すぐそばの学校に到着した俺たちは、ニ時間目が終わった休み時間のタイミングに合わせて皆と合流することができた。
 次の授業は体育だが、それまで少しばかり休み時間が他より長い。生徒はまばらになり、先に着替えに更衣室にいく生徒や休み時間を最後まで満喫する生徒までいる。

「……なにを考えてるの?」

 隣で鼻歌を交えて軽快に歩く准(蓮)。いったい何を考えているのか、俺には嫌な予感しかしない。

「そりゃあ、この姿で女子更衣室にだな~!」
「だと思った」

 男子にとって無縁の禁断の花園。中ではクラスメイトが生着替えをしているのだろう。女子に変身出来たら、一度は入ってみたいだろう。

「でも、もし准本人がいたらどうするの?本人とばったり鉢合わせなんかしたら最悪だよ?」
「あっ――」

 足踏みを止める准(蓮)。考えなしの行動が時には取り返しのつかない状況になりうる。そう、俺たちは未だに准と会っていない。教室にも顔を見せてもいなかったということは、この時間准がいるであろう場所は限られてくる。その最も高い可能性として、更衣室なのである。
 もちろん、体育の授業に本人がいる以上、准(蓮)が参加することも控えさせた方がいいだろう。
 准に成り済まして悪戯を考えていたとはいえ、やはり制約を課せられるものである。本人に会ってしまっては強制終了。その後制裁が待っているのが目に見えているのだから。

「……更衣室はお預けだ」

 重々しい口調で准(蓮)が言う。かなり名残惜しそうである。

「作戦を変更する。麻生、おまえは准の足止めをしろ」
「なにするの?」

 准(蓮)が次に考えた作戦を聞きだす。

「久美子いるだろう?准の親友の」
「うん、いるね」

 飯塚久美子。説明した通り、准の親友であり俺たちのクラスメイトだ。自分から先導することは滅多にないが、必ず准の後ろを付いて動き、時に准の行動を抑制させることもある、物腰の落ちついた生徒である。
 そんな俺が持った彼女の第一印象は、「彼女、乳でけえ」だった。
 見て分かるくらい制服の上から弾む胸の大きさに目を奪われることがあった。久美子は巨乳と、どのクラスメイトの男子に聞いたところで同じ感想を持っていたのである。そういう意味で、准(蓮)が久美子の名を出した理由も分からなくない。

「彼女を襲ってみようぜ。うまくすれば久美子も乗るかもしれないしな。麻生にはその間、准を監視していてほしいんだ」

 准になりすませて親友を襲うなんて、蓮は悪人だと思う。
 しかし俺はそんな蓮と付きあってしまっている以上、パートナーとして役目を果たさなければならない。准(蓮)が行動を起こす。有言即実行――、

「ジャーン!」

 隣の准(蓮)が何時の間にか制服姿から運動着姿に変わっていた。その早技に思わず声を荒げてしまった。

「いつ着替えたの?」
「うーん、着替えって言うよりは想像でなんでも着替えられるんだよ」

 『鏡』は覗いている間に想像した姿を写しだすようなものと准(蓮)は言う。着替えというよりは着せ替えに近いのだろう。一瞬で衣服も思いのままにできるというのは凄いものだ。

「じゃあ行ってくるぜ。久美子は教室にいたよな?なんかあったらすぐ知らせろよ!」

 長い脚で廊下を駈け出していく准(蓮)。本当に思いついたら実行が早い。

「麻生くん!」

 前を行く准(蓮)の姿を見つめていると、後ろから俺を呼ぶ声がした。
 思わず身構えてしまった。

「その声は――!」

 その、先程まで隣で聞いていた声が、今も廊下の奥で走っている姿が見える人物の声が、後ろから聞こえてくるのだ。
 ゆっくり振り向くと、そこには永森准がいたのである。蓮が変身した姿と同じ、運動着姿で立っていたのだ。唯一違いをあげれば髪の毛だけだ。

      80a13828.jpg

「ナニ?」
「なんでそんな片言なのよ?」

 蓮から頼された使命感が逆に俺の身体を固くする。准以外に出会えればこんな風にならなかったのに、せめてもう少し時間を置いてから准を登場させてほしかった。恨むよ、カミサマ。

「ナニか用?」
「蓮いなかった?」
「さあ~?俺は見てないよ~?」
「……ウソが下手ね」

 動揺しすぎの俺。パートナー大失敗かも。

「言いなさい!あいつ、今日のテストの為に私のノート借りといて返さなかったのよ!しかもテストの時間出席しなかったし、最低よ!」

 今日のテストのことを怒っているようだ。小テストといえ、赤点取った人はもちろん補習がある期末テストさながらの、赤羽早苗―あかばねさなえ―の授業である。

「・・・・・・・・・テスト」
「そうよ!……あれ?そういえば麻生もいなかったわね。よかったの?サボり二人だけよ?」
「……えええええええええ!!!???」

 聞いてないよ!本編に全く出てきてないよ!
 そんな裏設定、つうかテストなんていらないよ!!



 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 准(蓮)が教室を覗いてみると、既に教室に残っている生徒は一人しかいなかった。好都合、教室に唯一残った人物こそ飯塚久美子だった。
 肩まで伸びた黒い髪。幼く見える小顔のわりに、制服のボタンからはみ出しそうになっている大きな胸元。ワイシャツもパンパンになっており、スカート越しにもお尻のライン含めて滑らかな曲線を描いているのが見て分かる。
 顔と身体のアンバランスさが妙に惹きつけられる、それが久美子の魅力でもあった。
 一度顔を引っ込めてシシシと笑みを浮かべた。彼女は決まって体育の時間の際に移動するのが最後であることを准(蓮)は事前に知っていたのである。

「ようし、准になりきって久美子と話しかけるぞ。ん~んん~~!」

 一回咳をついて喉を鳴らす様に発声練習をすると、准が出すいつもの音声を出せるようになった。その声を維持して准(蓮)が教室に顔を出した。

「久美子!」
「あっ!」

 准の顔を見て久美子が顔をあげた。

「誰もいなくなった?」

 久美子が准(蓮)にかけよってくる。しかし、彼女のいう言葉の意味がわからず、いきなり素の表情をみせてしまっていた。

「ナニ?」
「だから・・・、更衣室。・・・・誰もいなくなった?」

 更衣室で誰もいなくなることが、いったい久美子にとってなんの利点があるのだろう。すると、早速制服越しに久美子の巨乳が揺れていた。

「わたし、自分の身体を誰かに見せるのが恥ずかしくて……いつも着替えるところ誰にも見せないでしょう?こんなこと頼めるの、准しかいないから……ごめんねって思ってるんだけど、自信もてなくて……」

 久美子は自分の身体にコンプレックスを持っていたのだ。人よりも早い成長や発育は時に人を疎外させるのか、久美子は自分がまわりからどのような目線で見られているのか知っているようだ。

「そんなことないよ。男性なんてみんな久美子に熱い視線飛ばしているじゃん!もっと自分に自信もとうよ」
「んーー。そんなの、無理かな」

      425ff813.jpg

 苦笑する久美子。モテる身体を持っていながらそれを使いこなさないなんてもったいない極みである。

「そんなのよくない!私が更生してあげる」
「えっ?・・・えっ?」

 ぐいぐいと引っ張り久美子を窓際へと追いやる。体育へ行った生徒たちは今や校庭に集まりだしているのが窓越しに見ることが出来た。誰も戻ってくる様子はない。久美子を教室内で着替えるように強要したのだ。

「私だけなら問題ないでしょう?親友の准―わたし―なら」
「でも――」
「ほらっ、早く着替えないと授業に遅刻しちゃうよ?」
「……うん」

 久美子は渋々ながら着替え始めた。戸惑いながらもボタンを外しブレザーを脱いでいく。白いワイシャツから既に豊満な胸を隠すブラが透けて見えていた。

(うわぁ、すげえボリューム)
「ほらっ、脱いで脱いで」
「そんな急かさないでよ~」

 久美子は准に言われるように恥ずかしがる間もないくらい早く着替えていく。スカートも脱いでプリッとしたふくよかなお尻も隠さず見せた。

「あっ、ちょっと待って」

 准(蓮)が声をかけて久美子を制止させる。声を掛けられた久美子は思わず手を止めて振り向いてしまった瞬間をめがけて携帯のカメラでその写真を収めていた。

「えっ?え~!?」
「なに恥ずかしがってるのよ、これぐらいで」
「だって、ぅぅ……恥ずかしいよ」
「ハイ、笑って!チーズ」

 久美子の下着姿を次々と携帯で収めていく。当然、この写真は蓮のPCフォルダへと送信された。それだけじゃなく、久美子のポーズにさらに要求をつきつける。

「もっと胸寄せて。自分で持ち上げて強調させるように」
「なんだか、イヤらしいよ」
「これぐらいしてみなさいよ」
「こ、こう?」

 久美子も乗ってきたのか、言われたとおりに軽く胸を持ち上げた後に両腕で挟んでポーズを取っていた。言われてもいないのにわざと前屈みになって谷間を強調させて見せた。

「うん、いいよ~久美子ちゃん。すごくイイ」

 カシャッ――

「そ、そうかな……?うふふ」

 褒められると満更でもないという表情をしている久美子。

「じゃあ、ブラジャーを捲って乳首をペロっと出してみようか?」
「それは……」
「ちょっとでいいのよ。チラッと、ね?」
「ふぇ……んっ」

 目を逸らしてブラを捲って見せる。プックリと膨らんだ乳首が顔を出す。乳房と同じように乳首も大きく、丸々と肥えたピンク色した乳首はなんとも可愛らしかった。

「はぁ……はぁ……」

 准(蓮)がすぐ近くで鼻息を荒くしている、息が捲られた乳首を軽く撫でるので久美子はプルプルと震えていた。
我慢できなくなった久美子が先に乳首をブラの中に隠してしまった。

「もうお終い!」
「え~!?」

 准(蓮)が名残惜しそうな声を出す。

「それはそうよ。ブラを捲る必要なんて本当はないんだもの」

 本当の目的は運動服を着ることだ。それがいつの間にか准にうまく乗せられて脱がされていたのだ。おかしいと思っても乗ってしまった久美子も声を大きくして諭すことが出来ない。白い運動服と紺色のブルマを素早く着こんでしまったのだ。

「はぁ。准のおかげで人の目が気にならなくなりそうだわ。ありがとね、准」

 今回の件で逆に恥ずかしさを克服することになるのだろうか、准(蓮)は久美子の優しさを感じた。

「久美子~!」

 感情が高ぶった准(蓮)が久美子に飛びかかった。久美子は突然のことで准の飛び付きになにもできずに床に倒れこんでしまった。

「なにするの?……えっ?准?」

      85eeb996.jpg

 上に乗った准は既に久美子の胸を運動着越しに触っていた。柔らかさを堪能するように自分の掌に包みこんで久美子の乳房を弾ませていた。

「……やっぱり、我慢できないよ。久美子とエッチしたい」

 准(蓮)が暴露する。久美子が驚いていた。

「え、エッチって!?わたしたち、女の子――」
「関係ないよ。触って感じれば男子も女子も同じでしょ?」
「そんな……こと、あふっ!」

 先程見せた乳首を触りたい准(蓮)はどさくさまぎれに久美子の運動着の中に手を差し込んで胸を直接揉みほぐしていた。汗をかいている熱い久美子の体温。ブラジャーの中にまで手を差し込んで出っ張った突起物を自らの指の感覚でつまみあげる。コリっとした感覚があり、と同時に久美子が初めて聞く喘ぎ声を洩らした。

「いいでしょ、久美子?」
「こ、こんなことしながら言うなんて、ヒドイよ」

 今にも泣きそうな声で久美子は准(蓮)を否定しようと身を固くする。そんな久美子に対して准(蓮)は自分の本音を告げた。

「私、前から久美子のこと好きだったんだ」

 その言葉に流石に久美子を目を見開いた。

「う、ウソ……?」
「本当だよ。久美子のこと考えたら、こんなになっちゃった」

 久美子への弄りを一時的にやめた准(蓮)は自ら穿いていたブルマを脱いでみせた。するとそこには――

 ――じわりと愛液で滲んだ准の性器が口を開いていた。