放課後――、
 蓮は麻生に言われたとおり、教室で補習を受けるために一人残っていた。赤羽早苗―あかばねさなえ―先生を待ちながら一人退屈そうに待つ。

「っていうか、なんで麻生がいねえんだよ!あいつバッくれやがったな!」

 真面目で通っている麻生がいないのはとても珍しいが、人間だもの。180度心変わりして補習をサボる時もある(はず)。一人だけ残って補習を受けるのがばからしくなった蓮も、教室から出ていこうとした。

「どこに行こうとしている?」

 それを阻止する様なタイミングで赤羽先生がはいってきた。最悪なタイミングで逃げる機会を失った蓮は、自分の席へとおめおめと戻っていった。
 教壇の前に立ち補習開始の礼をする。

「あの、先生……」
「なんだ?」
「補習、俺だけですか?」
「ああ、麻生は急遽出席できないと連絡があった。だから補習は望月だけだな」

 やはり補習は出席しなかった二人だけだということだ。しかし、蓮は急に補習に来られなくなった麻生のことが気になった。

「麻生が欠席?なにかあったんですか?」
「ああ、まぁ、私用だ」

 それだけ言って言葉を濁す。いったい何かあったのだろうか。

「(まぁ、補習が終わったら本人から直接聞けばいいか)」

 蓮はそう思い、ノートに視線を落とした。
 先生との一対一の講義。普段睡眠学習を取っている蓮にとって苦行でしかない。しかし、今回そんな学習が出来るはずがない。何度も眠くなり、意識が堕ちそうになる度に赤羽先生からキツイ一撃が頭上から振りおろされていた。

「いってえ~!暴力反対!」
「言いたいことだけは一丁前ね。態度が伴ってないわよ」
「ぐっ――」

 最近の若者は口だけは達者と言うのか。口で物言いするならまずはそのブーメランの態度を改めろって――

「余計な御世話だわ!!」

 思わず先生に喰ってかかってしまう蓮。やはり子供である。
 赤羽先生はタイミングよく一度授業の内容を区切ると、蓮を真っ直ぐ見つめた。

「……そうだな。区切りも良いし、いったん休憩をはさむか」
「おっ。先生にしては話が分かるじゃん。6時限目まで授業を受けた後で放課先生とのタイマン50分間も集中力が続かないっていう――――えっ?」

      
fc9c8bdc.jpg

 休憩に入った瞬間、赤羽先生は何を思ったのか、蓮の目の前で普段着ているスーツを脱ぎ始めたのだ。そして、スーツの奥に穿いていたイヤらしい下着を全開にした姿をマジマジと見せつけたのだ。

 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

「どうだ?先生のこんな姿は嫌いか?」

 赤羽先生から質問されているのに、返事をすることすら忘れてしまう。それは赤羽先生のボンテージ姿に目を奪われてしまったからだ。

「……キライじゃない……むしろ、イイ……」 
「そうか……。ふふ……一度来てみたかったのよね。自分じゃないから恥ずかしくないし」
「はぁ?」

 独り言を漏らしながらぶつぶつ言っている赤羽先生の言葉すら理解できない。というより今の蓮には状況が理解できなかった。

 ――何故、赤羽先生が急に俺の前で服を脱いで……エロイ下着を見せつけてるんだ・・・・・・?

 それでも、若気の至りのせいか、赤羽先生の下着姿を見た蓮のズボンの奥からは、ニョキッと反応する逸物の存在があった。思わず前屈みになってしまう蓮。

「おや?机の下にナニを隠している?」
「あっ!」

 机を勢いよく退ける赤羽先生は、蓮のズボンの奥からすっかりテントを立てている逸物をバッチリ見てしまう。
赤羽先生が白々しく視線を向ける。

「……これはいったいどうしたのかな?望月」
「(言わせようとしている!?)」

 先生の挑発的な視線に感化され、顔を真っ赤に染める蓮。

「(な、何故だ……言わなくちゃいけない様な気がする!!?)」
「せ、先生の下着姿を見て、恥ずかしながら興奮してしまいました!」
「ほぉ……私の下着姿に欲情したというんだな?」
「ハイ!あまりの不意打ちを受けて、一撃K.O状態です!先生もそんな下着を付けるとは思いもしませんでした!」
「バカだな。素直すぎ、望月」

 満更でもない表情を浮かべる赤羽先生が蓮のズボンから逸物を取り出した。蓮の目がかっと見開いた。

「へっ!?ナニ!?ナニヲスルンディスカ!?」
「動くんじゃないぞ」

 命令されるまでもなく、椅子の上から動けなくなっている蓮の逸物を握ると、上下に扱き始めたのだ。その動きはとてもイヤらしく、緩急つけて根元から奥まで扱きあげる動きに、蓮はたまらず声をあげた。

「せ、せんせい~それはマズイ、あっ、あっ、あああっ!!」
「もう出すのか?男ならもっと耐えてみろ。ほらっ、ほらっ」

 そう言ってさらに激しく手の動きを速める。耐えるどころか逆効果で、蓮は激しく暴発させた。

「うああああ――――!!!」
「わっ……もう出しちゃった……」

 先生の手にべったりとつく精液。赤羽先生はそれを拭うこともせず、身体に塗り込んでいき、先生の乳首が蓮の精液でテカテカに輝いていた。

「蓮のにおいが私の身体に付いちゃった。はぁ~くさい……」
「(先生が俺のにおいを出してる……)」
「はぁ……はぁ……」

 先生の目が普段と違って潤んでいるように蓮には思えた。逸物は一度出したというのに、再び硬さを取り戻していた。

「(そういえば、今日一日で俺の姿で逝ったのは今回が初めてだったな)」

 『鏡』で変身していた蓮にとって、何度も快感を味わっておきながら、自分の身体で絶頂を到達したのは今回が初めてだ。だからこそ、快感だけが蓄積されていたから簡単に逝ってしまった。そして、すぐに回復し硬さを取り戻していた。

「先生……こんなことされて、俺、我慢できないぞ」

 蓮は素早く裸になると赤羽先生を迎えにいった。先生の身体を抱きしめると、唇を重ねてキスをした。

「……ちゅっ……キスが下手ね」
「舌を入れさせろ」

 先生は優しいキスを望んでいたが、今まで好き放題にされていた蓮は早くも深いキスを望んでいた。舌をねじ込むようにして先生の舌を絡ませると、二人の唾液が口の中で合わさった。

「むぐぅ・・・あふっ……んっ……んっ・・・んふぅ……」
「かはっ・・…あぐ……れろ……むちゅ……ふっ・・・んっ」

 唇を放すと二人の唇から唾液の橋がかかる。夕日に焼けて赤く染まる教室に橋が崩れると、二人は身体を絡ませた。

      
6e588798.jpg

「ああっ……はいった……先生のからだ……」
「うはぁ……先生!気持ちいい……」

 きつくなく、緩くなく、適度に逸物を締めつけてくる先生の膣内。そして、目の前にある豊満な胸を揉んで味わいながら、腰を揺らして先生を突き上げる。

「あんっ!あっ……蓮っ!ソコ・・・ソコ突いて!」
「こうか?・・・ほっ!」
「ひううん!!先生のからだ……かんじちゃううぅ……!!」

 赤羽先生は自分の身体を他人事のように話していた。そんなこと、『鏡』の存在を知っていなきゃ出るはずのない会話だ。『鏡』の存在を知っているのは蓮と麻生だけだ。他の奴が知っているはずがないと蓮は決めつけ、自分の置かれている状況をひたすら味わっていた。

「ちゅっ…れろれろ・・・あっ……んふっ……ちゅーちゅー」
「乳首いじんないで!……はぁ……ああっ……くる・・・きちゃうう!!」

 赤羽先生がイきそうになっているのを見かねて必死に腰を動かす。一心不乱に膣内を暴れる逸物に、首に回す先生の手がきつくしがみ付いた。

「イクっ!いっくううううううううぅぅううぅぅぅぅ――――!!!!」
「俺も・・・・・・出る!」

 先生と繋がった場所から再び第二波を送り込む。
 先生の身体がビクンと大きくのけ反り、崩れ堕ちそうになるのを必死に耐えて見せた。

「はぁ……はぁ……はぁ……はぁ……」
「あぁ……あっ……はぁ……はぁ……」

 二人の呼吸する音だけが教室に響いた。しばらく見つめ合った二人は、ふと我に返る様にばっと身体を放れると、赤羽先生は余韻もなくスーツを着こんでしまった。

「えっ……もう終わり?」

 その早技に蓮は呆然とする。先生は目を伏せると、慌てて教室から出ていこうとした。

「先生!!補習は――?」

 時間はまだ残っている。補習と言う雰囲気はなくなってしまったが、あわよくばもう一回出来るのではないかと言う欲が蓮の中で芽生えていた。

「すぐ来るわよ!その格好でいれば――!」

 怒った様に台詞を残して消えていく赤羽先生。どこかで聞いたことのある口調だったような気がするが、今の蓮には誰のものだったのかすぐに出てこなかった。それくらい赤羽先生との一戦が印象的すぎたのだ。

「……じゃあ、お言葉に甘えてこの格好で待つかな、アハハ」

 まだまだ果てぬ体力、硬さ維持する逸物。蓮はこんなことなら補習も出てみるもんだと考えを改め直していた。
 そして、先程消えた赤羽先生が戻ってくる。

「なんだ、このにおいは?いったい何をしていたんだ――――」

      
bf40d297.jpg

 赤羽先生が蓮を見て言葉を失う。そそり立つ逸物。全裸で椅子に跨り、ポーズをとっている蓮。

「先生、もう一戦――――ヤらないか?」

 ビシッと決めた台詞をぶつけ、勝ったと思った瞬間――

「きゃああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」

 赤羽先生は悲鳴をあげた。

 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

「くそう!どうなってるんだこれはぁ!!」

 あれから蓮は3ヶ月の停学処分になった。当然、不満を垂らしながら家の中にこもっている毎日だ。

「うん……、まぁ。3ヶ月で済んでよかったね」
「よくねえよ!訳が分かんねえよ!どうして先生、俺とヤったのにヤってないなんて嘘つくんだよ、畜生、ちくしょう~!!」

      
088f4ad2.jpg

 麻生が毎日顔を見せに来る度に、不満を愚痴る毎日だ。
 麻生は何かを知っているようだが、蓮には多くを語ってくれない。いったい麻生に何があったのか。それは番外編に続くとか――、続かないとか――、

「でもさ、おかげで妄想は強くなったんじゃないの?」
「そうなのだよ!あれからクラスメイトに会いたいと強く思うようになったらよ、クラスの女子全員に変身出来るようになっちまったんだよ。誰が良い?琉子になってやろうか?准と違っておしとやかで美形で胸もでけえし。感度も良いんだぜ?」
「それ、全部蓮の妄想だからね?」

 停学処分中の間に、蓮の妄想直が格段にアップしたことだけは間違いない。
 処分期間が終わり、学校に戻って来た時、はたして蓮がどのような行動を取るのか……
 懲りていない蓮の様子を見ると、麻生はちょっとばかり怖くなってしまった。




 Fin