瞬間僕の身体は瞬間的に凍り付いた。毛が逆立ち、震えが止まらない。それは対峙する以前の問題で、今の僕は捕まっている美姫と全く同じ表情を浮かべていたに違いない。

「たすけて……」

 美姫がもう一度僕に助けを求めたが、僕は耳に入っても声を出すことは出来なかった。 

「あー?なんだいきみは?」

 彼の方が僕に訪ねてくる。きみはだれ?それはこちらの台詞として返したいくらいだった。

「あーあ、本当は誰にも見られずに事を済ます予定だったんだけどな。駄目じゃない。観客が楽屋にやって来ちゃ」

 道化師に楽屋というものがあるのだろうか。彼はそんな大層な役者なのだろうか。そう、彼にとって僕と対峙している状況は、まだ裏方なのだ。表に出てくる時の姿ではないのだ。道化師としての格好をしていながら、それはまだ非日常の格好なのだと知っているのだ。

「事を済ます……?」

 美姫は震えた声で聞き返す。その彼が発した台詞の言い回しの真意を――

「ああ。お前さんは俺様と相性が合いそうだからな。しばらくお前と供に行動させてもらうことにするんだよ。俺様だって未だに生まれてこの方時間が経ってないからな。この世界の状況を知るための隠れ蓑にさせてもらうんだよ」
「隠れ蓑……?」

 彼の言うことがまるで理解できないでいた。生まれたばかりで世界の状況を知るとか、彼がいったい何者なのかも理解できない。なにが目的なのかも理解できない。
 美姫をどうするつもりなのかも理解できないでいた。
 疑問を解決するために話し合う。僕は彼のことを理解したくて自ずと口を開くことが出来た。

「待ってよ。貴方の言うことが分からない。貴方はいったい何者なんです?なにが目的なんですか!」
「アヒャヒャ!俺様は『早着替えの曲芸師』。言ってしまえば『悪魔』さ」
「悪魔・・・・・・はあ!?」
「あーあ。やっぱり分からないか。悪魔なんかこの世にいないって言うのかね?」

 僕の叫びを聞いて、彼は全てを悟ってしまった。しかし、彼は落胆はしていない。むしろ楽観していた。

「残念ながら『悪魔』はこの世に無数に存在してるぜ?俺様の仲間もそこかしこに散らばっている。おまえ達『人間』なんて『悪魔』である俺様たちにとって雑魚なんだよ。アヒャヒャヒャ!!!」

 人間と悪魔……そこに分かり合う必要などない。別種であり、 異端であり、次元が違うはずの存在なのだから。

「まだ俺様の言うことを疑ってるんだろ?それならこれを見れば一目瞭然だろう。・・・・・・ほれえ!」

 彼はさらに自分の言うことに間違いがないと、立証するように彼の仮面を外した。素顔を見せた。
 見せたはずだった。
 顔はなかった。
 目も、鼻も、口も、前髪も、全ては闇に消えていた。
 仮面によって顔を作っていた。それが彼の正体だった。その衣装の中も、そのピエロハットの奥も、全ての答えは闇に消えた。
 僕も美姫も声を失った。叫ぶ気力すら湧かなかった。恐怖が凌駕すると人は青ざめることも脱力することも、泣くことも息をすることも失うのだと、この時知った。

 「アヒャヒャ!いいねえ、その表情。絶望―かんき―するその表情が俺様の生きる糧となるのよ!俺様人の歓喜する表情大好き!もっともーと驚かせてやるんだよ!」

 彼は善という感情はなかった。悪意に満ちて、嫌がらせをすることに長けていた。見たくない、聞きたくない。触れたくない、嗅ぎたくない――そんな恐怖を体現することを無理強いにしてくるように、 無理やりショーの開幕を知らせたのだった。

「観客はたった一人。だけどお前さんのために特別に見せてやる。俺様の最も得意とするショータイム――『高速かみな脱皮』!」

  
続きを読む

「『正義』は誰の心にも存在すると思うのだ」

 村崎色はそう語り始めた。 

「当然だろ?人が『行動』するのに目的も目標も持たないはずがないだろう?今日一日何かをするために目を覚まし、何処かを目指して歩みだす。誰に言われるわけではなく、自分の目標のために人は行動を起こす。――つまりそれは『正義』の心だ」

 誰のためではなく、自分のため。自分の幸せのために行動する。それが人。それが本能。
 思考があり、思想があり、理想があり、私欲がある――

 しかし、そこにはダレもいないのだ。 
 自分の、自分による、自分のための幸福――そのために犠牲になるダレか。
 ダレが傷つこうと――、
 ダレが泣こうと――、
 ダレが痛もうと――、
 自分だけが幸福なら、それは 世 界 で 只 一 人 の 成 功 者 なのだと――

――貴女は、それも『正義』だと思いますか?

「ああ、思うね」

 色は即答した。迷いなく答えた。「それも一つの『正義』だ」と。
 自分のみの幸福を追求し、味方が全員瀕死の重症を負おうと、見方を変えればそれは一つの『正義』の在り方なのだ。
 彼女の前に敵はいない。
 彼女の横に味方はいない。
 彼女の後ろには誰もいない。
 誰と比べることのない幸福なら 世 界 で 只 一 人 の 生 存 者 なのだと――

――貴方は、それが『正気』だと思いますか?

 戦場に残された彼女に笑顔はない。
 戦場に残された彼女に悲壮はない。
 戦場に残された彼女に表情はない。 
 そうやって生まれた彼女に、『正義』はない。 

「ただね、私は思うんだよ」

 唐突に色はつぶやいた。私の質問に答えは言わなかった。

「『正義』がいるなら、『悪』だって存在するんだよ」

 色の声色は先程と変わっていた。悲観とは違う、真逆。何かを期待する吉報を聞いた興奮に口走る声だった。

「当然よね?『正義』が存在するなら『悪』だって存在してなくちゃいけないんだ。『正義』に倒される『悪』が存在してこそ世界は成り立つ。逆に『悪』が居なくなれば『正義』なんて価値が生まれないだろ?」
「そんなことない。『正義』に価値はあって『悪』には負荷の価値が既に存在している。世の中は±0じゃない。そうじゃなければ、世界は歴史を繰り返すだけ」

 より良い未来を築くために人は歴史を学び過去を勉強する。世界を変えるために人は勉強する。
 戦争のない世界を――
 笑顔が絶えない世界を――
 誰も悲しまない世界を――

「貴方は、それが正気だと思うのか?」

 自分のためではなく、誰かのため。誰かのために自分の行動する。それが人。それが本能。
 思考があり、思想があり、理想があり、私欲がある――

 しかし、そこには私はいないのだ。 
 皆の、皆による、皆のための幸福――そのために犠牲になる自分。
 自分が傷つこうと――、
 自分が泣こうと――、
 自分が痛もうと――、
 皆が幸福なら、それは 世 界 で 只 一 人 の 犠 牲 者 なのだと――

「貴女は、それも『正義』だと思うのか?」

 ええ、思います。

 私は即答した。迷いなく答えた。
 皆の幸福を追求し、自分が瀕死の重症を負おうと、見方を変えればそれは一つの『正義』の在り方なのだ。
 私の前に敵は泣き。
 私の横に味方は痛み。
 私の後ろには皆が苦しむ。
 私と比べることで皆が幸福なら 世 界 で 只 一 人 の 不 幸 者 なのだと――
 戦場に眠る私に笑顔はない。
 戦場に眠る私に悲壮はない。
 戦場に眠る私に表情はない。 
 そうやって生まれた私に、『悪』はない。

「無知とは愚かだな。お前は『悪』を 知 ら ないだけだ。自分を不幸にしておきながら他人全員が幸せだと勘違いしている。お前は『悪』そのものなんだよ」
「ち、ちが――」
「いや、『悪』そのものが既に固有化して『正義』を振り翳しているのか。私のもとへやってきた目的はそれか」
「ちがう!私は話し合いをするためにやってきたんだ!決して貴女を〇〇に来たわけじゃない!」
「別にお前の目的などどうでもいいんだ。 既に『悪』がすぐそこまで来ているってことが分かればいい。私は救わなければならない。――この世の『悪』に苦しむすべての人を」
「きゃっ!」

 室内に吹き荒れる突風。まるで色を中心に生み出される暴風は本に埋もれる室内を深緑生い茂る密林に風景を変えた。

「あ、ありえない……」

 今まで居た場所が変わったこともあり得なけば、摩訶不思議な現象すらあり得ない。
 ココが魔法や魔術の世界はあり得ない。列記としたリアル、日本。
 種も仕掛けもあるはずの社会なのに、私は闇社会に足を踏み入れてしまっていた。
 日常から脱し、非日常世界に迷い込み、そして私は〇〇される。

「お前を救おう――」
「あ…ああ……」

 こんな場所に来なければよかった。
 そうじゃなければ、悪も、正義も、生まれなかったのに……




続きを読む

↑このページのトップヘ