「朝比奈先生……」

      f9aaf179.jpg


 久美子が教室のドアで立ちつくしている朝比奈明音―あさひなあかね―先生に気付く。朝比奈先生は今年配属となった新人の先生である。二十代前半の若い年齢でありながらその内気の性格と運動音痴から、講義が体育だとは最初思えなかった。服装も気にしないのか、運動着を着ている姿しか印象になく今日は珍しくタイトスカートを穿いた保健の授業スタイルの格好をしていた。その格好は麻生ですら一度しか見たことがなかったのだが、きっと印象に残っていたのだろう。

「久美子……なにしてるの……?」

 朝比奈先生が飯塚久美子を呼び捨てで言う。先生と生徒という関係である以上、上下関係があるのが普通だ。久美子は先生に見つかったことでばつが悪そうに乱れた衣服で身体を隠す。

「あ、あのですね……これは……」

 助けを求めるかのように准(蓮)を見る。そして朝比奈先生も同じ人物を瞳に映していた。

 ――驚愕した表情で、一瞬言葉を失ってしまっていた。
 朝比奈先生が見るもう一人の生徒は――

「あ、あなた――!!?」
「先生、どうしたんですか?」

 准(蓮)が素早く言葉を遮る。すっと立ち上がり、満面の笑顔を朝比奈先生に向けた。

「私達がどうして教室に残っているか不思議な表情してますね?」
「・・・ちがう――」
「でも、それを言ったら先生だってどうしてこんな場所にいるんですか?授業始まっちゃいますよ?クラスメイト達が待ってますよ」
「わ、わたしは先生じゃな――!」

 タイミング良く鐘の音が鳴り響いた。朝比奈先生の声が再びかき消された。

「あ、・・・た……レ!?なんでわた――――!!」

 朝比奈先生の怒声よりも鐘の音が大きく聞こえる。鳴り響くその音に耳を傾け、鳴り終わるまでには心をすっかり落ち着かせてしまった。
 それは、一つの方向性を決めたこと。
 鐘が鳴り終わった時には、准(蓮)はすべてを悟ったのだ。

(――こいつ、朝比奈先生じゃないな)

      770aef94.jpg

 窓からのぞいたグラウンドには、ちょうど鐘の音と供に黄色い運動着を身に付けた朝比奈先生が現れたのだ。授業が始まり、生徒たちと一緒に体操を始めるだろう。
 つまりこの朝比奈先生は偽物。おそらく麻生に渡した『鏡』で朝比奈先生に変身したのだろう。
 そんな必要があるのは、学校の中でたった一人だけだ。

(――准本人か)

 久美子を心配で教室に戻ってきたというところか。しかし、先に麻生と出会ったことで変身させられたのだろう。
 ……本人は気付いていないのだろうか。背丈も緑色の髪の毛も服装も違うのに、別人に『変身』させられたなんて普通は信じられないだろう。
 つまり准にとって朝比奈先生と言われていることが理解できないだろう。しかも准の姿をした人物が目の前にいるのだ。混乱しないはずがない。
 そこで准(蓮)はさらに悪戯を思いつく。准本人に対して悪戯を決行するのだった。


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 五月蠅く聞こえた鐘の音が鳴り終わった。
 同時に息を絶え絶えに叫んだ明音の声も一旦終わった。休憩するように呼吸を整えようとする明音にゆっくり准は近づいていく。

「先生も混ざりたいんですよね?」
「ふえ?」
「私達の行為を見てたんですよね?」

 不敵に笑いながら歩み寄る准に先程の勢いが根負けしていくのを感じる明音。

(私が近づいてくる……?)

 明音の心臓が高鳴り、早まる。呼吸が荒くなっているのが明音自身でさえ分かっていた。

「み、見てない!入ったら久美子が襲われて――!」
「襲われる?ダレに?」
「あんた……!あんた、ダレよ!」

(私……自分に怒ってる……?)

 まるで自分の心と身体が決別したように、朝比奈は自分に対して怒りをぶつけて見せていた。准の表情が暗くなり、遂には泣きだしてしまった。

「先生ヒドイ。生徒の顔忘れるなんて、あんまりよ~!」

 第三者として自分の泣いている表情を見る。顔を伏せて涙は見えないが、肩を揺らして泣くその仕草は、久しく見ていない自分の泣き顔そのものに見えた。

(私が泣いてる……!)

 泣きたいのは自分の方だと言いたいけれど、今こうして『永森准』と対峙している『朝比奈明音』は、自分がいったい何者なのか理解が出来ないでいた。怒る前にやらなくちゃいけないことがあるのに、どうしても理性より感情が先に出てしまう。欠点でありながら改善できない。それが明音(准)の弱点だった。
 
「先生って誰のことよ!私はじゅ――!」
「先生!声がさっきからおかしくない?」

 准が顔をあげる。やはり泣き真似だったのか、その表情はにこやかにほほ笑んでいた。

「普段聞いている声と違うと思わない?自分の声じゃないように聞こえるんじゃない?」
「それは……」

 明音(准)には思い当たる節が出てくる。喉がつっかえるように、発せられる自分の声が全く別の人物の声に聞こえて仕方なかった。
 明音(准)の動きが鈍った。主導権が変わったのだ。

「それに、なんだか普段と景色が違って見えないかな?眼鏡なんか視力が良ければ外せばいいのに」
「眼鏡?眼鏡なんてわたし――」

 准にそそのかされるように明音(准)は手を目の前に持って有るはずのないフレームを触る。当然准は眼鏡をかけたことがないくらい目には自信がある。だからいつものように目に入る視界は肉眼で見ている景色だと思って疑わなかった。
 フレームに触った瞬間に景色が歪んだ。フレームから外れた景色が肉眼では見えなくなった。

「えっ?……えっ?」

 眼鏡の存在にこの時明音(准)はようやく気付く。そしてそれから、自分の身の回りに起こったものをゆっくりと見出したのだ。
 制服ではなく私服に変わっている服装、服装から見える胸の谷間。ウェーブのかかったショートカットの緑色の髪を震えながら擦る。

「なに、この格好?わたし、どうなってるの?」
「朝比奈先生?」

 久美子の声が明音(准)にようやく届いたのか、はっと気付いたように明音(准)は駈け出した。

「鏡――!」

 自分の席から手鏡を取り出すと、その鏡に自分の姿を映した。
 絶句していた。みるみる顔を青くする明音(准)は、呆然自失に陥った。

「ウソ……」

 明音(准)はようやく自分の今の姿が朝比奈先生になっていることを認識したのだ。鏡に映った自分の姿が永森准ではなかったことへの恐怖におびえるその表情は、予想以上に衝撃を与えていた。
 目の前にいる永森准が偽物であっても本物がいないのではどうすることもできない。このままでは永森准という存在が奪われるかもしれないという不安が明音(准)を弱気にさせた。

「朝比奈先生……?」

 もう一度久美子が明音(准)に声をかける。明音(准)が縋らなくてはいけないのは親友の久美子だった。信じてくれなくても良いから自分の身に起こったことを親友に伝えなくちゃならないと必死に声を掛けていた。

「久美子!……私、朝比奈先生になっちゃった!?どうしよう~なんでこんなことになっちゃったの~?」
「…………えっと……」

 対して久美子はどう受け取っていいか分からないという表情を浮かべていた。先生が取り乱して、まるで普段とは別人にも見えるのだが、あまりに現実とかけ離れていることを言うので信じていいのか迷っているという表情を浮かべていた。
 姿が変われば親友であっても声が届かないのだ。

「たすけて、久美子!私、本当は――」
「――朝比奈先生」

 その様子を見ていた准が明音(准)を背後から抱きしめた。脇から手を組んでガシッと胸を鷲つかんだ准にびっくりした明音(准)は、思わず身を固めて准の手を固定してしまう。准の手は明音(准)の胸を好き放題に弄ることが出来た。

「先生のおっぱい、とても気持ちいいですね」
「あっ、ちょっと!?」
「久美子よりも大きい。やっぱり大人になればこれくらいおっぱい大きくなりますよね?わたしも早くおっぱい大きくならないかな~」
「や、やだぁ、やめ…、んっ!」

 この時、明音(准)は自分の身体がブラジャーしていないことに気付く。准が触る度に服に擦られはするものの、直に近い柔らかさを感じることが出来る。
 明音の胸は准よりも相当大きい。胸を揉まれる度に自分よりも柔らかい感触に明音(准)自身も酔いそうになっていた。なんとか逃げようとしても、准のその細い腕を振り解くことが、今の明音(准)にはできなかった。
 服の上から乳首を摘ままれ、明音(准)はためらいもなく、「あんっ!」と喘いでしまった。

「あれぇ?先生、感じてません?乳首硬くなってますよ?」

 乳房を揉みながら乳首をいじめる准の動きにやられてしまう。それは何より、明音(准)が准に弄られているからだ。

(私、自分に弄ばれてる~!)

「こんなの……こんなの……!」

 こんな状況起こるはずがないのに、自分の声、自分の手が好き勝手にココロをいじめる。准の存在がすぐ近くにあるのに、別人が乗り移ったかのように明音(准)身体を弄ぶ。

「先生、女の子に弄られるの初めてなんですか?……それはそうですよね!私も女性を弄るの初めてだもの!男性よりも反応がよくて病みつきになりそう」

 嬉々として悦ぶ自分。その声、そこ仕草、その表情が明音(准)のココロを弱腰に―かんじ―させていく。

「あなた、ダレよ……ダレなのよ……」
「私は永森准でしょ?……ペロ」
「ひゃんっ!ち、がう……准はわた、ひぃっ!」

 今まで感じたことのない刺激。耳を舐められただけで背筋から全身まで震えが来るほどの快感を覚えていく。すっかり明音(准)の表情は真っ赤に高揚していた。

「キスしよっか、せんせい……チュッ……ふっ…ちゅる、……レロ」
「んっ……んんっ……あふっ……レロレロ……」

 自分とするキスを拒もうとするも、舌を絡ませてしまうと逃げることが出来ずに涎を混ぜ合わす。ディープキスは長い間続き、准が唇を放すとその間の間に粘着力の強い涎ができて二人の唇に橋をかけさせていた。

「はぁ~。反応が大きくて面白い。普段よりも感じてる証拠かなぁ?」
「はぁ……はぁ……」
「ようやく落ちた感じね。表情をこんなに蕩けさせちゃって」

 准が明音(准)の様子を見て漏らす。明音(准)は自分でもわかるくらい身体が感じていた。別人の身体だからか、それとも准に弄ばれたからか、普段以上に身体が疼いてしまい、火照って仕方がなかった。
 それは准が言うとおり、明音(准)もまたこの身体の感じ方が新鮮で大人であり、疼きを静めてほしいと思い始めているからでもあった。
 そんな明音(准)に対して准は命令口調で言った。

「じゃあ、足を開いて見せて」
「……えっ?」
「聞こえなかったの?足開いて大事なところ見せなさいよ」

 それはもう先生と生徒と言う関係ではなく、生徒に服従する先生という関係に変わっていた。

「自分でオナニーして見せてよ。先生の身体で私たちに特別の保健授業してみせてよ。大人になるには大切なことでしょう?教えてほしいんですけど~?」

(オ、オナニーだなんて……)

 自分の口からオナニーと言う言葉が出てくることに驚きながらも、その響きに火照った身体がさらに疼きだす。
 当然明音(准)もオナニーのやり方は知っている。しかし、繋ぎとめていた理性が他人の身体を自分の手で弄ることへの必死の抵抗を示していた。
 それだは絶対にしちゃ駄目だと訴えかける明音(准)は、たとえ身体が火照っていたとしてもぐっと堪えて疼きを自制で管理する。

 愛液が少しだけ外に零れたのを感じた。

「そんなの、できない……先生の身体を勝手にそんなこと……」

 准の視線が細くなった。まるでわかっていたと言わんばかりにニヤリと嗤ったのだ。

「そう、できないんだ……。じゃあ私は久美子と一緒にまた遊んじゃおう~」

 親友の久美子に再び襲いかかろうとしている准。准が久美子に飛びかかる前に、自分に制止をかける理性よりも早く、

「まっ、まって――!!」

 明音(准)は声をかけたのだ。准の動きがぴたりと止まり、振り返って明音(准)を見ると、自らの手でオナニーを始めるように胸とアソコを同時に弄り始めたのだ。

「せんせい、ごめんなさい……んっ」

      
先生いじめ

 大きく肌蹴た胸を掴み、小刻みに震わせるように揉み始めると、普段以上に乳房の揺れが大きく揉み応えがあることに気付く明音(准)。ピンク色した乳首はピンと大きく勃起しており、親指と人差し指で捏ねながら乳房を押しつぶすように圧力を加えてやると、今まで味わったことのない快感が生まれていた。

「あんっ……あっ、あっ……はぁ~…キモチ、イイ……」

 目をつぶって片手を乳房に集中しながらも、スカートの中に入れているもう片方の手の動きもイヤらしく動き続ける。准の目からはよく見えるようになっており、明音(准)の薬指がおま〇この中に入って中を掻き混ぜているのだ。愛液が伝って零れてくちゅくちゅとイヤらしい音が聞こえている。
 その音を聞いて久美子もまた信じられないと思いながらも先生のその身体に目を奪われるのだった。

「すっかり感じちゃって。ビショビショじゃない」

 床に零れる明音(准)の愛液。准が明音(准)の大事のところに顔を近づけると、そのまま口を付けて愛液を吸い始めたのだ。

「じゅるじゅる……ちゅばっ、ぬちょ……れろ、れろ……」
「はうぅん!!あっ、あああっ、それ、だめえ、きたない……」
「ん~とても美味しい……せんせいの味……ちゅるちゅる、ず、ずずずうぅぅ~~!!」
「~~~~っ!!?」

 まるで全身の水分を吸われてしまうのではないかと思うほどの吸引力に目を見開いて悶絶する明音(准)。顔を抑えつけて放そうとするも、逆にその手が顔の位置を固定させてしまい、舌をチロチロと伸ばしながら最後の一滴まで啜り続ける准。

(私がわたしのおま〇こ舐めてるううぅぅ~!?)

 汚いことと分かっているのに、そんなことしている准に興奮している明音(准)がいた。自分の唾液が付いたおま〇こに准は指を挿入する。熱く湿った膣内は侵入してきた外敵を見つけても痛みはなく、むしろ疼きを満たしてくれるかのように進んで奥へと呑みこんでいってしまう。その指は軽く二本を咥えてしまったのだった。

「ふっ、ああん……っ!お腹にはいってくるぅ……」
「すごい、ドロドロ。先生の膣のなか……」
「わたし、わたし、おかされてる……こんなの……もぅ……」

 指の出し入れを繰り返し、感度をさらに高めていくと、明音(准)は涙を浮かべて悶えはじめた。自ら腰を振って感じる場所に手が届くように膣内を抉り擦っていった。

「うふっ、逝っていいんだよ」

 准の手の動きが早まった。明音(准)の中でぷっつんと糸が切れたように果てると、遂に先生の身体でイってしまっていた。

「ふああ~!ああっ…ああん……イク、いくうううううぅうううぅうぅぅ―――――!!!!」

 先生の声で喘ぎ声が教室に響き渡った。
 肩で息をしてすっかり脱力している明音(准)の姿は、今まで見たこともないくらい艶やかに映っていた。