「ひどい・・・」

      bcf5299d.jpg

 夕夏はそうつぶやいた。
 夕夏の目の前に立つおじさんの邪推な笑み。ファンとして訪れていたとおじさんの真意を知った夕夏は、会場内で唯一悲しい表情を浮かべていた。

「そう邪見にするなよ。きみたちだって大好きなキャラを無粋な目で見てるんだろ?自分の好きなキャラになりたいと、憧れを抱きながらもコスプレしている自分をカメラに収められるのが好きで好きでたまらない。それを無粋と言わないでなんという?君たちこそがキャラを汚している最たる人間だよ」
「そんなことありません!私はキャラを尊重しているから手を抜きません。自分の好きなキャラだから汚すようなことを決してしません!だから、最もキャラを汚しているのは――キャラを尊敬している夕菜を汚した、あなたの方じゃないですか!!」

 ニィィっと、口元を釣り上げるオジサン。夕菜がオジサンからもらった首飾りには、人の精神を無意識に支配する『宝石』が使われている。夕夏はその事実を聞かされ、血相を青くしていた。

「今頃、お嬢ちゃんもオナニーを終わる頃だろう。そうしたらその格好のままこの場に来るよう命令してある。『宝石』の不思議な魔力はきっとお嬢ちゃんをそうさせる」
「なんで、そんなことが出来るの・・・?」
「道具を買ったからだよ。――この会場には本当に不思議な魔力を持つ魔道具を売る店もあったってことだよ。ここは表には出回らない掘り出し物、名具も飛び出す即売会だ。ここに来ない理由はない。俺はやっと見つけたんだよ。探し求めていた、魔道具を」

 おじさんが手に入れた魔道具は二つ。『宝石』と『人形』。『宝石』は夕菜に。そして、『人形』は夕夏に、それぞれ起動する手筈は踏ませている。夕夏に触らさせた『人形』は、夕夏そっくりの人形の姿になっていた。自分と同じ格好をした『人形』を見るだけでも夕夏は顔を青ざめる。その不気味な『人形』をおじさんが持っているだけでも、気味が悪いのである。

「そ、その『人形』をどうするつもりですか?」
「きみはもう俺のモノだよ。きみたち姉妹にはこれからもう一つショーをやってもらうよ」
「ショー・・・?なんであなたの言いなりにならないといけないんですか?」
「フフフ・・・」

 疑問を抱く夕夏に侮蔑な笑みを浮かべる。そして、おじさんはゆっくりとその『人形』を弄り始めた。


 
 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

「お姉ちゃん、どこ?」

 裸で登場した夕菜に会場がざわつく。そして、もう一方の場所でも同じざわつきが起こる。

「夕菜。こっちよ」
「お姉ちゃん!」

 会場内でざわつきを起こした場所が一つに交わるかのように、渦中の人物が一つに集まる。
 夕夏と夕菜。二人は衣装を脱ぎ、裸の姿で再会した。カメラを持った男性たちが二人のまわりを取り囲み、中の様子を見せない空間ができあがっていた。

「私、急にお姉ちゃんに会いたくなったの。それで・・・あれ?きゃあ!?なんで服を着てないの!?」

 先に自我を取り戻した夕菜が裸のまま会場に来てしまっていることを認識して身を丸くする。まるで今までのことを覚えていなかったことのように、会場に来て大勢の男性に囲まれていることに気付き、カメラのフラッシュを浴びると同時に涙目を見せていた。

「いやぁ!と、撮らないで!恥ずかしいからぁ!やめてえ!」

 男性たちに注意しても、男性たちの手は止まらない。そういうフレーズなのだと誤認しているせいもあり、男性たちは面白可笑しく夕菜をフィルムに収めていった。

「きゃあああ!もう外を歩けないよ!お姉ちゃん!」
「大丈夫よ、夕菜」
「お姉ちゃん・・・」

 夕菜の心に優しく染み渡る夕夏の声。同じ裸であっても落ち着いた動作で夕菜に近づく。涙をぬぐい、夕菜を抱きしめた夕夏はそのまま夕菜を押したおして会場の床に転がった。

      eb9c8940.jpg

「お、お姉ちゃん!?」
「さあ、みなさん。これから私たちのレズ行為を写真にいっぱい収めてくださいね」
「ヒ――ッ!?」

 うおおおおおおおおおおおおおっと、男性たちが歓声を荒げ、フラッシュが一斉に切られていく。
 有名姉妹コスプレイヤーのレズ行為を収めようと、一挙手一投足をカメラに収めていく。

「なに言ってるの、お姉ちゃん!?は、放れて!」
「安心して、夕菜。お姉ちゃんが気持ちよくしてあげるから」
「そ、そうじゃなくて!・・・ううぅ!?」

 夕夏から唇を奪われた夕菜。姉として優しく、かつ大胆にコスプレのイベントに参加する夕夏が舌を差し入れて夕菜の舌を絡めようとしていた。夕菜はびっくりしながら抵抗するように口を閉ざすも、夕夏の舌は歯並びを舐めて隙間を見つけて差し入れようと奮闘しているのを感じていた。

「ン・・ンンゥ・・ぁっ・・・んぅぅぅ・・・」
「ふっ・・んくぅ・・・ん、んんんぅ!」

 やめて、お姉ちゃんと抵抗する夕菜に、夕夏は身体を動かし始める。夕夏の盛り上がった乳房が夕菜の胸の上で円を描く。二人の乳首同士が優しく擦り合うたびに、夕菜の悶々とした感情が再び込みあがってくる。 

「(お姉ちゃんの胸、柔らかくて気持ちいいよ)」
「ン・・ン・・はぁ・・ゆうなぁ・・・」
「(でも、どうして・・・こんなことするお姉ちゃんじゃなかったのに・・・)」

 夕菜の太腿に夕夏の秘部を擦りつけられる度に、夕夏の温かい愛液が付着してくる。夕夏もまた男性に行為を見られて興奮しているのだと、夕菜は信じられない想いに駆られていた。

「ごめんね・・・」
「(お姉ちゃん・・・?)」

 小さく囁く夕夏の謝罪に驚いた夕菜が姉をまっすぐに見る。夕夏の表情は笑っているのではなく、泣いていた。 先程の夕菜と同じように自分の身体を止められず、妹の夕菜を犯す姉の姿を見せてごめんねという表情を見せたのだった。
 でも、それは一瞬のことで、奇跡の一枚を収めた者は誰もいなかった。

「ちゅぅっ・・ちゅぱっ・・ちゅぶ・・・つぺっ・・れろ・・れる」

 ついに舌を絡み取られた夕菜に夕夏が口内を犯し始める。唾液を舌へと流しこみ、夕菜の口内に夕夏の唾液を渡し込むと、暖かく満たされた口の中が熱く蕩けだしたのだ。夕菜も同じように唾液を分泌しだすと、夕夏はそれを飲み始める。二人の口から卑猥な音が響きだす。

「ジュル・・ぢゅるるる!ちゅるん!ごきゅ・・・ん・・んふぅ・・あふぅっ・・・ん」
「ガッ・・あはっ!んっ、ン゛ン゛ぅ゛ぅ゛・・!んっくぅ!」

 夕夏の激しいキスと合わさる様に身体の動きも激しくなる。夕夏の乳房が夕菜の胸の上で上下に揺れ、お互いの乳首が硬くなっていく。二人が唇を放し、糸を引いた唾液。夕夏が口内に溜まった唾液を夕菜の胸に落とすと、自らの胸ですり合わせてローションのように滑りを良くした。

 ねちゃねちゃくちゃと、胸が擦り合うたびに醸し出される淫靡な曲想が二人の肌をさらに赤く火照らしていった。

「(お願い・・・もう、これ以上はやめて・・・)」

 微かに残る意識で視線だけを男性陣の中に潜むおじさんへと向ける夕夏。おじさんの手で動かされる夕夏の『人形』。その人形と同じ動作をされる夕夏は自分がおじさんに操られているのだということを知っていた。しかし、自らの口も『人形』が喋る言葉を話し、夕菜に喋る言葉も出てこない。すぐ近くにいるのに助けることも出来ず、むしろ逆に自らの手で妹を犯しているのである。そんな羞恥に耐えられず、夕菜以上に抵抗する力を既に失っていた。

「(夕菜。こんなことに巻き込んでしまって、ごめんね・・・)」 
「はぁ・・・ん・・・ン・・・ン・・・」

 上半身を起こした夕夏が夕菜の上で腰を振り、騎乗位の体勢をとって跳ね始める。パンパンっと、お尻が腰を打ちつける姿は女性同士でも刺激的であり、シャッターチャンスとばかりにカメラを撮っていった。

「(ああ・・お姉ちゃんの胸、すごい揺れてる・・・そんな姿を見せられたら、私も、おかしくなっちゃうよ・・・)」

 とろりと滴る愛液が夕菜の秘部から再び零れだす。熱く疼く子宮を夕夏が押しだすたびに、快感が押し寄せて蕩けるほどに気持ちよくなってくる。淫艶な表情を向ける夕菜に愛らしさがなく、大人の表情を浮かべて快感を欲していた。
 それに気付いた夕菜が再び上半身を倒し、勃起した乳首を夕菜の顔にもっていく。夕菜は乳首を咥えて舐めはじめる。そして、チューチューと音を立てて吸い始めた。

「んあ・・ん・・ちゅぶ・・れろ、れろ・・・ン・・・んふぅ・・」
「んはぁ・・気持ちいい・・夕菜。こっちも・・・ン・・・そう・・い、イイ・・・」

 姉の胸を揉みほぐしながら、舌で掬い舐める夕菜。そして、妹の痴態を褒めて感じる夕夏。お互いから溢れる愛液が会場の床に零れだし、ラストスパートを畳みかける。

「み、みなさんも、私たちにいっぱいかけて・・・。溜まった精液、ぶっかけてほしいの!」
「お姉ちゃん!わ、わたしも・・・!」
「一緒に行こう、夕菜。はむ・・・ちゅるちゅる!ちゅばっ!ちゅるるる!」
「れろれる・・!ンンぅ!ン・・んああぁ!」

      b8fd4879.jpg

 姉妹で絶頂にいく様子を見ていた男性も、おもむろに自らの逸物を取り出し扱き始める。視覚でやられていた男性が取り出す逸物は既に爆発寸前まで勃起しており、二人に向けられた砲台からは、大量の精液をぶっかけられるのもすぐのことだった。

「んあああ!!い、いっくううぅぅ!!いっちゃうううぅぅぅぅ――――!!!」
「お姉ちゃん!おねえちゃん!んああああぁぁぁぁあああぁぁぁぁ―――!!!」
『うう、うおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉ―――!!!!』

 その場に居合わせた人たちが一斉に姉妹に向けて精液をぶっかける。そして、その熱と供に桃色に染まった二人ががくんと脱力をして絶頂に到達した。
 快感が押し寄せる二人が、小さくビクビクと痙攣する。大勢の男性が見ている中でイってしまった二人は、 そのまま意識を失ってしまった。
 次に夕夏が目を覚ましたのは病院の中だった。
 そして、これ以降、二人が会場を訪れることは二度となかったのだった。


 Fin