床に蹲りながら俺は倉田さんに踏みつけられる。それはまるで、本庄まるか率いるいじめっ子たちと同じ手口だ。

「キャハハハ~~!!」

 倉田さんがまるかと同じような笑みを浮かべながら何度も俺を蹴りつける。痛いという感情と供に、今まで助けてくれていたはずの倉田さんに裏切られた気持ちの方が強くて感情が込み上げてしまう。倉田さんは俺をいじめるような人じゃないのに、現状倉田さんにやられているのだ。
 倉田さんを信じたいと思う自分と、一種の諦めている自分の二人が心の中にいた。
 半場諦めながら倉田さんの猛攻が収まるのをただじっと待ち続ける。せめて彼女と話をするまでは我慢するしかなかった。
 それでも、俺は倉田さんを諦めきれなかった。

「西永のくせに私に指図するなんて生意気なのよ!!」

 調子に乗って軽口を叩く倉田さん。その言葉を俺は聞き逃さなかった。
 その言葉は倉田さんに言った発言じゃない。倉田さんから出てくる言葉じゃない。
 俺が対峙した相手は倉田さんじゃない!

「そ、それって・・・倉田さん、きみは・・・まさか本庄さん!?」

 俺の言葉に倉田さんはピタッと足を止めた。まるで、自分の正体を見破った俺に対して敬意を表するように嘲笑ったのだ。

「そうよ。私は本庄まるかよ。アンタと同じくらい生意気なことを言った女に憑依してやったのよ」

 倉田さん・・・いや、まるかは正体を明かした。姿は倉田さんなのに、その正体がまるかという事実に俺は自分で発言しておきながらあまりに非現実だと思い必死に状況を呑み込もうとしていた。

「憑依だって・・・!?」

 神や仏が依り代に憑くことを憑依というが、本庄まるかというクラスメイトが同じクラスメイトに憑依するほど憑依は身近な存在なのか!?もしまるかがそんな技を取得したとするならまるで神の所業だ。後ずさりどころか平伏したくなる衝動を抑えて俺は彩夏(まるか)と対峙していた。

「それにしても、重い身体ね。特にこの胸。でかけりゃいいってもんじゃないわよ。温室育ちなお嬢様だか何だか知らないけど、本当にムカつく身体つきよね」

 自分の身体じゃない、むしろ嫌いな相手だからか、難癖をつけて倉田さんの胸を揉みし抱いている。まるかの胸がないからって好きに弄っていいものじゃないだろう。倉田さんだって同性も異性も勝手に胸を触られていいもんじゃないはずだ。

「か、返せ!倉田さんの身体だろ!?本庄さんが使っていい理由にならない!」

 憑依だか何だか知らないけど、倉田さんの身体を使っていいのは倉田彩夏だけだ。人権を無視して手荒に扱っていいものじゃ決してない!
 俺は彩夏(まるか)に叫ぶが、彼女は決して耳を傾けようとしなかった。

「どうしようかな~?ねえ、どうしてほしい~?」
「はっ——!?」
「ただで返すわけないでしょう?西永の一番嫌なことしたい。そうすればアンタだって二度と逆らわなくなるでしょう?」

 彩夏(まるか)の口から紡がれる自分勝手な理屈に怒りを覚える。そんな理由のために倉田さんをぞんざいに扱っていい理由になんかならない。

「俺が憎いなら俺に憑依すればいいだろ!?なんで倉田さんなんだよ!?」
「その方が西永が嫌がるかと思ったから。現に嫌がってるでしょう?キャハハ!!」

      人質

 ああ、そうだな。どんな理屈だろうが、理由だろうが、現に俺は彩夏(まるか)の言う通り嫌がっている。倉田さんに憑依されて困っている。手を出しても傷つくのはまるかではなく倉田さんだ。それくらいまるかの術中にはまっている。それはもう、彼女に今後一切勝てないと、反骨精神の根元をぽっきりと折られたような気分だった。
 そうとわかれば、俺はもう彼女に手を出せない。怒らせれば誰かが傷つくくらいなら、今後俺はまるかのペットにでも下僕にでも成り下がろう。
 ごめんなさい・・・俺は彩夏(まるか)に土下座した。

「分かった。俺が悪かった、ごめんなさい!もう二度と逆らわないから倉田さんに身体を返してあげてよ」

 高校生活が今後まるかのペットになろうとも、倉田さんは最後まで俺を助けようとしてくれていた。
 彼女のおかげで俺は救われた。その気持ちがあれば俺は3年間くらい生きていける気がした・・・。

「10万でいいわよ」

 彩夏(まるか)は早速金銭要求を突きつける。
 夢だけ抱いていても生きていけない。資本は行動の源だ。まずは枯渇させていこうというのか、この女‐まるか‐は。

「それはっ・・・!」
「出来ないなら、今すぐ裸になって校内を駆け回っちゃうかな~」
「なに考えてるんだよ!そんなことしたら——!」
「別に私の身体がないもの!やろうと思えば出来ちゃうわよ?いいのかしら?下手したら退学かもしれないわね」

 最後の最後まで倉田さんを人質に取るのか。悪女の風格を見せる彩夏(まるか)に一瞬でも反抗しようとする。でも、少なからず絶対悪は存在するのだ。俺の想像を超える条件を見せつけて優位に立とうとする。倉田さんを人質に取られている以上、俺がまるかの言い分に勝てるはずがないのは明白だった。

「わかった。払うよ。親に借金しても、明日までに用意する。それで許してあげてよ」
「賢明な判断ね。約束だからね」

 彩夏(まるか)と約束をした後、倉田さんはふっと表情を緩めて全身の力が抜けていったのだった。


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

「倉田さん!」

 再び床に崩れ落ちる倉田さんを抱きかかえる。まるで先ほどの原因不明の気絶と同じだ。これが、憑依ということか。そして、倉田さんの身体からまるかが抜けたのだろう。その間、倉田さんは意識を失っているのだから、俺は意識が戻るように肩を揺すってみた。すると、倉田さんはすぐに瞼を震わせて、ゆっくり目を開けたのだ。

「しっかりして。倉田さん」
「西永君・・・」
「よかった。倉田さんが無事で」

 元に戻った様子の倉田さんに胸を撫で下ろした。彼女が気を失っている間に俺はまるかの配下に堕ちたわけだけど、それを倉田さんに言ったらさらに迷惑をかけてしまう。
 俺にとって尊い、初恋の相手だった倉田さん。一瞬でもお近づきになれたことを誇りに思おう。
 でも、そんな倉田さんは意識を取り戻した後でもどこかなよなよしている様子だった。具合が悪いのかなと思ったけど、俺の顔をチラチラ見ながら、なにやら申し訳なさそうな表情をうかべていた。

「・・・ごめんなさい。私のせいで、西永君に迷惑をかけちゃって」
「えっ?」
「全部聞こえてたの。西永君、私のために借金を背負ってくれたよね?」

 あっ・・・そうだったんだ。意識を失っていたわけじゃないのか。じゃあ、俺とまるかのやり取りを倉田さんは心の中で聞いていたのか・・・。だからどこか切なそうな顔を浮かべていたのか。
 倉田さんは自分のせいだと思わないでほしい。全部まるかの言い分を聞いた俺の責任でもあるんだから。
 俺は倉田さんに優しく微笑んだ。

「いいんだよ、そんなこと。気にしないで」
「西永君・・・」
「元はと言えば俺が・・・・・・?」

 なんだろう。倉田さんはふいに俺の元へ歩み寄ると、俺にしか聞こえないくらいの声で耳打ちをする。

「10万円には全然足りないけど、私のおっぱい好きなだけ揉んでいいよ?」

 頭が理解するより、身体が先に反応を示していた。
 一瞬で顔が赤くなるほど熱を帯びたのが分かった。

「いや、いいよ」
「なんで?私がいいって言ってるんだから。ほらっ。私の柔らかくて自慢のおっぱいよ。早く揉みなさい」

      お近づき(強制)

 倉田さんは俺の手を掴み、自分の胸へと宛がわせる。そして、さらに力を込めて自分の胸に押し付けていった。

「あんっ。あっ、あぁん」
「倉田さん・・・」

 倉田さんがニヤニヤしながら喘いでいる。倉田さんの艶やかさを感じながら、手のひらに柔らかい胸の感触をゆっくりと確かめていた。その触り心地は、まるで五本の指すべてに吸いついてくるようだった。

「両手で揉んでいいよ。こんな機会はもう二度と無いんだもの」
「あ・・・・・・うん・・・」

 そうだ。倉田さんの言う通り、二度とこんな機会は味わえない。彼女がいいって言っているなら、最後くらい自分の欲求に素直になってもいいんじゃないだろうか。
 次第に力を込めて倉田さんの乳房を揉みし抱く。

「んふ・・・そぅ・・・そんな感じで・・・・・・あんっ・・・き、キモチイイっ」

 嘘だろう。俺の愛撫に倉田さんが感じてくれているのか。彼女の声を聞いて、俺も今まで感じたことのない心地よさを覚えていた。

「こ、ここですか」
「うんっ・・・・・・うっ。あっ・・・ううっ・・・・・・うんんぅ・・・」

 ブレザーを残しブラウスだけボタンを外し、倉田さんは自ら乳房を露出させた。そして硬く尖った乳首の突起を俺に摘まませ、弄らせる度に切ない吐息を漏らしていった。

「どう?柔らかいでしょ。私の自慢のおっぱい・・・・・・好きなだけ揉んでいいのよ?」
「く、倉田さん・・・」

 時折ビクン、ビクンと身体を震わせる。
 髪を乱して眉毛を歪ませる倉田さんの表情が、今まで見ていた時よりも魅惑的に見えた。
 そんな倉田さんのイヤらしい表情と供に魔の手が差し迫っていたことに俺は気付かなかった。

「私も、西永君のおち〇ぽ気持ちよくしてあげるね」
「お、俺の・・・!」

 急に言われた隠語に思わず我に返ると、倉田さんの手が俺のズボンの上から逸物を刺激していた。チャックから取り出そうとしている指を払い、慌てて両手で隠してしまった。

「どけてよ、その手」
「い、いや・・・」
「いいからどけて」
「どうして・・・」
「早くどけろって!」

 倉田さんの鬼気迫る声に思わず圧倒されてしまい、逆に倉田さんの手が俺の手を払いのけてズボンを引きずり下ろしてしまう。彼女はそんなことするような女性じゃない・・・・・・そう信じたかったけど、真意が俺にはもう分からなかった。

「うあ・・・・・・!」

 曝け出した逸物は倉田さんの目の前でビンビンに勃起していた。それはもう今まで以上に恥ずかしくて死にそうなほどだった。

「すごぉ~い。ビンビンじゃない。いつからこんなに勃起してたの?」

 逆に彼女は逸物を見慣れているように感嘆としたため息を吐いていた。逆セクハラのような仕打ちを倉田さんにやられるなんて夢にも思っていなかった。

「西永君。私に見られて勃起しちゃったんだ。ふふ・・・変態だね」
「へ、んたい・・・うっ・・・・・・!」

 彼女に変態扱いされて泣きそうになったが、その前に倉田さんの手が俺の逸物を掴んで放さなかった。そして、優しく皮を剥きながら、ゆっくりと扱き始めたのだ。

「く、倉田さん・・・・・・ぁっ・・・・・・そ、そんなことしたら・・・・・・」
「まだイかないでね」
「なんで・・・・・・ぅぅっ・・・・・・」

 俺には刺激が強すぎた。才色兼備な倉田さんがこんな事するなんて――。他の男子にもこんなことしているのだろうか・・・。

「私の手、柔らかい?」
「は、はい・・・・・・」
「気持ちいいでしょ~?」
「・・・・・・はい・・・」

 シコシコシコシコ・・・・・・。

 思わず太ももに力が入る。どうしようもない気持ちよさが逸物を包み込んでいるようだった。倉田さんは手扱きしながら目を瞑り、歯を食いしばっている俺を椅子に座らせた。

「じゃあ次は・・・・・・」

 そう言うと、先ほどまで揉ませていた乳房を使って俺の逸物を両側からフランクフルトのように挟み込んだのだ。そして、上下に乳房を揺すりながら、柔らかく弾力のある乳房に擦りあげていった。いわゆるパイズリである。
 倉田さんの胸の中で脈打つ逸物が先走り液を迸っていた。

「ハァ、ハァ・・・ううっ!」

 なんだこれ、これがパイズリか。初めてのパイズリをしてもらうだけで感動だったのに、その相手が男子の中でも人気の倉田さんって夢みたいだ。
 唾液を落として亀頭を濡らし、彼女の谷間を濡らしていく。そして、真っ赤に膨らんでいる亀頭を舌でペロペロと舐め始めたのだ。

「ちゅむちゅむ・・・れろ・・・ペロペロ・・・ちゅぶ、ちゅぱ、ちゅっ」

 谷間から顔を出している部分を執拗に責めあげて、さらに逸物を伸ばしているようだ。現に彼女のパイズリフェラで俺の逸物はグングン肥大化していった。顔を横に傾けて縦長に膨れ上がっているムスコをやさしく噛み始めて、上から下へとカリカリと歯を立てながらやさしく、甘噛みしている倉田さんの姿を見ていた。
 その姿が堪らなく興奮してしまう。

「うはっ・・・・・・倉田さ・・・んはぁ!はぁ、はぁ」
「んちゅむ、ちゅぱ・・・ン・・・・・・なに、西永君?」
「うう・・・・・・すごい・・・・・・気持ちいいよ」
「んふぅ~ん・・・・・・この女のおっぱい、そんなに気持ちいいんだ?」
「あ、はい・・・」
「どんな感じ?」
「そ、その・・・はぁ、はぁ・・・・・・や、やわらかくて、あったかい・・・・・・」
「よかったわね。こんな女にパイズリフェラしてもらって」
「・・・・・・・・・え?」

 先程から倉田さんの様子がおかしい。自分のことをこの女と言い始めて、まるで自分がパイズリフェラしているのに他人事のようにつぶやいている。
 それはまるで・・・・・・俺の夢見心地が一瞬にして醒めるかのようだった。パイズリフェラしている彼女の目は明らかに喜んでいる俺に対して軽蔑の眼差しを向けているのだ。
 そう、彼女は倉田さんじゃない。倉田さんに成りすました本庄まるかだったことにようやく気付いたのだ。

「しまっ—―ああぁぁぁっ!!?」
「おっと、逃がさないわよ。自ら急所を私に預けているくせに逃げられるわけないでしょう?ん・・・はぁ、はぁ」

 逸物を抜き出そうとしても両乳房から圧迫を強めた逸物に俺は身動きが取れなくなる。これ以上動いたら彼女の顔に吐き出してしまいそうだった。
 俺は馬鹿だ!大馬鹿者だ!自分一人だけ気持ちよくなって、倉田さんの身体を利用されてまるかの言いなりになっているんだから。

「はあ、はあ・・・うう!!」
「動くなよ。はむ・・・はむちゅむ!!」

 今度は舌を硬くして亀頭を刺激していく。チロチロと倉田さんの舌が尿道口を拡げるように舐めていく。亀頭が唾液で濡れていく。先走り汁が変わりに倉田さんの舌に吸い取られていった。

「ぢゅっぼ、ぢゅっぼ、ぢゅぶ・・・ぢゅ、ぢゅる、ぢゅるるる・・・ぢゅるるるぅぅぅ~~~!!!」

 彩夏(まるか)の口が亀頭を咥えて舌を差し出したまま海綿体から精液を啜り取るようにバキュームフェラをし始めた。パイズリした倉田さんの胸が生暖かく締めあげて、苦しさの中にも吐き出して楽になれるような逃げ場所を作っていく。
 もう何も考えられない。
 俺の身体がふるふると震え、強制的に射精感を覚えていた。

「やめ、やめてくれ・・・お、おお、うおおおぉぉ!!うぼぁああああぁぁぁぁ~~~~!!!」

 ドピュドピュ、ドク、ドク、ピュ~~~~!!!!

      完パイ

 激しい脈動と供に鼓動が高鳴り、息苦しい。目の前がチカチカとフラッシュバックしたと思ったら、俺の身体は宙を浮いて一瞬我を忘れてしまった。その瞬間に、溜まっていた精液をすべて吐き出され、倉田さんの顔に大量の精液が噴きかかったのだった。

「うはぁ、すごぃ~。あんだけ足の裏に射精してもまだこんなに吐き出すのかよ・・・。どんだけ精力あるんだよ、西永ぁ~」

 口では呑み込むことのできなかった精液が暴発して倉田さんの顔を真っ白に染め上げていた。シャンプーの匂いもなくなり、イカ臭いにおいを漂わせながら彩夏(まるか)は俺に侮蔑な眼差しを向けていた。

「うわあああぁぁぁぁぁ~~~!!!!」

 俺が倉田さんを汚してしまった。制服も、胸も、髪も、顔も、俺の匂いが刻まれてしまった。まるかは大丈夫かもしれないが、倉田さんには耐えられるわけがない。こんなことを知れば俺はもう倉田さんに会わせる顔がなくなる。

「さて、じゃあこの制服もメルカイ行きね。この女の写真と一緒に載せれば高値で買い取ってもらえそう!制服なんて新しく買い直したってお釣りがくるもんよ。西永の10万とメルカイの10万の臨時収入で何買おうかしら!」

 そうじゃない・・・俺が心配しているのは代替がきかないものだ。世の中お金で買えないものがあることをまるかは知らないんだ。
 それはまるで幸せなことで、裕福なことだということをまるかは知らないんだ!!!

「安心して。実は彼女、西永のことが好きだったみたいだから。それほどパイズリフェラを嫌っていたわけじゃないのよ。胸を揉んでもらいたかったって言うのもあながち演技じゃなかったんだから♪私に感謝しなさいよね!」

 倉田さんの記憶を読んだのか、記憶まで盗んで得た情報で素直に喜べるわけがないだろう。これ以上倉田さんを愚弄するな!!!俺が惨めになるだけじゃないかぁぁぁ!!!
 声にならない雄叫びをあげながら、俺は蹲ってしまった。今までで一番堪えた虐めだった。

「すごい効果ね『飲み薬』。病み付きになりそう。また買ってこの女のカラダで遊ばせてもらおうかしら♪」

 精液を塗り込み、谷間に糸を引かせて遊んでいる彩夏(まるか)に対して、俺はただただ倉田さんに申し訳ない気持ちでいっぱいだった。


--------------------------------------------------------
この画像はBISHOPの著作物です
--------------------------------------------------------