その頃、体育の授業に向かっていた茜音(貴明)は、女子更衣室で女子生徒たちの着替えを楽しんでいた。

「うほぉ~。圧巻の眺め~」

 茜音(貴明)の前で制服を脱いで、可愛い下着を覗かせながら運動着に着替えていく。視ているだけでシコりたくなる衝動を抑えながら貴明はその目にクラスメイトのスタイルを焼き付けていた。

「茜音。いつまで緊張しているんだ。授業が始まるぞ」
「謙信ちゃん!うりうり~」

      余裕

「あ、茜音ちゃん?どうしたの?」

 突然胸の中に頭を埋める茜音に何か起こったのかと、上杉謙信-うえすぎけんしん-と前田亜衣子-まえだあいこ-は驚いてしまった。しかし謙信の胸を借りた茜音は、彼女の心臓の音はやけに大きいことに気付いた。表情をよく見ると強張っているように見えた。普段の彼女は表情も変えないのだが、その細かな変化に気付いたのは茜音(貴明)だけだろう。

「なんか緊張してない?」
「えっ?そうなの?謙信ちゃん・・・」
「すまない亜衣子。でも、心配するな。私は必ず勝利を掴みとろう」
「えっ?どういうこと?」

 体育の授業で負けられない戦いみたいな話が出ていることに茜音(貴明)は目を丸くしていた。

「毘沙門天-びしゃもんてん-を極めた者、なんとなくこの先、とんでもない化け物が現れる。私は、その者たちと戦うため、今まで力を溜めていた」
「なに、その超能力?」
「私は応援しかできないけど・・・頑張ってね。謙信ちゃん」

 とんでもない化け物?宇宙人の話かと思い茶化してやろうかと思ったが、謙信の顔はやけに本気モードになっていた。誤魔化したら逆に攻撃されそうなくらい、『軍神の威光-ぐんしんのいこう-』が発動していた。
 しかし、そんな彼女に臆することなく女子更衣室には高笑いをあげる者がいた。
 武田信玄-たけだしんげん-とその家臣たちである。

「オーホッホッホ!まさかあなたと共闘する日が来るなんてね」

      共同

 信玄と供に家臣まで体操服に着替え終わっていた。その格好を見て、家臣の二人がクラスメイトの真田幸₋さなださち₋と笹林紗々羅-ささばやしささら-だと気付いたのだった。

「諷₋ふう₋、倫₋りん₋。今回香山-かやま-は呼べません。二人で私たちのサポートに回りなさい」
「お任せを」
「完璧なパスをお繋ぎいたします」
「お前たちクラスメイトだったのか!?そういう仲だったのかよおぉ!!?」

 クラスで三人仲良くしてた理由が納得いってしまう。ということは、香山という家臣の正体は香山照之‐かやまてるゆき‐だと察してしまった。
 とは言え、クラス最強の武田信玄と上杉謙信を迎えて挑む今回の敵は相当手強いことが想像できる。上杉謙信が告げる『とんでもない化け物』とは一体誰のことなのか分からないが、それは授業が始まればすぐ分かるだろう。

「・・・・・・・・・ところで、今日の体育ってなにするの?」

 茜音(貴明)にとって興味なかった内容だが、思わずクラスメイトの様子を察して訪ねてしまった。身体能力の高い信玄や謙信を迎えて挑む授業内容に勝てないスポーツがあるだろうか?
 信玄は茜音(貴明)の質問に重い口を開いた。

「バスケットよ」
「・・・・・・・・・あ」

 それで茜音(貴明)も察してしまう。唯一スポーツの中で危惧するものがあるとすれば、バスケットしかない。先ほどの話――バスケットだとが変わる。うちの高校で力を入れている部活動はなかった。しかし、今年貴明たちと同じ様に新たに入学してきた5人のクラスメイトは弱小校だった女子バスケット部の存在を一躍変えてしまった。
 今も彼女たちの目を光らせるスカウトやスポンサーが連日やってくる。人気も他の部と群を抜いて高い彼女たちの存在が目の前に立ち塞がっていた。

「まさか、俺たちが戦うとんでもない化け物って・・・・・・」

 既に授業前だというのに体育館のコートの中で準備運動を済ませている。
 スポーツウェアに着替え、コートに立って相手を迎え入れる準備を済ませた女子バスケ部期待の新人の5人全員-フルメンバー-が待っていた。

「お手合わせよろしくお願いします」

 SG,チームをまとめる現キャプテン櫻井日向子‐さくらいひなこ‐が謙信に手合わせを願うと、謙信は硬く彼女の手を組んだ。
 日向子の後ろにはPF,
斎藤玲唯佳‐さいとうれいか‐、SF,小鳥遊楓子-たかなしふうこ-、C,東雲椿-しののめつばき-、PG,百鬼桃-なきりもも-が控えており試合開始の合図を待っていた。
 正真正銘のガチメンバー。バスケの超高校級の才能を持つメンバーと試合が出来るところで勝てないのは目に見えている。
 しかし、謙信も信玄も負けることは許さない性格で手を組んでガチで勝負を挑むという話だ。謙信の気合の入れ方が今までと違うのがよく分かった。
 こちらの勝算があまりにも低いのだ。一人でも欠けたら彼女たちに勝つ可能性は間違いなく零になる。亜衣子が応援に回るのも納得がいく。最強の相手に応えるためにはこちらも5人最強を選ぶしかないのだ。
 上杉謙信、武田信玄、真田幸、笹林紗々羅・・・・・・・・・。茜音(貴明)にはもう一つ引っかかることがあった。

「ん?亜衣子が観客だとすれば・・・5人目って誰だ?」

 今更・・・と言わんばかりに、謙信が茜音(貴明)を凝視していた。その視線に映る茜音の姿に、貴明は嫌な予感がしていた。

「あなたしかいないでしょう?」
「はっ?」
「まっ、仕方ありませんわね。この戦いは言い換えれば天下分け目の戦い。相手が最強である以上、こちらも最強を用意しなければいけません。校舎内で私と肩を並べるのはここにいる二人だと宣言しておきましょう」
「校内じゃなくて、クラス内だよな・・・」

 謙信だけじゃなく、信玄まで認める実力の持ち主が高橋茜音。
 ここにきてようやく茜音(貴明)は自分もまきこまれていることに気付いたのだった。

「い、いやいや、無理だって!茜音の腕じゃバスケ部どころか、お二人にも敵わないって!」
「引き受けてくれて背中から刺す様な真似はしないでくれ」
「なんてこったい・・・・・・」

 気付けば亜衣子率いる応援隊が集まっていた。バスケ部との本気の試合を見ることに多くのクラスメイトは自分たちの選択科目をそっちのけにして試合を観戦しに座り込んでいた。

 PF,上杉謙信、SG,高橋茜音、PG,真田幸、F,笹林紗々羅、C,武田信玄

 信玄と椿がジャンプボールし、試合は開始される。
 椿がボールを弾き、日向子がキャッチする。謙信と、信玄が二人で日向子を囲む。

「(なんでCがゴール下に戻らねえんだよ!)」

 茜音(貴明)が心の中で叫ぶ。しかし、女子の中でも身長がある二人に囲まれると日向子ですら抜くことも出来ない。『軍神の威光』及び謙信の威圧感は並大抵の女子生徒の戦意を喪失させるものだった。

 ダム、ダム、ダム、ダム・・・・・・

 ドリブルしながらタイミングを計る日向子。パスを回すように玲唯佳が声を出している。
 その中で日向子は呼吸を整えた。

「謙信さん、信玄さん。はじめに言わせてもらいます。私たちは第3クォーターまでに20点差をつけます」

 それは唐突な宣言だった。女子バスケ部は20点という大差をつけての勝利宣言に面喰ってしまう。

「なに?いきなり余裕をかましてるのかしら?」
「いいえ。これは余裕ではありません。あなた方二人と戦えることに対する敬意と一切の余談を許さない覚悟の意志です——」

 ダム、ダム、ダム————ポスッ。

「————え?」

 ボールが日向子の手に収まる。信玄も謙信も動きが止まった。日向子が何をしようとしているのかが分からなかったのだ。その一瞬の隙で日向子はシュートフォームを見せる。

「―—ここからは全力でやらせていただきます」

 日向子の手からボールが天高く放たれる。

「嘘!?ハーフコートからシュート₋う₋った!?」

 目の前からボールが放たれるまで、信玄も謙信も動くことが出来なかった。それほど日向子の動きは滑らかな一つの動作として繋がっていた。
 二人が振り向いた先、ボールは空中で綺麗な放物線を描いて落ちていき——、静寂に包まれた体育館の中で、パスッとボールとゴールの繊維が擦れるだけの音が響いて床にまっすぐ落ちてきた。
 ハーフコートからのロングシュート。それを鮮やかに日向子は決めて見せたのだ。

「なに、いまの流れるようなシュート。喋りながら届くの?」

      本気で殺しに行くスタイル

 日向子に対して黄色い声が上がる。ファンクラブの女子生徒たちが甲高い声を張り上げて女子バスケ部を応援し始めた。試合が始まって僅か10秒。しかし勝負を決定づける3ポイントシュートを日向子は決めて見せたのだ。
 士気があがる女子バスケ部。日向子の活躍を潰さないようチームの動きも良くなり、謙信たちに襲い掛かる。

「謙信、信玄。それぞれの能力は高いけど、バスケは5人でやるもの。チームワークが必要不可欠だよ」

 玲唯佳が言う通り、一日だけのドリームチームでは、日々積み重ねているバスケ部の信頼には敵わない。アイコンタクトもない謙信と幸のパスをカットしてそのままゴールを決めていく。

「僕たちを倒すだけの付け焼刃で覆るほどバスケは簡単なものじゃないよ?」

 椿が言う通り、やっと謙信にシュートまで運んでも、椿のブロックでリバウンドまで拾われてしまう。速攻とばかりに反撃の狼煙をあげる椿のパスは俊足の楓に届く。多彩なテクニックと変幻自在なストリートバスケを彷彿とさせる挑発、さらに楓の高速ドリブルからくる切り返しに紗々羅が足をとられて転ぶ、アンクルブレイク。さらに切り込んだ先で信玄に真っ向勝負してファウルをもらいバスカンと合わせて3点プレイをもぎ取る。

「なんだと・・・くっ!」
「過去の栄光に縋る歴史は終わったのよ。時代に評価された若者の力こそ正義だ!」

 咆哮する楓子に対して震えが止まらない幸と紗々羅。点差がどんどん開いていき、負けている時のプレッシャーが重くのしかかり、ストレスが疲労となって汗に現れる。第2クォーターが終わった時には既に大量に汗を噴き出しており、疲労の色が隠せなくなっていた。
 しかし、負けたくないという気持ちだけでコートに立ち続ける。第3クオーターで点差は18点。日向子の宣言に対してあと2点と追い詰められた状況まで来ていた。

「はぁ・・・はぁ・・・まだだ!まだぁ!!」

 謙信の足掻きに対して日向子は冷ややかな顔を見せる。それは相手に対して「よくやった」と、称賛に近いものだった。

「よく頑張りました。敵ながら賞賛を送ります。・・・でも、これは勝負であり、勝つか負けるかしかありません。私たちは負けられませんし、これからも向かってくるのでしたら手加減は出来ません」
「う・・・うおおおおぉぉぉおおおぉぉ!!!」

 日向子に抗うようにドリブルする謙信。その気合、その気迫に対して最後まで隙を見せずに日向子は謙信に喰らいつく。

「私たちは負けられない。まだ試合は終わってなんか——」
「いえ、もう・・・終わったんです」

 ドリブルしていたはずの謙信の手から、突如ボールの感触が消えた。ボールは謙信の手から放れ、百鬼桃の手に渡っていた。謙信は知らずうちに日向子に桃のいる方向へ追い込まれ、桃が隙をついてボールを奪ったのだ。
 ボールを取られたことに気付いた謙信が崩れ落ちる。百鬼桃は謙信を見ることなく、ドリブルで切り込んでいった。
 その勢いはまさに鬼人。緩急をつけてディフェンスの茜音とズレを作りそのまま抜き去り、スピンムーブで幸を騙し取り、紗々羅をギャロップステップで跳び越える。

「なんだそりゃあああぁぁ!!?」

 気付けば桃一人で4人を抜き去り、その勢いのまま最後信玄と供に跳躍する。桃はレイアップシュートを放とうとする。

「そんな低い身長からのレイアップシュート?はたき落としてやる!」
「待って!そのジャンプはゴールに対してあまりに遠い!?」

 意気込んだ信玄もジャンプと供に桃のシュートコースを塞ぐ。手でゴールの軌道を覆い隠したものの、桃の視線はゴールの遥か上を眺めていた。

「——まさか!」
「やっと気づいたか。低身長でもゴールを決められる桃の得意技、ティアドロップシュート」
「!?」

 ひょいっ。
 ブロックするより早く放たれた桃のボールは、軌道を鋭角にして高々と舞い上がっていた。はたき落とすことが出来ず空を切る信玄の手。桃のボールはゆっくり落ちていき、ゴールリングに吸い込まれるようにして落ちていった。
 館内を締める大歓声が木霊した。一番の盛り上がりを見せ、日向子の宣言していた目標の20点差に到達した。

「偉人の名を語る者たちよ。荒城の月を想い、去れ」

 第3クオーターが終了し、桃もまた勝負ありと言わんばかりに自軍コートへと戻っていった。宣言通りに勝負運びをされたバスケ部に頭が上がらない。すべてが日向子の手の中で行われていたかのような感覚に頭の中が真っ白になっていた。

「・・・本当に強いな」

 完膚なきまでの敗北。笑いですら出なかった。

「足りないスペックは味方がフォローし、技術でカバーしている」
「こっちは喰らいつくだけで精いっぱい」
「信玄様にパスが出せない・・・くっ」
「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

 圧倒的大差で負けるのかという、プライドを崩壊させるほどに徹底的に瓦解される様に信玄たちも謙信も声をかけられない。敗北色が濃厚。第4クォーターを待たずして負けを認める方が面目が保たれるとすら思える。
 残り10分。観客も、選手も、誰もが試合の結果は決まったと、諦める中――。
 誰も立ち上がれないベンチで一人、それでも諦めず、最後まで足掻くことを決めた選手がいた。
 高橋茜音(貴明)だった。

「しゃーねーな。本当はしゃしゃり出てくるのはフェアじゃないと思ったんだけどよ・・・」
「茜音?」
「お前たちがガチで負けるなんて予想してなかったし、このまま負けるのは癪じゃねーか。もういい。本当によく頑張った。あとは俺に任せてくれ」

 茜音(貴明)はようやく身体が温まってきたといわんばかりに屈伸をし、身体をさらに柔らかくほぐしていく。まるで自分の身体の限界についてこさせるかのように、現段階でもっているものすべてを吐き出そうとしているみたいだ。

「高橋茜音。まだそんな体力が残っているのか?」
「うっし。それじゃあ始めるか」

 アキレス腱を伸ばしながらコートに戻る茜音(貴明)を筆頭に、全員が重い腰を上げる。それを見て、まだ勝負を諦めていないのかと困惑する表情を浮かべるバスケ部。

「・・・分かりました。最後まで諦めない雄姿は見事です。私たちもそれに応えましょう」
『おおぅ!!』

 気合を入れ直し、バスケ部もコートに戻ってきた。第4クォーターが始まり、ラスト10分間の試合が始まる。
 今まで謙信を筆頭に動いていたが、最後にポジションを入れ替え茜音を筆頭にする。それだけの変更で特にメンバーを変えたり、付く相手を入れ替えたわけではない。
 つまり、日向子に茜音をぶつけてきたという強気な作戦だ。無謀とも思える相手の作戦に日向子は警戒しながら茜音に付く。しかしながら高橋茜音と上杉謙信ならステータスは謙信の方が高い。相手のデータを把握している女子バスケ部に隙はなく、普通にやれば茜音が日向子を抜くことはあり得ないと踏んでいた。
 しかし、茜音はここで予想外の展開をする。シュートコースを塞いだ日向子は8割パスで来ると読んでいた守りをしていたが、視線を泳がせパス相手を探す茜音につられて日向子がボールから視線を外した一瞬をついて反対方向へドリブルを切り日向子を抜きに出たのだ。

「なっ!?」
「ミスディレクション!?うまい!」

 ドリブルでフリースローラインまで切り込んでいく茜音。そこまで来るのは久しぶりだった。椿と日向子を相手に飛んだ茜音がシュートを狙う。

「レイアップ!?させないよ!!」

 椿がジャンプをしてレイアップシュートの軌道を塞いだ。しかし、茜音は一度シュートモーションに入った手を下げ、逆の手に持ち替えた。

「ダブルクラッチ!?」

 日向子が叫ぶ。そして、椿の横から放たれた茜音のシュートはゴールの上でバウンドしたものの、リングの中に吸い込まれるように入っていった。

「ふぅ~あぶねえ、あぶねえ」

 茜音が隠していた高等テクニックに日向子は動揺する。今までパスを回していたのはこの時のための布石だったとでも思えるほどだ。

「大丈夫かい、日向子?」
「ありがとう。今度は抜かせない」

 日向子にとって計算外があろうが、それを即座に修正する。茜音がドリブルで切り込んでくるのなら、さらに距離を取ってパスとドリブルを警戒すればいい。

 さ す が に 茜 音 に シ ュ ー ト は な い だ ろ う 。

 そんな茜音に再びボールが回ってくる。日向子が腰を落とした瞬間、茜音は身体を起こしてそのまま3Pライン外からシュート体勢をとった。

「放-う-つのか!?」
「スリーポイント!?」

 シュ…

「はいったぁぁぁ!!」

 日向子-てき-も謙信-みかた-の声を聞くまでもなく放った茜音のシュートはゴールリング目指して飛んでいき、そのままリングをくぐったのだ。茜音一人で第4クォーター開始1分で5点も取り返していた。
 茜音に対する歓声があがる。この場で初めて女子生徒からの声援だった。

「どういうこと?茜音さんにここまでのスキルなかったはずなのに!」

 まるでデータが当てにならない。こんなこと女子バスケ部で初めてのことだ。

「ハワイで親父に教わったんだ」
「どういう意味?」

 茜音(貴明)にとって本気でも、女子バスケ部にとっては挑発に取られてしまったのか、日向子だけではなく、楓子が茜音を止めにかかる。

「マジでいく。こっちもバスケで馬鹿にされたら溜まったもんじゃないわ」

 楓子と日向子がポジションを変わりタイマン勝負に持って行く。圧倒的な手数の前に錯乱させる作戦の楓子も、茜音の眼光はその一瞬を見抜いてボールを弾いた。

「あっ・・・えっ・・・!」

 楓子自身ですらボールをカットされた記憶は久しくない。ましてや女子になど一度もなかった。冗談で一度男子混合で試合した時に、千村貴明にボールを取られた時以来になる。
 その時の記憶が一瞬重なるも、楓子は記憶を振り払い試合に集中した。

「ふざけるな!たった一人に何度も決めさせてたまるかあぁぁ!!」

 楓子が高速で茜音の前に立ち塞がる。その時茜音はシュート体勢に入っていた。

「!!」

 楓子がやってくることは予想済みとばかりに、身体を後ろに倒しながら放つことで軌道を確保していた。

「フェイダウェイ!!?」

 茜音のシュートが決まり、さらに点差は縮まる。それだけじゃない。

「身長が足りないことを知って・・・私じゃ止められない・・・」

 楓子に傷をつける決定的なシュート。楓子が唇を噛みしめていた。日向子、椿、楓子の三人が茜音にやられることで、士気が下がるだけじゃない。茜音の活躍で休めた謙信、信玄たちの疲労を軽減し、同時に士気をあげて見せたのだ。
 そのままの勢いでもう一本スリーポイントを決める。女子バスケ部でも茜音の勢いが止まらなかった。

「10点差あああぁぁぁあぁあああ!!!」

 茜音一人で差を半分まで追い詰めた。観客の声援、相手に対するプレッシャーも十分与えている。追いかけるには最高の舞台だ。

「みんな、ここは絶対止めるぞ!」
「ここが責め時!頂上決戦ゾ!」

 謙信がラスト5分『軍神の威光』を発動する。さらに信玄も『風林火山陰雷-ふうりんかざんいんらい-』を発動する

「分かってる。動くこと雷霆(らいてい)の如し!楓、倫!」

 信玄の声に家臣もフル稼働。全能力を一定時間上昇する。

「疾きこと風の如く!」
「キレのあるドライブ!?」

 幸が疾風の如く駆け出しドリブルをする、今まで抜けなかった玲唯佳を遂に抜いた。そして、その後に待つ桃に向かって突っ込んでいく。しかし、それも紗々羅が対応する。

「徐(しず)かなること林の如く」
「スイッチ!!」

 桃に身体を張って立ち塞がる紗々羅。一歩間違えればブロッキングをとられてしまう行為だが、ファールと紙一重のプレイを辞さない覚悟で桃を食い止める。椿とスイッチして負けじに幸に喰らいつこうとする桃に、幸は背後から駆け出してくる味方の足音を聞いていた。

「背後を見ずにパス!?」

 シュートではなくパスを選んだ幸。その先に誰がいるのか確認した桃の瞳には、ボールを手にしたノーマークの信玄がシュートを構えていた。

「侵掠(しんりゃく)すること火の如し!レイアップシューート!!」

 ぶわっと地面を蹴った信玄がゴールリングに置いてくる——

 げし…

 力が強かった。

「あーーしまったーーーーっ!」

 信玄が叫び、リバウンドを取るために桃が構える。しかし、そのボールは落ちる前に飛んでいた謙信の手によって掴み、

「はいれええぇぇ!!!」

 気合でリングを揺らしてそのままダンクシュートへと繋がった。

「きゃああ――っ!8点差あああぁぁ!!!」

 観客が騒ぎ立てる。謙信たちの猛追に感化されているようだ。

「お前だけじゃ役不足だ」
「謙信!!?こいつぅぅ!!!」

 悪口、嫌味を言いながらも去っていく二人に対して女子バスケ部が追い込まれていく。点差では勝っているはずなのにまるで負けているかのような気分は決して許されるものじゃない。再び2桁以上の差を貰わなければ納得いくものではない。
 日向子はパスを繋ぎながら綻びを探す。所詮付け焼刃のメンバー選びは時間をかければ焦って自爆する。30秒ギリギリまで使うことで相手を焦らせる手を使い、コートめいいっぱい使ってパス回しを始めた。
 日向子、椿、桃の三人でパスを回し、謙信が一人追いかける。他の四人はフリースローラインに固まり内側からの侵入を警戒しているようだ。日向子の計画通り、やがて謙信の体力が尽きればそこからシュートチャンスがやってくるはずだった。
 しかし、ふと日向子はあることを思い出す。謙信たちは適当に守っているはずだと思っていたフォーメーションの中で該当するものが一つだけあったのだ。

「これは・・・1-3-1のゾーンディフェンス!」

 謙信への補助を特化させた日本バスケットの中では珍しいフォーメーションだ。しかし、『軍神の威光』を発揮している謙信の威圧感はまさに獣。シュートするという意志を見せれば即座に襲い掛かるという警告がビリビリ伝わってくる。
 だから誰も打てない。謙信一人でシューター三人が抑え込まれていた。パス回しをしていると思っていたのではなく、パス回しをさせられているのだ。玲唯佳も楓子も3Pシューターじゃない。切り込むためにパスを待っているが、そうなれば4人で守備を固めていく。
 この第4クォーターで謙信たちは難攻不落の城を築きあげていた。

「なんなのよ・・・今までと戦っている相手が違うよう・・・・・・」

 第4クォーターから何かが変わったと感じざるを得ない。日向子の想定を超えることが続いている。
 誰だ・・・
 誰が変えている・・・
 このコートの支配者は・・・・・・高橋茜音!?

「あなたは・・・・・・何者だというの!?」

 日向子がよろめいた隙を見逃さず、謙信がボールをカットする。
 その瞬間、茜音は駆け出していた。
 誰よりも早く、俊敏に、機敏に、相手のゴール目指して——

「(不思議だ、茜音の身体は本当に軽い。それでいて、しなやかで柔らかく、まるで——浮いているみたいだ)」

 茜音の身体と貴明のバスケセンス。男性の脚力と、跳躍力を手に入れた茜音の身体は疲れを知らず、駆けているのにまるで浮き上がっていくよう——。

「フリースローラインから!!?」
「跳んだぁ!?」

 ——それはまるで、目に見えない階段を昇っているような光景だった。

「うおおおぉぉぉぉ!!」

 日向子も茜音を追いかけて同時に飛んでいた。しかし、その跳躍力は茜音を残して先に落ちていったのだった。

「ウソでしょ・・・後に飛んだ私の方が先に落ちてるなんて・・・・・・」

 必死に伸ばす日向子の手も茜音には届かず落ちていく。茜音の身体は浮いたままゴールリングに勢いそのままに向かっていく。そしてボールを置いていく。

「これって・・・まさか・・・・・・エアウォーク!!?」

 豪快なダンクシュートをかまして地面におりてくる茜音。しばらくの間ゴールリングが激しく揺れていた。

「すごいすごい!茜音ってダンク出来たのか!」
「しかもフリースローラインから飛んで届くなんて凄すぎる・・・!」
「聞こえる?あなたへの歓声が!茜音コールが!!」

 興奮冷めやらないチームが一瞬でも冷静になろうと観客の声を届かせる。茜音の耳に聞こえてくる音に、ようやく仲間以外の声が聞こえてきた。

『アカネ!茜音!あかね!あっ!かっ!ね!!』

 茜音と一体感になる観客たち。その声が届いた時、心臓の音が張り裂けそうになっていた。

「ゴホッ、ゴホッ」と咽返る茜音に慌てる謙信たち。大量のドーパミンが噴き出していたらしく、その疲労は茜音の身体の限界を超えていたものだった。
 次の瞬間、試合終了の鐘が鳴り響く。正常に戻った時に見えたスコアを確認し、あと6点届かなかったことに気付く。

「負け・・・そうか・・・・・・敗けたのか、俺たち・・・」

 敗北に気付いた茜音(貴明)が汗を噴き出しながら床に寝そべった。10分間全力で試合してしまっただけでしばらく動けそうもなかった。

「追いつけなかったのかぁぁ!」

 悔しいが負けは負け。茜音(貴明)なんかより謙信や信玄の方が悔しいに決まっている。しかし、謙信と信玄、二人が茜音の肩をそれぞれ担いで動けない茜音を起こして立たせた。

「整列よ。最後まで胸を張りましょう」

 謙信は最後まで顔に出さない。凛々しく戦い全てを出し尽した表情をしていた。そして、謙信の変わりに信玄が言う。

「勘違いするな。私たちはやり切った。見事な結果に私は満足している」

 それは第3クオーターとは別人の表情をしていた。家臣たちも十分に結果に納得した表情をしていた。謙信も決して表情を変えてはいないが、心もと綻んでいるように見えた。亜衣子が精一杯の拍手を送っていた。

「おめでとう。女子バスケ部の勝利だ。強いな、きみ達は」

 女子バスケ部にエールを送った。しかし、女子バスケ部は無言で首を横に振った。

「いえ、私たちの完敗です」

      敗北けたのか・・・

「あんなプレイ見せられて、試合で勝っても嬉しくありませんから」
「私たちとの試合中に魅せプレイするだなんて。まだまだ凄い奴はいっぱいいるもんね」
「か、感動し・・・・・・。ほんと、すごくて・・・・・・ぐすっ」
「ほんと信じられない。是非僕達と一緒にバスケ部に入ってくれよ」

 各々、相手に対して称賛のエールを送っていた。試合が終われば友達。クラスメイトの柔らかな笑顔が待っており、桃が涙を零して泣いている姿をこの時全員はじめて見たのだった。
 特に茜音に対して興味が尽きない女子バスケ部は5人で囲んで茜音を部活へ勧誘を始めたのだ。

「いやいや、今回だけ!もう二度と出来ないって!」
「帰宅部にしておくのは勿体ない!是非一緒に全国目指しましょう!」
「運動したらもっと劇的に変わりますって!今からでも遅くないから部活入ってください!監督でもいいですからぁ~!!」
「勘弁してくれ!俺はもう運動はコリゴリでござる~!!」

 この試合を通じて、茜音に対して女子バスケ部の人気が上がったのは言うまでもない・・・。


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 そんな試合を女子たちと供に見ていた貴明(茜音)と義也。体育館の扉の裏にくっついて試合で暴れる茜音(貴明)の姿を酷評していた。

「あいつ!!私の身体でなにしてくれるのよ!!きゃあぁぁ!!私そんなこと出来るわけないでしょう!これからどうするのよ、ふえええぇぇん!!ヘンな噂が出たらどうするつもりよ!!!」
「高橋さんってどんなスペックの高さだよ」

      カナリヤ。泣く

 泣きたい声をあげながら暴れる貴明(茜音)を抑えながらつい本音が出てしまう。しかし、今は静かにした方がいいかもしれないと二人はアイコンタクトで語っていた。二人の間にはもう一人、この試合を静かに見守っていたメイドさんがやってきていたのだ。

「うぅ・・・椿ちゃん・・・カナリアがユニフォームを洗い忘れたばっかりに本調子で試合に臨めなくて申し訳ありません。このような面白い試合になるなど夢にも思っていなくて・・・」
「誰だよ、このメイド・・・」

 一人おいおいと声を荒げて涙を流すメイドと供に、体育の終わる時間を待ち続けていた。




 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 授業が終わったことに気付いた貴明(茜音)と義也はメイドを置いて中に入る。茜音(貴明)に声をかけようとしたが、二人よりも早く行動を起こした人物がいた。

「えっ・・・眞熊くんだよね?あれ。なんで・・・・・・」

 眞熊達樹₋まくまたつき₋もクラスメイトである。テスト結果では茜音と同位置ぐらいの高得点を取って争う仲だが、あまり話をする生徒ではなかった。男子の授業はとっくに終わっていたのか、女子が着替えに行くよりも早く着替えも終わっており、義也たちと同じく待っていたかのようだった。
  
「なにしてるんだろうね?」

 女子の体育に侵入して声をかけるくらいだ。思いが積もったものがあるのだろうと、二人で何やら話した後体育館の裏へ移動を始めた。
 どこ行くのかと慌てて貴明(茜音)と義也も二人を追いかけた。
 すぐ裏にある広い空間は、普段誰も来ることはない。達樹は茜音を連れてきて何をするつもりなのかと不安になりながらもばれたくないという気持ちもあってコソコソと隠れて見守っていた。

      イケメンが多いクラスメイト

「高橋さん」

 達樹が茜音に声をかける。

「さっきの試合凄かった。感動したよ」

 達樹も女子バスケとの試合を見ていたのだろうか。体育の授業同じくサボった様子だった。

「はぁ~どうも」

 茜音(貴明)もそんなことのために裏に呼ばれたのか判断尽きかねない顔をしていた。ただ、顔が試合終わりの茜音と同じくらい赤くなっているのが気になっていた。

「あのさ、ヘンなこと聞くかもしれないけど、高橋さんって千村とどういう関係なんだ?」
「お、おれ!?」

 突然の疑問に茜音(貴明)も失言をした。しかし、どうやら達樹の耳には「うりぃ?」と驚きの声に聞こえたようで、特に違和感を抱いている感じではなかった。

「だって、高橋さんっていつも千村の面倒を見ているじゃないか。正直千村のこと好きなのかと思ってた」
「なに言ってるの?あんなガサツで乱暴で暴力的ですぐ手が出る、物を投げる女のどこがいいんだ——」
「よかった。 やっぱりそんな好印象持ってないよね?」

 否定的な意見を聞きたかったせいか、茜音のことをいっている貴明なのに、貴明のことを言っているようにしか聞こえていないようだった。それじゃあ茜音に対して貴明は完全なDVである。
 達樹は真顔で茜音に向き合った。

「正直に俺の意見を伝えるよ。高橋さんに千村は務まらないよ。あんな子供っぽい性格に関わると君は間違いなく不幸になる。足を引っ張る相手をどうして気にかけるのか俺には理解できない。いっそのこと千村なんて放っておいて自分のことは自分でやらせてみないと君の苦労を知ることはない。――高橋さんは自由になるべきなんだ。試合中のようにもっと羽ばたくべきだよ。こんな堅苦しい世界に居るべきじゃない」

 貴明に対する暴言を達樹が告げることに茜音(貴明)は目が点になっていた。クラスメイトの裏の顔を疑っているようだ。

「俺と供に大学は海外に来てほしい。高橋さんには素質がある。そして、全てを吸収できるはずだ。俺が高橋さんを幸せにする。そして、エスコートすることを約束する。どの世界でもトップクラスに活躍できることを保証しよう。きみは世界‐おれ‐に求められるただ一人の逸材だ」

 達樹が茜音(貴明)に告白した。どんだけ裏に大物と付き合っているかなんて知らないが、達樹の芽は本気だということを言っていた。莫大な利益と莫大な夢。生活が一変するほどの玉の輿に乗れる未来を保証してくれるという。
 なんという美味しい話である。貴明(茜音)自信そんな話を聞いて目が点になっていた。

「わわ・・・これって、告白じゃないか!貴明、マズイよ。絶対返事するなよ、絶対するなよ!」

 義也が小声で必死に茜音(貴明)に届けさせようとしている。いっそのこと見ていることを知らせるように手を振って見せていたが、気付かれる前に貴明(茜音)に止められてしまった。

「んーーー?んぅぅーーーー!?」
「静かにして・・・おねがい・・・」
「むぅ?」

 茜音自身が黙っていてほしいというのだから義也が出しゃばるわけにはいかない。貴明が気付いてくれるまでは黙って見ていようと思った。

「俺が・・・茜音の足を引っ張ってるだって・・・・・・」
「他の人が見ても明らかだよ。千村と付き合って良いことなんかない。住んでいる世界が違う。彼はアイドルに貢ぐだけの消費者でしかない。でも、高橋さんは違う。町に対して、国に対して、世界に対して貢献することができるはずだ。決定的に考え方が違うのは明白だ。千村が高橋さんの未来を殺しているんだって知るべきだ」
「・・・・・・・・・」

 茜音のことを考えているからこそ貴明に対して口悪く言う達樹を悪人だと思えない。実際、茜音にとって貴明は迷惑をかける相手に間違いない。「もっと貴明がまともだったらこんなに苦労なんかしなくていいのに」と、ぼやいたこともある。

 貴明のせいで毎日が忙しい。
 貴明のせいで毎日が疲れる。
 貴明のせいで毎日が大変。
 貴明のせいで毎日なにか起こってる——。

「貴明と離れれば楽になれるかな?貴明と離れれば、楽しくなれるかな?」
「あ・・・茜音さん?」
「・・・ねえ、貴明はなんて答えるかな?」

 貴明(茜音)の思わぬ質問に義也は動揺した。

「えっ、いいの?茜音さんの変わりに貴明が答えちゃって」

 達樹の告白を貴明に委ねることが果たしてできるだろうか。
 それってつまり、自分の将来を他人に預けているようなものだ。どうしてそこまで茜音が貴明に任せられるのか義也には分からなかった。
 思った以上に騒いでしまった義也に対して、やっぱり頭を抑えて口を閉ざした。

「黙って見てて」
「あっ、はい」

 二人は固唾を呑んで見守っていた。茜音と同じくらいの頭脳を持つ、将来の安定が約束された男の結論を聞く。

「才能があるのに野心がないのか、それとも才能すら気付いてないせいで平凡な生活に収まっているのか――野心は上に立つものとして必要な素質だ。だからこそ、野心がないのに同じ才能を持つ高橋さんには同じ野心を持たせたい。テスト結果で争いながらも俺は親近感に近い感情すらあった。だからこそ同じ目標、同じ秘密、共有する仲間として不遜な野心を持とう。――俺たちは上級国民になろう!!」

 下級国民には下級の生活を。そして上級国民には上級の生活を。
 田舎の町を捨て都会へ行こう。仕事も生活も一変するも上級国民の生活に馴染むために生活を変えなければならない。
 田舎には存在しない幸せが都会にはある。
 田舎では考えられない幸せが都会にはある。
 田舎を捨てることも上級国民になるためには仕方のない犠牲。思い出も、親友も、友達も、幼馴染も全てを置いていき、位の高い親族とのお付き合いだけ出来ればいい。そこから同じ敷居の高い付き合いが始まるのだから。
 恥をかかないないマナー作法は自分に損をさせないもの。結局お金がなければ生活は貧困になるのなら、考え方を変えなければいけない時が必ず来る。遅いか早いかの違いだ。
 ただし、遅すぎればもう取り返しのつかないものだ。

「1万人のつまらない人間と付き合うより、1人の高貴な身分と付き合うべきなんだ。今は分からなくても後になって分かる時がくる。それまでは俺を信じて——」

「断る」

 達樹が話している途中で茜音(貴明)は答えを出していた。茜音(貴明)は告白を断っていたことに義也は声を殺して悲鳴を上げていた。

「あ、あはは・・・伝わらなかったのか?何を言っているのか理解できなかったんだけど」
「茜音の幸せは俺が決める。どんなにおまえが茜音のために最善を選ばせようが、俺が決める幸せが茜音の一番の幸せだ、バカヤロウ!!!」

 はっきりとそれだけを伝えて踵を返して去っていく。茜音に断られると思っていなかった達樹はしばらく寒空の下で風に当たっていた。

「貴明・・・・・・」

 貴明(茜音)も言葉を失っていた。義也の謝罪の声が聞こえてくるのはしばらく後のことだった。


上杉謙信 

武田信玄 

櫻井日向子

斎藤玲唯佳

小鳥遊楓子

東雲椿  

百鬼桃