私はサキュバス。名前はまだない。
 現代-いせかい-に飛ばされた私はちょっと困惑したけど、持ち前の適応力を生かして今日も元気に男性の精液を搾取しているの♪
 この世界は悪魔族にとってとても住みやすい世界だということが分かっちゃったことだし。性欲を持ち合わせていながら童貞の獲物がいっぱいいるみたいだしね。
 さ~て、今日はどの子を標的にしようかな♪

「クンクン・・・におう。におうわぁ~独特の女性の発汗のにおい~」

      ゴールしても地べたに座らない。お尻汚れちゃうでしょ?

 学校の校庭で何周も走ってゴールしていく生徒たち。
 息を切らして汗に塗れた身体で座り込む女性のにおいは私の鼻にくるいい匂いだ。
 体温が上がっているということはそれだけ雌化しやすい状態にあることを人間は知らないみたい。それ以前に、この世界の女性の発育はとても良いわね。私の知っている世界の人間なんかよりも魅力的な体型をしているじゃない。
 私が注目した子、神谷鈴鹿-かみやすずか-は走り切った場所で座り込んでいるが、汗で濡れた体操服の奥から盛り上がっている乳首が二つのボッチを作っているのが見えた。疲労感でたるんだ体型をのぞかせる鈴鹿のまわりには男性の視線が投げられていることに気付いていない様子だった。

「ほんと、羨ましいくらいの豊満ボディであるにも関わらず、無防備に座ってて自覚がないのかしら?男の子の視線に気付かないなんて女の子として失格じゃない。まったく、男の子の気持ちに応えないなんて勿体ないじゃない♪」

 ブツブツ言ったところで私は悪魔。なにを思っても誰も私の存在には気付かない。しかし、前回精液を調達できて魔力を取り戻している。前回のように私が直々手を下さなくても魔力で鈴鹿を小悪魔-サキュバス-化することは可能だった。
 悪魔が人間に手を出すことは稀なのよ。そんなことよりも悪魔的思想を人間の思想に流し込むことで簡単に悪堕ちすることを私は知っているから。人間なんて悪魔族にとって下僕でしかないんだから。

「ん~♪ちょうどお腹も空いてきたことだし、今日はこの子を使って男性の精液をいただくとしましょうか~!」

 私は鈴鹿に憑依魔法を唱える。思想と肉体を奪い、一時的に小悪魔化させる私だけの能力だ。
 私の視界は次の瞬間、グラウンドに座り込む鈴鹿のモノへと変わっていた。



 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

「よし、憑依-はい-れた」

 鈴鹿の手足が私の自由に動くことを確認する。
 そして、見覚えのある鈴鹿の体操着を見つめながら、盛り上がった乳房をゆっくりと揉みし抱く。
 感触は間違いなく発育のいい女の子のもの。私ほどじゃないけれど年齢以上の柔らかさを持っている。

 モニュモニュ・・・

 う~ん。気持ちいい・・・。

「ちょっ、ちょっと、神谷さん。なにしてるの?」
「男子が見てるよ。・・・ひょっとして胸が痛いの?」

 私の行動に突然声を掛けてくる二人の女子生徒がいた。急に大声出すからびっくりするじゃない。
 こっちこそ誰よ、アンタ達は!?

 私は急いでこの子たちの記憶を覗き、情報を引き出す。
 この二人はクラスメイトの若槻凛-わかつきりん-と倉座舞-くわすわまい-だということが分かった。

「うふっ、大丈夫よ。ちょっと汗で痒かったの♪」
「そうなんだっ。私もある~」
「いやいや、運動するんだからいい加減ブラつけなさいよ!舞も!何歳だと思ってるのよ?」
「ええっ!?まだ早いって。ね~(笑)」
「早い遅いじゃなくて運動に支障出てるならつけなさいよ!男子の視線だって困るでしょ?」

 凛という子は正論を言ってくるけど、私は彼女の真逆に立つ存在よ。
 『誘惑』の名に恥じない仕草で男子の視線を集めているんだから早くどっか行ってくれないかな。
 その時、先生から片付けを頼まれた舞と凛はグラウンドに散らばった三角コーンを片付けるためにこの場を放れていった。
 私は二人がいなくなったこの時をチャンスと思い、休憩時間で未だへばっている男子たちを呼び出し、人気のないグラウンド裏へと連れていった。
 男子たちは急に鈴鹿(私)に呼ばれて困惑している様子だった。どうやら鈴鹿が男性に声をかけることは珍しいことだった。
 まっ、鈴鹿がどんな人間なのか私には関係ないんだけどね♪

「私を見てえっちなことを考えていたでしょ?」
「えっ、あっ、いや・・・」

 男子のしどろもどろ言っている感じが肯定を意味している。この中には休憩が済んでいた上で鈴鹿の姿を見ていた人間が少なからずいたわけね。・・・んもぅ、このむっつりスケベさん♪

「いいよ・・・もっと見せてあげようか?」
「・・・はっ?」

 鈴鹿(私)は男子たちの前でブルマを脱ぎ、一緒にショーツを下ろして女性器を露わにした。

「私を見ながらどんなことを思っていたの?・・・おっぱい?オマ〇コ?」

 鈴鹿(私)の一挙手一投足を男子たちは言葉を失くしながら凝視している。集中して注がれる視線が鈴鹿のオマ〇コに向かっているだけで、身体が熱く滾って濡れてきちゃう♪

「・・・触ってみる?いいわ、触らせてあげる♪」

 男子たちからザワザワ・・・と歓声が沸いた。普段触れることのできない女の子の大事な場所を弄れる興奮に童貞くん達は目の色が変わっていった。

「ほ、本当にいいんだな・・・あとで先生に言いつけたりしないよな?」
「私がいいって言ってるんだから♪・・・ほらぁ、早く触ってぇ♪」
「よ、よし・・・」

 そして、代表とばかりに一人が率先して鈴鹿のオマ〇コを触り始めた。

      ラッキースケベ

「お、おおおおぉぉぉーーーー!」

 鈴鹿(私)の小陰唇を左右に大きく拡げてみせると、鼻息を荒く歓声を荒げる。
 女の子の大事な場所をクラスメイトに覗かれていることに鈴鹿の感性が裏に隠せず、触られる度にゾクゾクしてきて、身体が熱くなってオマ〇コが濡れてきちゃった。

「あっ!いきなり皮剥かないで。いたいわ・・・クリ〇リスってすごい敏感なんだから」
「ご、ゴメン」
「ううん。謝らなくてもいいよ。・・・私も気持ちいいから」

 彼の指の腹が小陰唇を何度も往復して擦りつけてくる。彼の手が鈴鹿の愛液で濡れていく。

「ひゃうぅ!あっ・・・ああんっ・・・いい・・・ソコ、いい・・・」

 少しずつ、ピチャピチャと卑猥な音が奏で始める。鈴鹿の身体は完全にできあがっていた。彼の弄るクリ〇リスの快感は膣を通じてじわじわと下腹部に伝い、心臓、脳に広がっていく。その快感の強さは快楽と呼べる代物だった。

「ひぎぃっ!ひゃうんんっ!!」

 新鮮な快感。それほど鈴鹿という女の子は快感に対してまだ疎かった。男子は彼女の喘ぎ声を聞いてズボンの奥でテントをおっ勃てていた。大勢の男子の視線に犯されているみたいで興奮してきちゃう♪ そして、そのことは私だけじゃなく、他の男性にまで共有し伝わってしまった。

「おいっ!次は俺にやらせろ!」
「次は俺だ!」
「僕が!」
「おれが先だ!」

 順番を守らず男子たちが我先にと襲い掛かってきた。
 間借りしている身体とは言え、魔力が続く限り私も男性の性欲を貰いに行動に移す。
 精液の搾取の時間よ。

「アハっ!きみ・・・はやくちょーだい♡私の・・・オマ〇コに♡ぶっといチ〇ポ差し込んでぇぇ!」
「ヤバい・・・イヤらしい。嫌らしすぎるぞ、神谷さん!」
「ハァ・・・ハァ・・・遠慮しないで。その熱くて太いチンポを、トロトロのオマ〇コにぃぃ・・・♡」
「すげえビショビショだし。こんなビッチだったなんて知らなかった」

 ちょっとずつ。逸物を捏ねながら亀頭を宛がい、奥へ呑み込んでいく。
 グチュグチュと、空気を圧縮するような音が響き渡った。

「むはあああぁぁぁ!!すげえヌルヌル・・・あつくて・・・きもち、いい!」

 息を絶え絶えに腰を一心不乱に突き動かす。鈴鹿の身体が簡単に前後に揺れて男の子のチ〇ポがオマ〇コに滑り込んでいく。

「ああぁん♡あン♡も、もっと擦って・・・!あンっ♡あっ♡」
「止まらない・・・腰が止まらないゾ・・・!うおぽおぉぉぉぉおおお!!」
「キモチいい・・・♡キモチいいよ・・・ひゃうぅん♡」

 私たちのセックスを前に興奮を滾る男子たちは無理やり参加するようにチ〇ポを取り出して私の空いている手に握らせていく。

「おい、こっちも咥えてくれよ」

 私は硬くて太いチ〇ポを目の前に大きく口を開ける。まるで好物を差し出されて歓喜する子供のような笑顔で。

「たっぷり出ひて・・・ちゅっ♡ちゅっ♡レロレロ、ちゅぅ~~~♡♡」
「うはあっ!たまんねえ!」
「俺もだ」
「おれも!」

 オマ〇コを突かれながら、上の口で入れ替わりチ〇ポをしゃぶり続ける。
 だんだんと窒息にも似たオーガズムの波が寄せてくると全身が波打った。鈴鹿という女性の身体が限界を迎えようとしていた。いや、初めてにしては良く持った方だ。
 それに伴い私も全員の性器の感度を上げていく。

「な、なんだが今までより全然気持ちいいゾ・・・!なんだこれ!?膣が捻って絡みついてくるぅ!?」
「ヤバイ!ヤバイ!ヤバイ!止まらない!抑えきれない・・・マジでヤバイ!!?」
「で、出る・・・射精るよ・・・神谷さんの膣内にぃぃ!!」

 誘惑のフェロモンにかかった男子たちの亀頭は真っ赤に充血し、爆発寸前にまで膨れ上がっていた。

「みんな、出ひて!わたひを滅茶苦茶にしてぇぇぇ!!!」

 鈴鹿(私)に承諾をもらったチ〇ポが次々と白い精液を爆発させていった。

「あああぁぁぁああああぁぁぁぁ―――――♡♡♡」

      ドM魔族かな?

 びゅるるるるぅ~~~!!!ドピュドピュ、ドピュルルル~~~!!

 私の胎内だけじゃなく、顔や体操着に至る部分まで真っ白に染め上げる。
 その勢いは私の予想をはるかに越え、若い男性のエキスで満たされていくものだった。

「んぼぼぉ、しゅ、しゅごぉ~いっ♡精液が顔まで届いてるし♡こんなに勢いよく飛ぶだなんて・・・はぁ♡はぁ♡こんなに出るものなんだ、精液って。クンクン・・・においもすごい・・・おいひい・・・ぴちゃぴちゃ・・・」

 鈴鹿の胎内、口内に呑み込まれた精液は私の魔力へと即座に変換されていく。それによって鈴鹿の胎内には一滴残らず精液は取り除かれる。息を荒げる男性とは違いこの身体はノーダメージだった。
 恍惚とした表情を見せつけながら鈴鹿(私)は艶やかな笑みを浮かべた。

「・・・いっぱい射精したね。でも、こんなもので終わらないわよね?つぎ私とやりたい男子いる?早くやりましょうよ♡精液でもっともーっと私を満たしてぇ~~~♡」
『うおおおおおお―――――!!!』

 まだまだ男子たちは山ほどいる。時間がいくらあっても物足りないわね。
 狂喜に包まれた男子たちの視線がこれでもかと突き刺さる。
 でも、大丈夫。私の永久機関は他ならない男子-アンタ-たちのおかげで完成しているのだから。

 さあ、倍々で犯しましょう――男子の精液を搾り尽くす時まで!