帰宅した霞は、そのまま自分の部屋のベッドで泣いていた。新学期から芽衣と一緒に登校できると思っていた霞が、裏切られた気分になってしまい、つい口走ってしまった強い非難。

「どうして、あんなこと言っちゃったんだろう・・・」

 現状は変わらない。今まで通り一人で学校に登校してクラスメイトと学園生活を楽しめばいいだけの話なのだ。そこに芽衣が加わる。そうすればもっと楽しくなると、淡い期待を持ってしまったことが間違いだった。
 芽衣の努力不足・・・?それとも、霞の一方的なワガママ・・・?
 いずれにしても、霞が発した言葉で芽衣は傷ついた。一体これからどんな顔して会うことができるのだろうか。
 親友だけど、芽衣に一歩線引きをして諦めたほうが良かったのかもしれない。
 お互い気苦労せずに、干渉しなければ誰も傷つかない・・・?

 だって、仕方ないよ。普通の子じゃないんだから――

「・・・本当に、それでいいの、芽衣・・・」

 諦め半分の心境のなか、突然母親に呼ばれる声が聞こえる。

「お客さんよ」
「私に?」

 涙を拭いて部屋を出ると、玄関に待っていたのは芽衣のもとで働く使用人の貢だった。霞も何度も顔を合わせたことがあるが、こうして貢が霞の家を訪ねてくるのは初めてだった。

「どうしたんですか?まさか、芽衣になにかあったんですか?」

 芽衣のことを心配する霞が貢に詰め寄る。しかし、貢は急に大粒の涙を零してポロポロと泣き始めたのだ。

「ええっ!どうしたんですか?いったい、何があったんですか?」
「――霞ちゃん」
「えっ・・・?」 

 いま、貢はなんて言った?普段は「有坂さん」と、苗字で呼ぶはずの貢が、慣れ親しく霞のことをちゃん付けで話す。そんな風に言う人物は一人しかいない。幼馴染でずっと一緒にやってきた、ただ一人の親友の姿を思い浮かべる。

      0e1127be.jpg

「芽衣・・・なの?」
「うん。そうだよ」

 何故霞がそう口走ったのか分からない。姿が貢でありながら、芽衣の面影を見てしまった霞に貢は両手を広げて待っていた。
 いや、貢の両足は震えていて、少しずつバランスを前のめりに崩れかけていた。霞は慌てながら――しかし、飛び込む様に、貢の身体を強く抱きしめた。

 

 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 『粉薬』は吸った者たちの心と身体を入れ替える――

 そう貢は芽衣に相談を持ち掛けた。

「試してみます?リハビリを兼ねて、私たちの身体を入れ替えてみません?」
「身体を、入れ替える・・・」

 改めて自分の言葉でいうと、魅惑的で疑惑的な意味合いが強い――『入れ替わり』。

「つまり、私は山寺の身体に入り、山寺は私の身体に入るということですか?」
「そういう事でございます、お嬢様」
「そんなの、怖い・・・」

 自分の身体を誰かに明け渡すことに不安と嫌悪感を示す。それは当然のことだ。誰であっても決して肯定しないだろう。

「お任せください。お嬢様の身体はこの私が全力を持って守らせていただきます」
「そんなの、怖い・・・」

 貢の話を聞いていなかったのか、もう一度同じ言葉を繰り返す芽衣。

「しかし、お嬢様は変わりたいと申したのですよね?自分の足を使って立ち上がりたいのでしたら、まずは足で立つという感覚を取り戻しては如何でしょう?」

 自分が無理なら他人の身体を使って感覚を取り戻す。その為にも『入れ替わり』は有効なリハビリ手段と貢は説得する。芽衣が怖がる自分の身体の譲歩。しかし、それは貢にとっても同じこと。『入れ替わり』は自分と他人の二人がいて初めて成立するものだから。

「山寺はそれでいいのですか?私がもし、貢の身体で事故を起こしてしまったら、帰る場所はなくなるのですよ?」
「お嬢様を信じております。この山寺、お嬢様のためならこの身を捧げる覚悟はいつでも出来ております」
「や、山寺ぁ・・・」

 お互いを信頼しているからこそ『入れ替わり』が出来る。山寺の説得に心打たれた芽衣。強い意志を瞳に宿して貢に告げる。

「霞ちゃんの家に行きたい」

 貢は『粉薬』の蓋を開け、二人は『入れ替わり』を承諾した。


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 部屋で貢の帰りを待つ芽衣。

「お嬢様、お食事をお持ち致しました。」
「ありがとう。そこに置いといて」

 メイドが言われた通りに食事を置く。そして、芽衣の顔色を見たときにふっと表情を和らげた。

      b05c4255.jpg

「今日は機嫌がよろしそうですわね?」
「そうかしら?」
「ええ。なにか良いことはありましたか?」
「そうね。前向きになったことかしら」
「まあ、それは素晴らしいことですわ。たまにはお外にお出掛けになってみてはいかがですか?」

 毎日同じ部屋の中での生活は決して良くはない。気分転換を促すようにメイドもまた外出するように芽衣に提案する。
 大丈夫。それは皆が思っていること。そしてそれは、芽衣が既に実行していることなのだから。

「ありがとう。下がっていいわ」
「はい。失礼いたします。お食事がお済になりましたらご連絡ください」

 メイドが下がり、一人部屋の中に取り残される。

「・・・大丈夫ですよね?お嬢様」

 芽衣(貢)は辿り着いたであろう霞の家の方向に目を向けた。心配することはない。外は芽衣が思っているほど危険ではないことを、芽衣自身が気付いてくれたらいいことなのだ。
 だから、貢がすることは部屋の中で芽衣の変わりに引き籠ればいい。今日限りで終わる、この部屋の中だけの生活を終わらせる絶好の機会なのだ。

「しかし、本当に歩けないというのは不便だな」

 車いすを引いて食事をとりに行くのは改めて面倒だ。芽衣の身体に入れ替わっても貢は立つという感覚を知っているからすぐに立ち上がるとばかり思っていた。しかし、やはり芽衣の身体は思うように立ち上がることは出来なかった。身体に力が入らず、身体を支えることができずに崩れ落ちるのは、長年身体が染みついてしまった立つという感覚を忘れてしまったからだ。
 身体の習慣の方が魂の意志より根強いみたいだ。

「仕方ない。もう少しゆっくり回復を待つしかないか」

 リハビリを繰り返し行うことが回復の近道だ。身体が入れ替わっただけで病気が治るはずもない。至極当然のことだ。お嬢様のリハビリに付き合いながら、普通の生活に戻すまで、貢は使用人としての使命を誓う。

「・・・それにしても、暇だな」

 そう。部屋の中に閉じこもっている芽衣の生活は使用人の貢にしては異様に長く感じた。使用人として働いているため、広い豪邸を歩き回っていることに慣れてしまっているせいか、一つの部屋に閉じこもって時間が過ぎるのはあまりにも苦痛だった。

「お嬢様はいったい何を思っていたのだろう・・・・・・」

 普段の生活では味わうことのできない芽衣の時間。じっとしては居られなくなった芽衣(貢)は、ふと芽衣の身体と入れ替わったことを改めて実感してきた。車いすの上から芽衣の身体をみつめ、細く華奢な腕を持ち上げながら両手を目の前に翳していた。女性の指である。男性のように太くごつい指ではなく、綺麗に整った芽衣の指。その指が自分の動きに合わせて動いているのである。

「―――――」

 目線を下に落とせば、服の上から膨らみを見せる双房があり、足の付け根を覗かせない。男性にはない乳房の膨らみを見た瞬間、貢の中でいかがわしい想いが急に込み上げてきた。

 ――お嬢様のカラダは自分の思い通り。

 急に心臓が高鳴り、鼓動が昂ぶる。しかし、使用人としての思いが交錯する。

「――いや、ダメだ!お嬢様のカラダは自分が守る」

 そう言ったのは自分自身だ。その貢自身がお嬢様を穢すわけにはいかない。

 ――大丈夫。ばれなければいい。
 ――ちょっとだけの時間だ。誰も来やしない。
 ――暇なんだろ?時間を潰そうぜ。
 ――お嬢様を気持ちよくする場所を探そうぜ。

「やめ・・・」

 ――おまえは俺だ。なに偽善ぶってるんだ?俺の考えはお前が生み出したことじゃないか。本当はやりたかったんだろ?『粉薬』を使ってお嬢様のカラダを手に入れたかったんだろ?望みどおりに事が運んで喜んでいる。

「そんなわけない・・・」

 自問自答のはずなのに、一向に答えが見つからない。いや、答えは出ているのかもしれない。しかし、貢がそれを認めたくないだけで――

 ――お嬢様もお前に身体を預けたんだ。それって、好きにしていいってことじゃないか。なに紳士ぶってるんだ?むしろ、手を出さない方がお嬢様に対して失礼だろ?

「――――っ!」

 ――欲望の枷が外れるなら俺を悪者にすればいいさ。お嬢様の快感を知る良い機会だ。さぁ――。

「お嬢様が望んだこと・・・私のせいじゃない・・・」 

      7130690a.jpg

 逃げ口上が次々と浮かんでは貢の邪念を増幅させる。芽衣の口から吐き出される息があがっていく。胸の鼓動も知らずうちに興奮していた。――そう、答えは既に出ていたのだ。女のカラダを手に入れたらやることは――

「お嬢様、すみませんが勝手に調べさせてもらいますね」

 誰に了承を得るわけではなく、芽衣の服を脱ぎ始める。 車いすの上でショーツを手で下ろしていきながら、お揃いのブラを外してしまう。芽衣のカラダを全裸にすることに、貢は異常なほどの興奮を覚えていた。

「お嬢様の胸・・・。大きいです。まるで、普段から触っていたかのような成長ぶりです」

 Cカップはあるであろう胸は他の筋肉のない部分と比べてとても大きく感じた。そして、大きく出ているのは胸だけではない。お尻もまた座っている生活なだけに硬くなってしまっていると思ったが、そんなことはなく、瑞々しい張りを持った柔らかな尻肉を十分堪能できるほど解れていた。

「すごい、お嬢様の乳首・・・勃起してる。私が興奮しているからか」

 ツンと勃った桃色の乳首が可愛らしく存在感を見せつけていた。震える手で乳首に優しくタッチすると、指の肉に擦られてビリッとした淡い刺激が身体全体に走り抜けた。

「あんっ!・・・あっ、お嬢様の喘ぎ声を・・・聞いてしまった・・・はぁ・・はぁ・・」

 喘ぐつもりはなくても、思わず声を出してしまった芽衣(貢)。それほど女性の身体は敏感で繊細なのだということに興奮する。
 今まで見たこともなかった芽衣の裸体を曝しているのだ。貢は全てを見たいと思い立ち、片脚を無理やり持ち上げて車いすに引っ掛けていく。芽衣の身体の柔軟さで上半身を倒しながら、片脚ずつ持ち上げて車いすになんとか両足をかけてM字開脚をみせる。すると、今まで見ることのできなかった芽衣の大陰唇がようやく見ることができたのだ。

「これが・・・お嬢様の、おまんこ・・・。おまんこって、言っちゃった。あぁん・・」

      e52c71fb.jpg

 慌てて芽衣の秘部を片手で隠すような仕草を見せるが、それすらも今の貢の一つの余興に過ぎなかった。
 表情から窺い知る芽衣の秘部は、既に愛液を滴らせるほど疼いていたのだった。